今回のお題は『夏』。 チームちわりい&p-manの前半部分になります。 前半はちわりいパートとなっております。 是非最後までよろしくお願いします。

お題『夏』ちわりい&p-man

ちわりいパート

リレー小説テーマ【夏】ちわりい&p-man組 ちわりいPart 夏が、私の玄関のチャイムを押した音で目が覚めた。私は汗をかいていて、一瞬頭が真っ白になってから、急いで起き上がり、服を着て、玄関に走った。ドアを開けると、やあ、と笑う夏が立っていた。実に一年ぶりだった。私は、寝癖がついたままであることを思い出して、いらっしゃい、と言いながら、手で頭をがしがしとやった。夏は、寝起き?と私に聞いた。うん、さっき起きた。まあ上がりなよ、と私は言った。お邪魔します、と夏は言った。ドアを閉じる夏の背後から、ゆっくりと蝉の声が小さくなっていくのを感じた。 久しぶりだね、と言った。どちらも同じように。夏は、小さいテーブルの前に、胡座をかいて座った。今年は来るのが遅かったね、と私は言った。そうかな、よく覚えてないや。昨日産まれたから。と夏は言った。そっか、と私は言った。ありがとうね、来てくれて。と私は言った。今日のために冷やしておいた麦茶を、四角い氷を入れた二つのコップに注いだ。君が好きだからね、僕は。と夏は言った。私もだよ。と私は言った。私はコップをテーブルに置いた。そっか、と夏は言った。夏は、確かめるようにゆっくり、一度だけ瞬きをした。もう一度、そっか、と夏は言った。 コップの麦茶が半分まで減った頃、そういえば、花火はまだ咲いてる?と、夏は言った。随分小さくなったけど、まだ咲いてるよ。覚えてる?と私は言った。少しだけ。去年の僕に聞いたから。と夏は言った。そっか、と私は言った。持ってくるよ、待ってて、と私は言った。うん、と夏は言った。私は立ち上がり、窓辺に置いていた花瓶を掴み、夏の前に置いた。花火は、去年は大きな一輪咲きだったが、今はもう小さな花がいくつもくっついて、ぱちぱちと分裂してしまっていた。なんだか紫陽花みたいだね、と夏は言った。たしかに、と私は言った。同じタイミングで笑った。どうする?枯れるまでまだ置いておく?と夏は言った。もう、いいや。私、大きい方が好きだから。また新しいのを頂戴。と私は言った。少し目を伏せて、分かった、と夏は言った。夏は、私に鋏を持ってきて欲しいと言い、花瓶から花火を取り出した。夏は、鋏で茎をほとんど切り取り、花だけを残して、掌にのせた。そうして、夏は、優しく花火を撫でて、ゆっくりと飲み込んだ。私は口のなかで、またね、と言った。夏は、暫く胸に手を置いて、丸く蹲っていた。私はそれを見ていた。背中を擦ってあげられない。麦茶の氷が、からんと泣いた。 氷が小さくなった頃、夏は大きく息を吸って、吐いた。握り締めていた手のひらを開くと、朝顔のような種が、一粒だけちょこんとあった。夏は、はい、とそれを私に手渡した。ありがとうね、と私は言って受け取った。暫くは透明なコップにそれを入れて、窓辺に置いておいてね。と夏は言った。水を毎日取り換えて、でしょ?と私は言った。うん。と夏は言った。夏は額に汗を浮かべて、麦茶を一気に飲んだ。結露が垂れて、テーブルに水の輪ができていた。 致死量の暑さを少しでも和らげるために、扇風機を付けた。夏はクーラーの風の冷たさが苦手らしく、一昨年付けてみたら、寒そうにしていた。人工的な風は嫌なんだ、と一昨年の夏は言っていた。きっとこの夏も同じだろうと思った。夏は、嬉しそうに扇風機の前を陣取って、声を震わせながら、宇宙人の真似をしていた。柔らかい前髪が、風で上に浮かんでいた。好きだな、と思った。人を殺してしまうくらいに、優しくて苦しい。 あれ、紫陽花みたいな味がしたよ。と夏は言った。紫陽花みたいな味?どんな味なの?と私は言った。毒があるなって。食べたらなんとなくわかるような感じ。と夏は言った。そっか、と私は言った。君は食べちゃ駄目だよ。毒だから。と夏は言った。食べてみようと思っていたのがばれていたのかもしれない。食べないよ、大丈夫。と私は言った。コップの水に沈んだ種を見つめながら、この花火はどんな味がするのかな。と私は言った。違う花の味がいいな。