第一回リレー小説 p-man&紅玉 前半部分を務めるのはp-manでございます。 テーマは『正月』お楽しみ頂ければ幸いです。

お題『正月』p-man&紅玉

p-manパート

 浦島太郎が玉手箱なる奇怪極まり無い代物にその身体を蝕まれたとて、何ら変わりない日常を過ごす認知外の人間には、塵一つ関係の無い事柄である。  田中太郎である証明を、縁も所縁もない浦島太郎に出来ない事と同じであり、浦島太郎の数奇な人生を数奇たらしめるには、まず田中太郎を知らなければならないという話である。  師走も残すところ約一時間。  めくるめく流れるこの愉快そうな一時一時を、呆け茄子な田中太郎は社会の移りゆく様相にて察しているが、それが果たして本物であるかなど、知る由も無い。  大晦日から元旦にかけての異様な雰囲気。  慌ただしい面持ちの家族の忙しない姿に、流れる時間さえも押し流されているように思える。  社会から逸れ、竜宮城とも言える隔絶された世界から見る薄ら寒い光景に、田中太郎は辟易としていた。  階下から聞こえる足音の数々。  喧騒と言って差し支えない笑い声が耳に触り、太郎の眉間には一筋の憤りが刻まれ続けている。  普段ならば既に、就寝している筈の両親の声。  年に一、二度、蔑むような声音で偉そうに講釈を垂れてくる親戚の声。  血の繋がりが無ければ、何も言わずにその頬をビンタしたくなる程の、憎たらしい甲高い声の甥っ子。  薄暗い部屋の中、テレビの液晶から発せられる光を顔に浴び、放映中の番組の内容など全く頭に入ってこず、ただ惰性でその存在意義を全うしているに過ぎない代物に、自分の人生を投影しているかの如く、悶々とした心持ちの太郎は遣る瀬無い年の瀬を消化していた。  ひと夜過ぎれば新年。  そんな馬鹿馬鹿しい決まり事に、関心を寄せる凡愚とは違う。  まるで玉手箱を開けるように、重箱の蓋を開く阿呆ども。  ほんの数時間前、嫁姑の冷戦を繰り広げながら完成せしめた作品を、まるで家畜は豚の如く寄ってたかって突き合う。  そして何より、不味い。  縁起を重視した、まるで三島由紀夫の小説のような、万人受けしない品々。  特に黒豆。  よもや飯ではあるまい。  酢豚のパイナップルと同じく、個性の押し売りである。  大体、その存在する理由にも腹が立つ。  太郎は表情一つ変えず、そう一人で鬱々と日本古来の伝統に悪態ついていた。  そんな太郎にも、楽しみがないではない。  残すところあと一時間。  ボジョレーヌーヴォーを待つ似非文化人よろしく、太郎は今年の餅の出来を予想し待ち侘びる。  両親からしてみれば、産み落とした作品が画餅である事実に打ちひしがれて仕方のない有様だが、こと毎年大晦日につく餅だけは失敗がない。  太郎はふと、餅に与する存在について思う。  誰が醤油に砂糖を溶かすなどという画期的な妙案を思いついたのだろうか。  誰が餅に海苔を巻くなどというウィットに富んだ発想を実行したのだろうか。  餅本来の良さを引き出すのではなく、ただ単純に付与する。  素材の味など抜かす者は、犬にでも食われてしまえ。  未だ残るその風潮は、不可思議に絶えないまである。  突き詰めるならば、餅とは何ぞや。  よくもまあ、米をあの様相に変貌せしめたものである。  それをしかも重ねてみせ、おまけと言わんばかりにミカンを乗せる芸術的センス。  上段と下段の黄金比にも、感嘆の声が漏れる。  太郎がこの世に生を受け、僻み、妬み、怠惰に命を減らしてきた三十余年。  ここまで感服したのは、二次元と餅以外にはないといっても過言ではない。  しかし、いかんせん騒がしい。  階下に降りて、今まで見せた事のない感情の爆発を披露したい気分ではあるが、それが出来るならば引きこもりなどにはならない。  飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎ。  恐らく、竜宮城社会にも少数いただろう、浦島太郎と反りの合わなかったフグ達もこんな気持ちを味わった筈である。  混ざりたい?馬鹿を言うな。  餅好きなだけに、焼餅を妬いている?  戯言の中でも極北である。 「太郎!お前も早く降りてこい!」  早くも酒灼けしたようなダミ声が、ハデスの如く地獄の底から唸りを上げた。  とうとう来た、地獄への招集。  血の繋がりというだけで、やたら馴れ馴れしい凡愚達に、さも平然を装って愛想笑いを作らなければならない。  さもなくば、新年早々餅を食う前に胸焼けしてしまう。  太郎は眉間の憤りを一層深め、重い腰をなんとか上げる。  ここで反骨精神を顕現しても、得など一つもない。  踏み込んでくる警察同様、奴等にデリカシーなどカケラもないのだから。  流行りで例えるならば、まだ能天気そうなアナの方が思慮深く思えてくる。  ありのままの姿見せるのよ。  ありのままの自分になるの。  何も怖くない!などと宣うエルサは、本当に何年も引きこもっていたのかと疑うレベルだが、両親親族の喪失による、枷のない自由な環境がそうさせたというならば、想像に難くない。  否、太郎の場合は姉弟の存在がある限り、エルサの様な復活は果たせないだろう。  肩の荷が可視出来るような気怠げな姿で、太郎は悠久の時が流れる精神と時の部屋から外へと一歩踏み出した。

