今回のお題は『春』。 チームp-man&ちわりいの第一部をp-manが担当します。 是非最後までご覧下さい。

お題『春』チームp-man&ちわりい

p-manパート

 桜色舞うころ、何故だか僕は死んでいた。  生命の芽吹く季節であり、越冬した安堵に喜びを分かち合う安寧の時。  神様の嫌がらせは、得てしてそういう時に訪れるのだと、死して思い至った。  奇しくも、面白おかしい事に、僕の命日となったのはエイプリルフール。  こうして浮遊しつつ見る、知人友人親類の顔を眺めていると、誰しもが「何の冗談だ?」という表情をしているのがクスリとくる。  やるは悲劇、見るは喜劇。まさに言い得て妙。  死んだ僕からしてみれば「冗談な訳ないだろう」と、怒りさえ覚えるその一言。  だが、こうして幽体離脱して見る棺の中の自分を見れば、どこか他人事のようで口端が緩んだ。  「まだ30だぞ?」  「若過ぎるよな」  「クモ膜下出血とか言ってたな」  「親不孝者が」  口々に聞こえる見知った顔の会話。  皆が皆、僕の死がエイプリルフールの嘘ではないと認識していき、悲痛な面持ちになっていく。  そんな中、一人の少年だけが何の感情も無い顔で僕のご遺体を眺めていた。  「おじさん」  そう聞こえた僕は、その子の方へと浮遊する体を近づけた。  「おじさん何処にいるの?」  少年の背後で守護霊の如く接近した僕に、またもや呟きが耳に入る。  「ここにいるよ」  どうせ聞こえまいと、無表情ながら僕を探している少年の困惑を察した僕は、胸が締め付けられる思いでその小さな背中を抱き締めた。  「うわっ!びっくりした!」  抱き締めようとした体に触れられはしなかったが、僕の手が少年の体をすり抜けた途端、猫がきゅうりを見たかのように過剰な動きをしてみせた。  「え?」  「いきなり何すんのさ。幽霊だっていう自覚が足りないんじゃない?」  言葉を返すようだが、先程から浮遊したり何なりしている僕は、多少なりとも幽霊だという自覚があるので、まさか少年が話し掛けているとは思えず、後ろを振り向き少年の話し相手を探してみる。  「いやいや、おじさんに言ってるんだけど」  「え?僕?」  「そんな典型的なボケ要らないから」  辛辣に悪辣な少年の言葉が、スケスケな体に突き刺さる。  「君、僕の事が見えるの?」  「見えるか見えないかで言ったら透けててはっきりとは見えてないかな」  一々、癪に障るガキである。  死して尚、憤りが感じられるというのもまた一興と、僕は気を取り直して現状を振り返る。  まず、何故この子が僕と会話しているにも関わらず周りの親達は知らん顔なのか。  どう考えても異様な光景である。  少年には僕が"あらかた"見えているにしても、周りの人間からは見えていない筈。  という事はこの子は今、虚空に向けて独り言を言っている変な子として奇っ怪な目に晒されなければならない。  しかし、行き交う大人たちにその様子は見られない。  考えられる事は二つ。  まず一つ目、この僕の甥っ子にあたる少年は、何らかの特殊能力によって霊体である僕と会話が出来、更に会話の最中には他者に悟られる事が無いようにも出来る能力がある。  そして二つ目、何らかの特殊能力によって霊体である僕と会話が出来、更にその特殊能力によって理解の追い付かない周りの人間達から既に"変な子"認定されている。  「ねえ君は変な子なの?」  「藪から棒にいたいけな少年のコンプレックスをつつかないでくれる?」  大方予想通り、僕の考えの後者が適切だったようだ。  そういえば、僕はこの子とあまり話した事が無い。  親戚一同が介する行事にも、毎度現れる訳でもなかったし、頭が良くて引っ込み思案。  そんな風にしか聞いたことがなかった。  10歳の甥っ子といえば、本来なら可愛くてしょうが無い筈なのに、僕は何故こんなにもこの子のことを知らずにいたのだろう。  「幽霊と話せるの?」  「うん。おじさんだけじゃなくて、他の幽霊とも話せるよ。でも……」  「でも?」  「それは天国に行くほんのちょっとの間だけ」  小生意気に笑っている表情が目に入り、僕はこの子の顔を初めてまじまじと見た。  目はクリクリとして、鼻は小さく、唇は薄情にも薄い。  よく姉は薄い唇を嫌っていた。  「薄情だって人は言うけれど、唇が薄いのは何事も耐え忍んでキツく結んでいるからよ」  その言葉を思い出し、ピンク色のまるで桜の花びらのような唇が悲しく思え、どうしようもなくこの甥っ子が愛らしく見えた。

p-manパートはいかがだったでしょうか? 次回は第二部をちわりいが担当致します。 次回も是非ご覧下さい。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡5,400

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・26話・364,652字 蒼真空澄

    2021年2月26日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

  • 魔法もスキルも無い世界の真面目っ子奮闘記

    ♡2,400

    〇120

    異世界ファンタジー・連載中・47話・177,067字 花時雨

    2021年2月27日更新

    むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、小さな山村で起きるありきたりかもしれない小さな事件。 だが当人たちにとっては生死にも関わる重大なその事件の前後で、王族の連枝の末の王子ユーキと村長の養子ケンが試練に立ち向かう物語。 他領からの養子である自分を優しく受け入れてくれた村を愛して止まないケン。 幼い日に出会った少女の思い出を胸に、国民の幸せを信条として励むユーキ。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 それぞれに困難に向き合う二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔物はほんの少し出て来ますが、人間がその領分を侵さない限りは手を出して来ません。 魔法っぽいものは魔物にしか使えませんので、人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 闘争や人が死ぬ描写がありますのでご注意ください。 恋愛部分は甘っチョロいです。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 「小説家になろう」に先行連載しているものに若干の加筆修正をしています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 生存を賭け、大鳥のAIは彩筆を執る

    ♡200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・1話・5,806字 ニワニワニトリ

    2021年2月13日更新

    世に作を問えば男が言祝ぎ、世をうち渡れば女が妬む! 早熟の天才広告デザイナー・相馬ひのとはショートスリープのさなか、自室の窓硝子の破砕音で目を覚ます。ナイトライトが照らすドレッサーを見遣れば、そこから侵入したと思しき見知らぬ白鋼の猛禽が、オブジェのごとく伏せていた。 自動執筆AI『コギト』を名乗り聳立した彼はひのとに、絵を教えてもらいたいと乞い願う。 「私は自身の好奇心というものを、絵に出力したいのです。比喩ではなく文字通りの意味で、生存を賭けて――」 コギトはなぜ、絵を描きたいと願うのか? なぜ窓硝子を破って侵入したのか? 謎が解き明かされるたび、ひのとを取り巻く世間は少しずつその見え方を変えていく。 ▼SFいうほどSFじゃないです、笑って許して▼『カクヨム』『エブリスタ』との重複投稿になります。▼文章は予告なく変更・削除等される可能性があります。ご了承ください。

  • 全オン祭応募作品です。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・2,402字 天ノノノノ

    2021年2月28日更新

    全オン祭応募作品です。