今回でお題『正月』のリレー小説がラストになります。 後半部分を担当しますのは稲キツネ。 チームオプス&稲キツネ完結になりますので最後までよろしくお願いします。

稲キツネパート

そんなあたしを見てショウは、頬を赤く染めながらそっぽを向き、とても小さな声で呟いた。 「……綺麗だ」  その声は聞き取れない程の小ささであったが、それでもあたしの耳にはしっかりと、強く、響き渡った。 「あ、ありがとう…………」  言いたいことはたくさんあるのに、その言葉を貰うためにお母さんの手を借りたのに……。いざ面と向かってそう言われると、恥ずかしくって何も言えないよ。  長いようで短い沈黙の後、ショウがはっと我に返ったように歩き出した。 「……ほら、早く行くぞ。ここで立ち止まってても寒みーしな」 「あっ待ってよぉ!」  さっきはショウからだった……だから、今度はあたしがやるんだ。  あたしは無防備に垂れ下がったショウの左手を両手で掴んだ。 「なっおい、どうした?」 「寒いの苦手でしょ? だからあたしが暖めてあげるっ」 「ん……なら」  ショウは厚めの左手袋を外し、ズボンのポケットへと雑に突っ込んだ。 「…………暖めてくれるんだろ?」 「――――――!」  ぶっきらぼうに差し出された左手は、寒風に触れてぶるっと震えた。  もしかすると、ショウもあたしの事を好きなのかも知れない。  だって、あたしの晴れ姿に対してお褒めの言葉を貰ったし、現に裸な手を向けられてもいる。  この期を絶対に逃したくない。  あたしは手袋を外し、生身となった両手でショウの左手を包み込んだ 「暖かい……でしょ?」 「ああ……でもそれじゃユミが寒いだろ」 「そ、そんなことないよ」 「ほら、震えてるじゃねーか」  そう言うと、ショウは自らのポケットから手袋を取り出し、あたしの左手に着けた。  言葉ではそう言ってるけど、本当は手を繋ぎたくないんじゃ……。  そんなあたしの不安を振り払うように、無防備な右手にショウの左手が絡んだ。 「え、ええ!?」 「なんだよ大きな声だして。イヤなのか?」  昨日と同様、ぶすぅっとした顔でショウが問いかけてくる。だがその頬はほんのりと赤らんでおり、まるで本当の子供のように見えた。  でも、それが私の心をもっと熱くさせた。 「い、嫌じゃないよ全然! この方がお互い暖かいしね!」 「ならいいけど」  さっきから心臓の鼓動が早い。ショウに聞こえてしまいそうな程に大きく、小刻みに波打っているのが鮮明にわかる。  冬なのにとても暖かい。  この時間が永遠に続いてくれればいいのに………… 「なあユミ」  初めて行く、二人っきりでの初詣。  そして、手から伝わるショウの温もり。  内に秘めたこの思い、今日言わずしていつ言うというのか。 「ユミってば」  そうだ、神様へのお願いは告白の成就にしよう。  そして、その後告白しよう。今の距離感を壊すことは何よりも怖いし、絶対に嫌だ。でも伝えずしてこのままチャンスを迎えられないのはもっと嫌だ!  大丈夫、あたしなら出来る、出来るはず―――――― 「ユミ!!」 「ふぇっ!? な、なに!?」 「また妄想ばっかりして……」 「ご、ごめん! それで、なんだったかな……?」 「いや……やっぱりなんでもねーよ。もう列が長くなってきてる、急ぐぞ」 「う、うん…………ごめんね」  ショウはあたしの手を引き、早足で歩き始めた。  着慣れない振り袖に上手く歩くことができず、なんども躓きかけ、その度にショウが歩くペースを落としてくれた。  あたし、今迷惑ばかりかけちゃってる。  さっきまで強気になって、妄想ばかりしていた自分を殴ってやりたい。これじゃショウは振り向いてくれないよ………… 「お、おいどうしたんだよ?」 「え…………」  気づけば、あたしの目から涙が零れていた。 「あ、あれ、なんでだろ。涙が、溢れて、止まらないや……………」 「…………もしかして自分を責めてるのか?」 「あ、え、なんでわかるの…………?」 「そりゃ、今日だって少し遅刻して、俺が何度も呼び掛けてるのに気づかなくて。しまいにゃ早く歩くことも出来なくて」  ショウの一言一言が心に氷となって突き刺さる。  そんなことは自分でも痛いほどわかってる。わかってるけど………… 「ごめん……ごめんね…………!」  まるで決壊したダムのように涙が止めどなく流れ落ちる。  先行く人々の視線を受け、あたしは恥ずかしさも忘れてその場に泣き崩れた。 「でもな」  これじゃ、またショウに迷惑がかかって―――― 「俺はそんなお前が好きだ」 「え…………?」 「……二度は言わないから」  聞き間違いだろうか。  もし今のが嘘だとしても、あたしの妄想だったとしても、流れ落ちる涙を止めるには十分すぎる言葉だった。 「ほ、ほんとに?」 「二度は言わねえっつったろ。ほら、涙拭けよ」 「あ、ありがとっ……」  ショウから受け取ったハンカチで涙を拭う。  きっと、軽いメイクは落ちてしまっただろう。 「ねえ、今のあたし、どうかな…………」 「どうって…………さっきと同じだよ」 「ふふっ。そうなんだ。じゃああたしからも」  あたしはショウに近づき、そっと頬に口づけをした。

