ホラー 長編 連載中

僕が死んでから初めて好きになったのは、僕を殺した人でした。

作者からの一言コメント

愛は、生死を越える

僕は、実家を出る。 ここまで、育ててもらったのはありがたいけれど、これ以上父の望む生き方は続けられない。 例えどんなに周りからみて惨めな生き方に見えたとしても、人に謝り続ける人生だとしても、他者を踏みにじるような生き方は、したくないんだ。 大丈夫、僕には優しい恋人もいる。きっと、なんとかやっていける。 でも、僕は甘かった。 実家を捨てた僕を、彼女は捨てた。 僕の価値は実家にしかなかったらしい。 仕事にも生きることにも疲れてきたある日の仕事帰り、僕は争う一組のカップルに出会った。 単なる痴話喧嘩じゃない。それは見事な殺し合いだった。 僕は女が男を殺す、殺人の目撃者になった。 女は冷静に僕の命もたった。 ああ、やっと終われる。そう思って天に上りかけていた僕は強烈な力で引き止められた。 僕は見てしまったんだ。僕の血で濡れた美しい彼女の顔を。 僕は天に昇っている場合ではなくなった。 僕は僕を殺した彼女に恋をした。 2日に1度くらいで更新します。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 僕が死んでから初めて好きになったのは、僕を殺した人でした。
作者名 地辻夜行
ジャンル ホラー
タグ シリアス 現代日本 R15 背後霊 報われぬ恋 男主人公 殺し屋 片思い 一人称
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年3月29日 21時52分
最終投稿日 2020年9月30日 0時15分
文字数 52,991文字
ブックマーク登録 10件
コメント/スタンプ 41件
応援ポイント 15,400pt
ノベラポイント 75pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • あなたは、「技術」が好きですか?

    ♡95,200

    〇1,410

    現代/青春ドラマ・連載中・7話・26,538字 さらマウス

    2020年9月27日更新

    多大な労力に格安の報酬、法の穴を突いた詐欺紛いの行為に、退職者による時限爆弾、そして理解不能な変人たち。 フリーランスエンジニアの舞子は、伏魔殿のような世界——Web業界——に翻弄され、次第に磨耗していく。 遂には今後の身の去就を迷いはじめたその時、ある人物からの連絡があり—— ※週次更新中です ※表紙絵はもふに様(Twitter ID: @mmmofuni)に描いていただきました!

  • イチャイチャ6割、バトルはふんわり

    ♡51,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・39話・126,991字 伊賀海栗

    2020年9月12日更新

    侍女であるエヴァ=リタはある日、お嬢様から「わたくしは悪役令嬢で、前世の記憶がある」とカミングアウトされる。今のままならフィアンセからの婚約破棄は免れない。ただ、「推し」の目の前で断罪されることだけは避けたいお嬢様のために、お手伝いをすることに。 一方、お嬢様の「推し」である隣国の王子と護衛騎士は何か秘密を抱えているようで、なんとエヴァにスパイのお仕事を依頼して――! スパイのお仕事中にエヴァを守るのはイケメン騎士のアルベール。人を寄せ付けないオーラを放つアルベールに、人付き合いの苦手なエヴァは戸惑いながら惹かれていく。 ※「小説家になろう」にも掲載中です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る