完結済 短編

雪のようなあなた

作者からの一言コメント

信じてたものがもし偽物だとしたら?

集英社オレンジ文庫2019年度ノベル大賞一次選考通過作です。 構成としては、一章から七章まであります。 あらすじ 「あなたって、雪みたいだね」   僕は見知らぬ女性に突然この言葉を言われて、彼女の虜になった。  それがなぜかはわからない。  すーっと心に響いたのだ。  でも、その女性はまた別の日に、あなたの信じてるものもすべて壊すと宣言する。  彼女の正体や目的はわからない。  でも、僕は信じてるものをそんなに簡単に壊れないと思う。  だから、彼女の指示に従うことにする。    彼女の正体は何者で、何が目的なのか?  信じるとはどういうことか考えるきっかけになれば嬉しいです

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 雪のようなあなた
作者名 桃口 優
ジャンル 文芸/純文学
タグ 男主人公 ファンタジー 現代 日常 信じる
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月18日 17時44分
最終投稿日 2020年8月8日 4時57分
文字数 30,618文字
ブックマーク登録 21件
コメント/スタンプ 187件
応援ポイント 62,000pt
ノベラポイント 160pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る