思いついちゃったから書かざるをえないSS集

ボクは人知れずキミを救う者だ

001

 ボクは子供のころから誰にも秘密のチカラを持っている。  自分の命と引き換えに、奇跡を起こせるチカラだ。  ただし使うとボクの存在は消されてしまい、皆から忘れ去られる定めだ。  それが使えるのは一度だけ。まだ使ったことはない。  もし使ったことがあったら、ボクはもう消えてるはずだから、未経験なのは当たり前。  いつそのチカラを使うのかと、ドキドキしながら生きてきたけど、最近はもうあんまり思い出すこともない。  ボクは大人になり、もうあまり夢も見ない。  学校では普通。会社でも普通。それのちょっと下の方かもしれないけど、自分では満足してる。  満足はしてない。でももう、諦めてるというか。どうでもいい。考えるのに疲れた。  恋人いない歴=年齢。それももう別に、それでいいかな。面倒くさい。  そう思ってたけど、奇跡って起きるんだな。ボクには彼女ができた。  いやまだ、できそう、と言ったほうがいいかな。毎朝同じバス停から乗ってくる、職場の同僚の女の子と、すごく気が合う。  何がどうって言えないけど、話していると楽しいし、目があうと彼女は嬉しそうに微笑んでくれる。  こんなことってあるんだな。  まさかこれが、ボクの存在と引き換えに起こした奇跡じゃないといいんだけどなと、ここ数日ずっと思ってる。

全4ページ完結です。次話2/4

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第二回ノベルアップ+小説大賞、一次通過作

    ♡465,231

    〇19,053

    SF・連載中・153話 threetones

    2020年6月4日更新

    ☆第二回ノベルアップ+小説大賞、一次通過作品。それに伴い少し推敲中です。 ☆現在、後章を更新中です。 ☆下の方にある追憶の章は、完結済みです。 現代が舞台のSF×剣と魔法ファンタジー。 主人公のコウはシンガーソングライターとして成功を収めていた。ある日、不思議な夢を見たことをきっかけに運命に翻弄されていく……。 現代の地球と中世ヨーロッパをモデルにした架空ファンタジー世界の二つの世界が絡み合うストーリー。二つの星の関係が次第に明らかになっていく。そして、選ばれし賢者《ソフォス》や管理者《ディアス》は強大な敵に立ち向かう……。 剣と魔法の世界であるカルディア大陸には、人間だけではなく、エルフ、ビーストや魔物が共存しています。魔法も夢魔法や闇魔法などオリジナルの設定の魔法が多く出てきます。 こちらは、王道ファンタジーな話です。 次第に地球の方でも隠された秘密が明らかになるにつれて、色んな能力(魔法)が出てきます。 最初は音楽の話が続きますが、後半からはSFファンタジーになっていく予定です。 徐々に、地球とカルディア大陸の関係を明らかにしていくので、かなり長編になりそうです。 某大作映画のようにエピソードごとに分けていこうと思います。 当面は「地球編」と「カルディア大陸編」を平行して進めていく予定です。 ・前編 中編 後編に章を設定し直しました。 ・設定資料の章を追加しています。 ・追憶の章完結しました。

  • ESPエンジンで光速を超えろ

    ♡3,900

    〇0

    SF・連載中・27話 K1.M-Waki

    2020年6月4日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系外部へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る