異世界ファンタジー 長編 連載中

少女と少女は鏡面世界をさまよう

作者からの一言コメント

少女が記憶を取り戻した時が終わりの始まり

「この子は遠い未来、魔法を支配する魔王になる呪われた子供だ」  かけられた呪術で記憶を失った身寄りのない少女は、"リリィ"という偽の名前をぶら下げホームレス生活を送っていると"魔導機動隊"と名乗る軍に拾われる。 だが任務中、突如現れたリリィを″リコ姉″と呼ぶ謎の少女に魔法が存在しない"裏"の世界へ飛ばされるのだった。 異世界へ転移した衝撃で記憶喪失になった彼女は男(健二)と出会い、彼の家に身を寄せいろんな人々と出会い記憶の欠片を拾っていく中、 元の世界では消えたリリィを助けようとする者と、リリィの本当の正体を知る者が、 彼女を巡って争っていた。  魔法というものが存在する「表」の世界と、魔法の存在しない「裏」の世界。 この2つの鏡面世界で織り成される物語は、次第に絡み合い、リリィは失くした記憶を思い出していく。  これはかつて恐れられていた魔王の卵であるリリィの記憶を巡る物語!  この旅に決してハッピーエンドは存在しない……

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 少女と少女は鏡面世界をさまよう
作者名 キュア・ロリ・イタリアン
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ダークファンタジー 女主人公 魔王 アクション/バトル 転生/転移 ノベプラオンリー 最強主人公 ダーク HJ大賞2020後期 現代日本 西洋風 異能
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月20日 22時18分
最終投稿日 2021年1月16日 21時11分
完結日 -
文字数 149,556文字
ブックマーク登録 5件
コメント 1件
スタンプ 11件
ビビッと 1件
応援ポイント 14,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡124,800

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・60話・208,406字 ぷりん頭

    2021年1月16日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡298,900

    〇3,337

    歴史/時代・連載中・87話・108,608字 八島唯

    2021年1月17日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』『マグネット』『ノベリズム』様にも掲載しております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 伝説の勇者が正義ではなかったとしたら?

    ♡15,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・81話・200,003字 コーキ

    2021年1月19日更新

    この世界には人間族と魔族という種族が存在する。 人間族とは神と人の間に誕生した種族と言われ、自然の力を己の糧として行使する『魔法』という力を持っていた。 対して魔族とは人間族とは異なる姿をした種族。 翼や尾、角などの身体的特徴を持ち、その容姿を活かした様々な特殊能力を持っていた。 両者はシルヴェスタという地で顔を合わせることなく暮らしていたが、ふとしたきっかけで争いが起きる。 互いに相容れない両者の争いはシルヴェスタ全土へ一気に広がり、各々が王を立ててシルヴェスタを我が物にしようと戦争を始めたのだった。 魔法による遠距離攻撃によって争いは人間族が優勢を見せていたが、魔族は空からの攻撃や奇襲で人間族に対抗する。 お互いの消耗戦が続く戦争は100年に渡って繰り広げられ、両者の総数が3割にまで減少すると、拮抗状態のまま冷戦に突入する。 永久に続くかと思われたこの人間族と魔族の戦争は、人間族側に現れた一人の男によって終息を迎えることになる。 勇者エターニア 魔族に劣らない戦闘力を持ち、魔法をも使いこなすにエターニアは、魔族の軍勢を見事に掻い潜り直接魔族の王グリザイアを討ち倒したのだ。 王を失った魔族は浮足立ち、人間族に一気に押されてシルヴェスタ南西に位置するルーツ山脈へと追いつめられる。 全滅するかと思われた魔族だったが、人間族にはルーツ山脈へ逃げ込んだ魔族を掃討する力は残っていなかったのだった。 かくして 人間族はシルヴェスタ国のほぼ全土を、魔族は国の2割にも満たないルーツ山脈方面を生活圏とし、100年に渡って続いた人間族と魔族の戦争は、人間族側の勝利で幕を引いた。 これは、そのシルヴェスタという一つの国の500年後の物語である。 この物語はフィクションです。 実在する企業、団体、名称とは一切関係ありません。

  • 初心者なりにブチ飛ばす。チート無し

    ♡3,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・159話・491,034字 鍵宮ファング

    2021年1月19日更新

    佐方私立佐方東高校一年の少年、陽山 託舞(ひやま たくま)。 彼はある日の帰り道、不良に近道だった公園の階段から突き落とされて死んでしまった。 しかし、死んだタクマの行き着いた先は天国……ではなく、白い部屋。タクマが、そこにポツンと置かれていた椅子に座ると、死の定義についてぶつぶつさと話す、神と名乗る謎の少年と出会った。 そして、その少年から異世界「デルガンダル」へ転生するという事を伝えられた。 その際、彼には一つだけギフトを渡すとして、「特別な魔法」「一つのステータスをカンストさせる」「魔王になる」の三択から選ぶように言われた。 タクマは半信半疑で「敵の魔法をコピーする魔法」を授かる。しかし、それには対価「剣以外の武器を使うと、自分にもダメージが跳ね返ってくる」と言う縛りを設けられた。 かくしてタクマは、そのコピーの力と己の力を使い、唯一無二の素晴らしき物を手にするのであった。 同作品を「小説家になろう」「ノベルバ」「ノベルアップ+」「カクヨム」「エブリスタ」にて連載中!