稲キツネパートはいかがだったでしょうか? 最後までお付き合い頂き誠にありがとうございます。 これにてお題『正月』のリレー小説は終了となります。 また不定期ですがリレー小説を行いますので遊びに来て下さい。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ファンタジーのガワをかぶったSFです

    ♡1,407,050

    〇7,180

    SF・連載中・387話・1,453,035字 けっき

    2021年2月28日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中! ■28000PV感謝です! ■日間総合1位、年間SFジャンル5位、年間総合49位など達成!(2021/02/18時点) ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

  • これは作られた英雄譚

    ♡94,900

    〇600

    異世界ファンタジー・連載中・32話・120,871字 人形使い

    2021年2月27日更新

    峻険な山々と荒海に囲まれた永世中立国モノリス。 それは五世紀も昔のことだ。 とある著名な魔術師が突如として訪れ、数々の奇跡とともに一つの予言を残し去っていった。 ~この国は、五百年後に滅ぶ~ 偉大な魔術師の残した予言に人々は畏怖した。だが長い歳月によって予言は風化し、いつの間にか忘れ去られていく。 その日が迫るにつれ大陸全土を巻き込む不穏な事態が相次ぎ、人々はかの予言を思い出した。そして気づいたのだ。その日がすぐそこまで迫っていることに。 亡国の予言、呪いと言い換えてもよいそれに対抗するため、国王直属部隊として魔術特務師団が急遽編成された。 とある事変を解決した功績が考慮され、若き英雄ヴィンス・アスカムは特務准将という破格の階級とともに師団長に任ぜられたのだった。 深紅の装束は英雄の称号を叙せられた彼だけに着用が許されている。その勇猛さと華麗さから、時に畏敬を込めて、時に嫉妬を秘めて、人々からクリムゾンナイトと呼ばれていた。 さまざまな思惑が渦巻く中、クリムゾンナイトは今日も街を駆け巡る…… ※毎週土曜日13:30更新予定です。HJ 小説大賞応募作です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 生存を賭け、大鳥のAIは彩筆を執る

    ♡200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・1話・5,806字 ニワニワニトリ

    2021年2月13日更新

    世に作を問えば男が言祝ぎ、世をうち渡れば女が妬む! 早熟の天才広告デザイナー・相馬ひのとはショートスリープのさなか、自室の窓硝子の破砕音で目を覚ます。ナイトライトが照らすドレッサーを見遣れば、そこから侵入したと思しき見知らぬ白鋼の猛禽が、オブジェのごとく伏せていた。 自動執筆AI『コギト』を名乗り聳立した彼はひのとに、絵を教えてもらいたいと乞い願う。 「私は自身の好奇心というものを、絵に出力したいのです。比喩ではなく文字通りの意味で、生存を賭けて――」 コギトはなぜ、絵を描きたいと願うのか? なぜ窓硝子を破って侵入したのか? 謎が解き明かされるたび、ひのとを取り巻く世間は少しずつその見え方を変えていく。 ▼SFいうほどSFじゃないです、笑って許して▼『カクヨム』『エブリスタ』との重複投稿になります。▼文章は予告なく変更・削除等される可能性があります。ご了承ください。

  • 全オン祭応募作品です。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・2,402字 天ノノノノ

    2021年2月28日更新

    全オン祭応募作品です。