最後まで読んで頂きありがとうございました。 いかがだったでしょうか? 次回は後半部分を紅玉が担当いたします。 ではまた次のお話で。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ケモミミ要素多めです。もふもふ禁止!

    ♡58,200

    〇4,660

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話・22,559字 遊馬 テト

    2021年3月1日更新

    世界でプレイヤー人口圧倒的No.1を誇るゲーム『FBF』 偶然このゲームの世界に足を踏み入れた少女が伝説のFBチップを巡る事件に巻き込まれる。 彼女は空想生物「Fantasy Beast」を操り、無事事件を解決に導けるのか! そして彼女を巻き込む事件とは何なのか! 作者からのお礼 いつも『にゃんだふるっ!』を応援していただいてありがとうございます。 たくさんの応援にとてつもなく感謝しています。 皆様の応援のおかげで2月19日に日間ランキング第二位をいただきました。 これからも楽しいひと時をご提供できるように精進してまいります。 応援よろしくお願いします! 遊馬 テト 校正情報 2/20第一夢~第六夢まで完了

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡429,200

    〇5,437

    歴史/時代・連載中・118話・145,866字 八島唯

    2021年3月6日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸奈穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』『マグネット』『ノベリズム』『エブリスタ』様にも掲載しております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少年の感受性を追求した純文学

    ♡1,500

    〇0

    文芸/純文学・連載中・6話・6,105字 みらいつりびと

    2021年3月8日更新

    イギリスから新大陸アメリカへの旅立ちの物語。移住をめぐって家庭内が揺れ動きます。少年は未来に希望を見い出せるのか。令和3年3月3日から毎日連載します。全11回。

  • 現役介護士が、介護士の日常を描きます。

    ♡80,200

    〇610

    文芸/純文学・連載中・80話・137,074字 初雪奏葉

    2021年3月8日更新

    「新卒の子を一人前にすることができたら、辞めて良いわよ」 『給料が低い』『割に合わない』――。 そんな思いから辞職を申し出た浩司に、上司はそう言った。 春、介護に夢を抱く新卒社会人、駿介と、介護の厳しさを知る介護士、浩司が出会う。 二人の出会いが、お年寄りたちの運命を変えていく。 重度の認知症を患うお年寄りとのコミュニケーション……。 お年寄りの送り迎えを行う『送迎業務』の難しさ……。 お風呂嫌いなお年寄りとの闘い……。 人手不足と言われる介護職の日常を、現役介護士が描きます。 ※残酷な表現等はなるべく避けますが、『介護』が苦手な方はご遠慮ください。 2021年1月4日より、第二部開始です。 第二部、『結ーユウー、夏編』 お楽しみに!! (小説家になろうでも公開中です)