百合ハーレムが大好きです!

前へ

目次

次へ

誰か一人に決めなきゃダメ?

「――ねぇ、あなたは誰を選ぶ?」  そんなような声が聞こえた気がした。  ひどく甘ったるい声。  そして、どことなく自分を責めているようにも感じられる。 「私、私は――」  ……そこで、朱美(あけみ)は目が覚めた。  しばし暗闇を漂っていた目にはつらい光が目に入る。  もうすでに朝になっていて、鳥が小さな合唱を始めている。 「はー……可愛い女の子が朝起こしてくれればいいのに」 「可愛い女の子がなんだって?」 「うおあっ!?」  すぐ隣を見てみると、妹が仁王立ちして威圧感を出している。  ラスボス感がすごい。 「な、なにかな……美桜(みおう)」  美桜――白髪桜目の美少女。  肩まで伸びた白い髪と桜色に輝く瞳は、春を連想させる。  だが今は――ニコニコ微笑んではいるが――顔がすごく怖い。  底知れぬラスボスオーラを感じる。恐怖。 「『なにかな』じゃないよ! 朱美おねーちゃん、起こしても全然起きないんだもん!」  ふくれっ面になり、魔王オーラが消えた。  ずっと朱美を揺すっていたらしく、疲労感が現れている。  そんなところも可愛いと思いながら、朱美は美桜の頭を撫でる。 「ありがと〜。美桜がいてくれてよかった」 「……っ、朱美おねーちゃんのそういうとこ……ほんとずるい」  不機嫌そうに言いつつ、されるがままだ。  むしろ、頭を突き出して「もっと」とせがんでくる。  美少女に弱い朱美は、家族だろうがなんだろうが手を出したくなってしまう。 「んー……ねぇ、ちょっとだけ襲わせ――」 「変なこと言ったらコロス☆」 「スミマセン」  すごくいい笑顔で怒られた。  ちなみに、声にはものすごく殺気が込められていた。  あれ以上言っていたら本当に殺されていたかもしれない。  仕方なく、朱美は学校に行く準備をする。  顔を洗い、朝食を食べ、歯を磨いている間も、「可愛い女の子に囲まれたい」などと呟いていた。  ☆ ☆ ☆ 「あら、おはようございます。朱美さん」 「おはよー、蒼衣(あおい)。てか、幼なじみなんだからさん付けやめてよ」  丁寧な口調と態度で出迎えてくれたのは、隣に住んでいる幼なじみの蒼衣。  生まれた時から既に一緒にいるので、もうかれこれ14年の付き合いになる。 「同じ病院、同じ時間に生まれた運命ような仲なんだから〜」 「それもそうですわね。だけどもうそう呼ぶのが癖になってしまっていて」  蒼衣は、赤髪青目の美少女。  腰まで伸びた長く燃えるような赤髪がとても眩しい。  ついつい反射的に目を細めてしまう。 「じゃ、行こうか」 「待ってよ! 私はまだあおちゃんと一緒に登校するの認めてないんだからね!?」 「あら、威勢のいい子猫ちゃんだこと。だけど一度わたくしに負けた分際でよくもまあそんな口が利けるものですわね、みーちゃん?」 「ぐぬぬ……」  今、朱美は両手に花状態である。  鼻の下が伸び切り、すごくだらしない顔面になっていた。  朱美の左腕を美桜が、右腕を蒼衣が押さえている。  この時間が永遠に続けばいいと思いながら、朱美は歩を進める。 「はー……幸せ……」  周囲の人達にジロジロ見られながらも、朱美は幸福な時を過ごしていた。  両手の花は、まだバチバチと見えない争いを繰り広げているが。 「相変わらずなのね、あなた」  ソプラノ歌手のように高く響く声。  朱美も美桜も蒼衣も、この声には聞き覚えがあった。 「いい加減一人に決めたらどうなのかしら」 「紫音(しおん)先輩……」  細い目で、朱美を睨むように見ている。  背が高くてスラッとしたモデル体型が羨ましい。  この人が紫音――JKを満喫している、朱美と蒼衣の二個上の先輩で、銀髪紫目の美少女である。 「先輩……高校へ行かなくてよろしいんですの?」  