第二部、破隕パートです。 是非最後までよろしくお願いします。

破隕パート

「友達じゃなきゃ……ダメなの?」    上目遣いで言ってきた、可愛い。  長い髪の毛に大きな瞳。  初対面で親友申請してくるコミュ力。    私に無いものを全部持ってる。  そんな子が私を、私なんかを親友にしてくれようとしてる。   「親友でいこう! 仲良くしてね! 」 「――ッ!! 」    え?   私を置いて走り去る女の子。全然嬉しそうじゃなかった。  嫌われた、拒絶された。  泣きたい。嘘、嫌だ。  また失敗じゃん、やばいどうしよう。  親友になろって言ってくれたのに、頑張って話しかけたのに。  なんでみんなに嫌われるの?  やっぱり傷つくんじゃん。  きつい、しんどい。  やらかした、ほんとにどうしよ。    ――放課後。    今日も足早に帰路につく。  今日は1人で反省会かな。  食欲湧かない、1人になりたい。  大好きな音楽聴いて、小説読んで寝る。    私は、もう。   「ただいま……」 「おかえり〜、転校生と仲良くなれた?」    ニヤニヤしながら聞いてくるお母さん。  私の気持ちも知らないで。  なにがあったかも知らないくせに。   「ごめん、今は気分じゃない。夕飯も今日は大丈夫だから」    階段を登って2階に上がる。  後ろからお母さんに声をかけられたけど知らない。  1人になりたいの。    いつも聴いてる大好きな歌を流す。  いつもよりも遥かに大きな音で、今日の事を忘れれるように。  何故か失恋ソングが心に刺さる。  今までこんなに胸が締め付けられることないのに。  忘れたいのに。  いつまで経っても可愛い咲ちゃんの声が、顔が、頭の中から離れない。  瞳の奥から、熱い花弁がこぼれ落ちた。    これは……この気持ちはなんなの。  私の中で芽生えた感情は、この想いは。    暗い部屋、私の枕は濡れていた。  私の心は乾いたままなのに。

破隕パートはいかがだったでしょうか? 次回は第三部を有原ハリアーが担当致します。 次の話で完結となりますので是非最後までお付き合いよろしくお願いします。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡575,200

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,665字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 逃げ出したっていいじゃない 人間だもの

    ♡723

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話・8,054字 ジョゼ

    2021年3月4日更新

    気が付けば夜の電車の中。 何故此処に居るのかという事は思い出せない。 そんな時に出会った『神』に自分は死んでいるのだとを教えられる『僕』 そして神に誘われたのは、自分の見知ったものとは何もかもが違う世界であった。 新しい家族に与えられる新しい名前。 鏡に映る新しい顔。 いつの間にか覚えてしまった新しい言葉。 気の許せる新しい友人。 そして少しずつ思い出す過去の自分。 記憶を失ったまま色々な物を手に入れていく僕が、『過ち』と『幸せ』を思い出す、剣と魔法と傷の物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • この世で唯一の女として生きることは……

    ♡45,150

    〇330

    文芸/純文学・連載中・331話・491,949字 竹比古

    2021年3月4日更新

    今から一六〇年前、有害宇宙線により発生した新種の癌が人々を襲い、性染色体〈XX〉から成る女は絶滅した。 男だけの世界となった地上で、唯一の女として自らの出生の謎を探る十六夜司――。 わずか十九歳で日本屈指の大財閥、十六夜グループの総帥となり、幼い頃から主治医として側にいるドクター.刄(レン)と共に、失踪した父、十六夜秀隆の行方を追う。 司は一体、何者なのか。 司の側にいる男、ドクター.刄とは何者なのか。 失踪した十六夜秀隆は何をしていたのか。 柊の口から零れた《イースター》とは何を意味する言葉なのか。 謎ばかりが増え続ける。 そして、全てが明らかになった時……。 ※2012年1月4日~別PN別タイトルで小説家になろうに掲載していたものです。 ※現在はエブリスタ、アルファポリス重複投稿。 ※一部性描写(必要描写です)があります。苦手な方はご注意ください。

  • 私は恋から足を洗えない。

    ♡53,100

    〇1,190

    文芸/純文学・連載中・8話・7,521字 歌うたい

    2021年3月4日更新

    ──私は恋から足を洗えない。 だから愛に出逢っても、核心に怯えてる。 雨街角の喫茶店。いつもの定位置で。 移り住む傘を待っている── 作詞家である綾川 茜(アヤカワ アカネ)は、運命の再会を果たした。 少し年下の青年、指原 晴人(サシハラ ハルト)。 薬指に銀を留めた彼との出逢いから、約一年。 今日も彼女は行きつけの喫茶店にて、仕事終わりの彼を待つ。 結ぶ運命の糸は赤と言うけれど。 不実な恋を結ぶのは、何色なのだろう。 愛に逢う傘の内側で、彼女は今日も怯えている。