と夏は言った。例えば?と私は言った。朝顔とか、木槿とか、白粉花とか。と夏は言った。いいね、可愛いから好きだよ。と私は言った。夏は、私の顔を見ながら、紫陽花は?好き?と言った。私は、夏の顔を見ながら、好きだよ。と言った。大丈夫、ちゃんと好きだよ。 それから暫く私たちは、なにも喋らなかった。寝転がったり、本を読んだり、冷蔵庫のなかに入れてあったアイスを食べたりして過ごした。居心地がよかった。 突然、ねえ、散歩しに行こうよ。と夏が言った。今から?と私は言った。今から。と夏が言った。窓の外は、蝉のがしゃがしゃした声の下に、蜩の冷たい声が混じり始めていた。ラムネ、飲みたいんだ。いいでしょ?と夏は言った。私は少し考えて、わかった、いいよ。行こう。と言った。それから夏は、嬉しそうにしながら、読みかけの本にまた視線を落とした。私は出かける支度をして、行こう、と言った。うん、と夏は言った。 夏は、私の家までサンダルを履いてきていた。去年の夏とは違うものだった。私はそれに気づかない振りをすることにした。私は、去年の夏が褒めてくれた、可愛いワンピースに着替えた。夏は気づいていないような気がした。ドアを開けて、暑い空気を数秒間だけ部屋に入れて、すぐに閉めた。私より背の高い夏は、わたしを少し上から見下ろしていた。同じタイミングで歩き始めた。夏は、いつも私の歩幅に合わせてくれる。優しい、と思った。だから夏は、すぐに死んでしまうのかもしれない。優しいから。 アスファルトが焼けて、水溜まりのような苦い陽炎が、じりじりと揺れていた。信号機が、暑さで左に少し曲がっていた。道に咲いている花の名前を考えたり、元気に走る子供を眺めたりしながら、歩いていた。やっぱり、喉乾くね。と夏は言った。ラムネあるかな、と私は言った。あるよ。と夏は言った。そっか、と私は言った。どうしたって、夏なのだ。私の隣で歩いているのは。 ラムネの瓶でできた、透き通った店についた。店先の、冷たい水を張った桶に、いっぱいに浮かぶラムネ瓶を、二本選んで手にとって、買った。店の奥には鳥居があって、何かがいたのを感じた。私、ラムネ開けるの苦手なんだよね。と私は言った。溢れるもんね、開けたげようか。と夏は言った。ありがと、お願い。と私は言った。瓶の上に体重をかけて、エー玉をがこん、と落とした。じゅわじゅわと泡を吹いて、収まった。はい、と夏は私に手渡した。ありがとう、と私は言った。瓶は濡れていた。私と夏は、ベンチに座って、瓶に入った200mlの宇宙を飲み干した。あっけなかった。美味しいね、と夏は言った。少ないよね、ラムネって。と私は言った。夏は、瓶を振って、からからと鳴らした。私は汗をかいていた。

ちわりいパートはいかがだったでしょうか? 次回は完結部分をp-manが担当します。 次回も是非ご覧下さい。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 天才屍術師が望むのは完全な姉の蘇生だった

    ♡5,500

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・47話・129,769字 紙風船

    2021年2月27日更新

    不治の病で死んでしまった錬金術師の姉、オルハはアンデッドモンスター《リッチー》として蘇る。 不思議なアイテム《ウェポン》。その中でも死んだ人間を生き返らせることが出来る伝説の完全蘇生具《ニルヴァーナ》を見つけ出す為、屍術師である弟、リューシは迷宮街《ブラックバス》へとやってきた。 かつて空を泳いでいた伝説の巨大魚の骨の下に広がる町の、その地下に広がる幾つものダンジョン。 その何処かに隠された秘宝を見つけ出す為、二人はダンジョンへ潜る。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,073,800

    〇15,580

    異世界ファンタジー・連載中・188話・871,486字 普門院 ひかる

    2021年3月4日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る