現代/その他ファンタジー 短編集 完結済

思いついちゃったから書かざるをえないSS集

作者からの一言コメント

発作的なネタを吐き出すショートストーリー

ふと頭をよぎっちゃった、あんまり使えないネタを、しょうがないので書くSS集です。 思いついたネタの倉庫、もしくは墓場です。 小さいものならお題リクエストも受け付けています。なんのリクエストだよ? 読んでいただければ、この浮かばれないネタたちも成仏できるでしょう。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 思いついちゃったから書かざるをえないSS集
作者名 zero
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ 現代日本 日常 掌編 ショートストーリー 恋愛 異能
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月3日 7時45分
最終投稿日 2020年6月10日 7時43分
文字数 5,116文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 8件
応援ポイント 5,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世紀末ダークファンタジー

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・6話・13,378字 カオス饅頭

    2020年10月22日更新

    第三次世界が終わってから何年が過ぎただろう。世界は一部の特区を除き、荒野をアウトローが支配した。 その為人々は安心を求めて寄り添い合うのは簡単な流れだったのだ。それが例え間違った形でも。 文明を発展させる事を諦めた有力者たちは不死者を作り出し、人々を導かせようと考えた。 しかし、それは不死者になる事で『アルカナ』という能力に目覚めた人類が戦う新たな争いの幕開けでもあったのである。

  • 絡み合う嘘と嘘。騙されているのは誰?

    ♡58,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・64話・171,056字 新名 新

    2020年10月22日更新

    ある年の冬、北海道沖に浮かぶ小さな離島が一晩で無人島と化した。 この出来事に関する情報は一切伏せられ、半年以上経っても何が起こったのか明かされていない――。 ごく普通の生活を送ってきた女性――小鳥遊蒼《たかなし あお》は、ある時この事件に興味を持つ。 事件を調べているうちに出会った庵朔《いおり さく》と名乗る島の生き残り。 この男、死にかけた蒼の傷をその場で治し、更には壁まで通り抜けてしまい全く得体が知れない。 それなのに命を助けてもらった見返りで、居候として蒼の家に住まわせることが決まってしまう。 蒼と朔、二人は協力して事件の真相を追い始める。 正気を失った男、赤い髪の美女、蒼に近寄る好青年――彼らの前に次々と現れるのは敵か味方か。 調査を進めるうちに二人の間には絆が芽生えるが、周りの嘘に翻弄された蒼は遂には朔にまで疑惑を抱き……。 誰が誰に嘘を吐いているのか――騙されているのが主人公だけとは限らない、ファンタジーサスペンス。 ※作中に登場する地名には架空のものも含まれています。 ※痛グロい表現もあるので、苦手な方はお気をつけください。 ※本作はカクヨムで掲載している完結済作品の改稿版です。 1話が2000〜3500字程度になるよう分割しているため話数が増えて各話タイトルも変わっていますが、ストーリーに変更はありません。 (同じものを分割せずになろうにも掲載しています)