歴史/時代 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

ビスマルクの残光

作者からの一言コメント

ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する二人

読了目安時間:1時間11分

総エピソード数:27話

時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

総エピソード数:27話

作品情報

作品名 ビスマルクの残光
作者名 日和つかさ(旧八島唯)
ジャンル 歴史/時代
タグ シリアス 男主人公 西洋風 ミリタリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年4月11日 21時05分
最終投稿日 2022年5月20日 4時48分
完結日 -
文字数 35,645文字
読了目安時間 1時間11分
総エピソード数 27話
ブックマーク登録 24件
コメント 10件
スタンプ 179件
ビビッと 8件
応援ポイント 73,350pt
ノベラポイント 238pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 輝鑑

    斯くして、彼は聖なる理想郷へと突き進む!

    935,800

    9,944


    2022年5月20日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ! ※作者からのお知らせ※ ……大仰な前置きが面倒だったら「第壹(1)章:文明十六年、冬」から読んで前書きは飛ばしてもいいからね?特に支障は無いから。 HJ2021後期の〆も発表されたので、近いうちに伸ばし伸ばしになっていた完結捺印するかもね。あ、HAPPYUFOPARTY2021までは一応捺しませんけど。 続編はじめました→[story:888953852]

    読了目安時間:25時間17分

    この作品を読む

  • こがねの駒 ~ 江戸時代編 ~

    馬を育て、恋と愛を育む少女の物語

    6,200

    0


    2022年5月20日更新

    ときは、江戸時代に入ったばかりの頃。 下総国(現在の千葉県)に広大な馬の放牧場『四十里野』があった。 そこには『四十里野の野馬を 全部 野馬捕りする』と、夢を語る男がいた。 男は、夢を叶えることができるのか。 そして、その男の夢を支える少女がいた。 『四十里野』で馬を育てる少女が、恋と愛を育む物語。 ※ このお話は、歴史上の出来事を舞台背景として創作した、歴史フィクション小説です

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る