SF 短編 完結済

マッシュルームゴースト

作者からの一言コメント

キノコに覆われる町で、彼女達が選んだ未来

マッシュルームゴーストの表紙

下校中に巨大な白いキノコを発見した女子高生2人は、突然噴出された胞子を吸ってしまう。 翌朝、そのうちの1人、ハルの手に1本のキノコが生えていた―― 1つの奇妙なキノコから、町がキノコに覆われていく。 その先で、彼女たちが選んだ未来とは。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 マッシュルームゴースト
作者名 レンga
ジャンル SF
タグ ダーク シリアス 女主人公 寄生 感染 パンデミック キノコ ミステリー サイコ 災害 モンスターパニック 植物パニック 女子高生 百合 ホラー
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年5月25日 18時17分
最終投稿日 2020年5月30日 7時00分
完結日 2020年5月30日 7時00分
文字数 11,665文字
ブックマーク登録 7件
コメント 0件
スタンプ 14件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,000pt
ノベラポイント 1pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    378,101

    7,851


    2021年1月20日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

  • さようなら、べーさん

    恋愛漫画原作コンにエントリーしてます。

    1,300

    0


    2021年3月29日更新

    両親や友だち未満の理子にヘルプされて、不治の病で完全に管理された環境で、どうにか生きさせてもらってきた沙夜ちゃんは肺疾患の死期の近いべーさんに出会います。これは美しい南国を走るオレンジのバスの話です。 子供を残す事が体力的に許されないべーさんと不治の病の遺伝子を後世に残して良いのだろうか?という倫理的に許されない沙代ちゃん。この「二人の結婚」を見まもるお堅い医療従事者と真面目な(笑)運転手という仲間達にもちろん照れまくる二人なのですがそこには「愛があるので」メンタル豆腐でも耐える二人のしっちゃかめっちゃかな、ラブストーリーです。特にべーさんが沙代ちゃんを口説くシーンに共感していただけたら書いた甲斐があったというモノです。おぼこい沙代ちゃんがどうやって、べーさんのモノになるか?楽しみに読んでください。 南国の目まぐるしくかわる美しい景色。たとえば、昼頃の飛び魚達がとびかう綺麗な碧色の海。夕暮れの茜いろの豪奢な調べ。満点の夜空に輝くサザンクロス座。とても素敵な環境です。 便利なセレブ用の移動バスなので、前方は救急車みたく、後方はラウンジやキャンピングカーの様にくつろいだり、自炊が出来ます。 さようならべーさんなので、沙代ちゃんはべーさんと引き裂かれる運命です。それでも、二人の体や心の中には蓄積された愛がみなぎるかの様に溢れています。さて、この二人本当にこのまま運命に引き裂かれて、良いのでしょうか?

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 自衛隊のロボット乗りは大変です。~頑張れ若年陸曹~

    日本の平和を守る少年のドタバタコメディ

    71,650

    350


    2021年4月12日更新

    日比野 比乃。最年少の人型機動兵器乗りにして、通称「狂ってる師団」の期待株である彼の気苦労は絶えない。 多発するテロ、過激な市民団体の暴動、更には正体不明の敵まで出現し、休む暇もない。 彼の周囲にいるのは、びっくり人間ばかりの愉快なチームメンバーと、行く先々で知り合う立場も個性も豊か過ぎる友人たち。 これらの対処に追われる毎日、日比野三曹は東西南北と日本中を駆け巡り奮闘する。 だが、戦うだけでは現代社会を生き残れない。学校生活やご近所付き合いに国際交流と、やらねばならぬことが目白押し。 日比野少年の明日は、ついでに世界の明日はどうなるのか。それは、この小さい自衛官の頑張り次第なのかもしれない。 ▼表紙:鳩羽紫苑 様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間17分

    この作品を読む

  • 人類は滅びますが、電子の世界で生きていきます

    全人類の電子データ化、実施中(滅びます)

    3,500

    0


    2021年4月12日更新

    魂を電子世界へ移行させる技術を生み出した人類。画期的な技術はあらゆる人々から貧困と病苦からの解放した。全ての苦しみを解決するか見えたこのテクノロジーはやがて産業構造の致命的な崩壊を引き起こし、人々は全人類の電子移行、すなわち滅びを選択した。 電子世界への移行を行うオペレータのコウは、早朝の出勤途中、偶然ユキナと出会ってしまう。 彼女が電子移行に反対する組織の人間とも知らずに。 家族を知らないコウ。家族を失ったユキナ。 お互いの心の隙間を補うように急速に惹かれ合い結ばれていく二人。 だが二人を引き裂くように、電子移行センターをテロリストが急襲する。 マイナビ出版様主催 第二回お仕事小説コン 楽ノベ文庫賞 受賞作品。 2017年6月~2020年6月まで楽ノベ文庫で出版していた作品となります(現在は販売されておりません)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間28分

    この作品を読む