恋愛/ラブコメ 長編 完結済

僕が死んでから初めて好きになったのは、僕を殺した人でした

作者からの一言コメント

死の向こうに、痺れるような恋がありました

読了目安時間:3時間23分

僕が死んでから初めて好きになったのは、僕を殺した人でしたの表紙

ホラー系ラブストーリー。 この小説はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。 2021/7/22 最終改稿 僕は、実家を出る。 ここまで、育ててもらったのはありがたいけれど、これ以上父の望む生き方は続けられない。 例えどんなに周りからみて惨めな生き方に見えたとしても、人に謝り続ける人生だとしても、他者を踏みにじるような生き方は、したくないんだ。 大丈夫、僕には優しい恋人もいる。きっと、なんとかやっていける。 でも、僕は甘かった。 実家を捨てた僕を、彼女は捨てた。 僕の価値は実家にしかなかったらしい。 仕事にも生きることにも疲れてきたある日の仕事帰り、僕は争う一組のカップルに出会った。 単なる痴話喧嘩じゃない。それは見事な殺し合いだった。 僕は女が男を殺す、殺人の目撃者になった。 女は冷静に僕の命もたった。 ああ、やっと終われる。そう思って天に上りかけていた僕は強烈な力で引き止められた。 僕は見てしまったんだ。僕の血で濡れた美しい彼女の顔を。 僕は天に昇っている場合ではなくなった。 僕は僕を殺した彼女に恋をした。 2021/6/9大改稿のため、初期投稿のモノより2ページほど短くなっております。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 僕が死んでから初めて好きになったのは、僕を殺した人でした
作者名 地辻夜行
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ シリアス 現代日本 R15 背後霊 報われぬ恋 男主人公 殺し屋 恋心 一人称 HJ大賞2020後期 恋愛 ホラー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年3月29日 21時52分
最終投稿日 2020年12月18日 1時43分
完結日 2020年12月18日 1時42分
文字数 101,594文字
読了目安時間 3時間23分
ブックマーク登録 29件
コメント 59件
スタンプ 167件
ビビッと 16件
応援ポイント 135,600pt
ノベラポイント 540pt
応援レビュー 2件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    51,200

    267


    2021年7月21日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • 虹魔の調停者

    彼らの魔法は、人々に————を与える。

    77,900

    115


    2021年7月23日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマが王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わり、任務や休日の時間を共にしながら互いのことを知っていくジオたち。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる————

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む