紫音は高校生になったはずなのに、中学の校門前で朱美たちを待ち伏せていた。  蒼衣は遠回しに「卒業したんだからここに来るな」と言っていたのだが、そんなことは紫音の知ったことではない。 「どうしても朱美に会いたかったのよ。両手は先約があるみたいだから――ここね」 「……はぇ?」  紫音はおもむろに朱美に近づくと、そのぷっくりとした唇で朱美の唇を弄ぶ。  上唇を掴み、下唇を甘噛みし、ゆっくりと舌を入れていく。  あまりにも突然の出来事に、朱美は目を見開くことしか出来ない。  美桜も蒼衣も固まってしまい、ただ見ていることしか出来なかった。 「ちゅっ……ん……んむっ……」 「んっ……! んぁ……はぁん……」 「ん――ご馳走様」  朱美はあまりの快感に膝から崩れ落ちる。  美桜と蒼衣も、朱美につられて膝を折った。  対照的に、紫音はすごく恍惚とした表情で元気そうにスキップしながらこの場を去っていった。 「な、なんなのあの人……っ!」 「あの方、とてつもないわざを持っていましたわね……」  美桜は敵意を剥き出しにし、蒼衣は尊敬の眼差しで紫音を見ている。  朱美はというと―― 「しゅ、しゅごい……」  ――余韻に浸っていた。  ☆ ☆ ☆ 「……へぇ、そんなことがあったのか」 「うん、めっちゃ幸せだった!」  あの後、美桜と蒼衣は朱美を置いてさっさと自分たちの教室へと入っていっていた。  美桜は不機嫌そうに、蒼衣は何かを考え込むように。  それからしばらくして立ち上がった朱美は、口の端についた唾液を拭き取って教室へ急いだ。 「それにしても、私を置いてくなんて二人とも酷いよなぁ……」 「……うん、でも……仕方ないと思うな」 「そう?」  今朱美と話をしているのは、クラスメイトである沙橙(さと)。  茶髪橙目の美少女だ。  朱美と同じ、肩につくぐらいの長さの髪を持つ彼女の目は、どこか光が入っていない。  朱美以外に親しい間柄の人がいないのもあってか、教室ではいつも本を読んで過ごしている。  その時も、いつでも、ハイライトなし。  朱美は密かに、その目に光を宿してみたいと考えている。 「……だってさ――みんな朱美ちゃんのことが好きみたいだしな。紫音先輩が朱美ちゃんにキスしたのも、美桜ちゃんや蒼衣ちゃんがキス後に変だったのも、それなら辻褄が合うだろう?」 「……そ、それは……」  確かに、それなら辻褄が合う。  だけど、いくらなんでも、それは違うだろう。 「でも、私を好きっていっても、美桜は姉としてだろうし、蒼衣は幼なじみとしてだろうし、紫音先輩は……からかっただけでしょ?」  朱美はあの三人に恋愛感情を抱いていないし、あの三人も朱美に恋愛感情を抱いていないだろう。  スキンシップ旺盛なのは昔から変わらないし。  特に何も意識せずに放った言葉を、沙橙はどう思ったのか。  心做しかいつもより表情を明るくして言う。 「……じゃあ朱美ちゃんは、ボクのことを好きになってくれる可能性があるってことだよな?」 「…………それって、どういう――」 「……でも、誰を選ぶかは慎重にした方がいいぞ? 何せ君は――百合ハーレムの主人公なんだから」  沙橙は手首の傷を見せつけるかのようにして、朱美の頭を撫でた。  ☆ ☆ ☆ 「んー……どういう意味なんだろう……」  放課後になり、空が橙色に色づきてきた頃。  朱美は家に向かって歩きながら、沙橙に言われたことを気にしていた。  なんてメタ――意味のわからないことを言ってくるのだろうか。 「もうわかんないよぉ!」  考えすぎて脳が混乱してしまった。  早々に諦め、思考放棄した朱美の目に複数の見知った人物が映る。 「え、どうしたの……みんな……」  それは、今日濃厚接触した四人。  美桜、蒼衣、紫音、沙橙。  全員、少し気まづそうな顔つきをしている。  朱美がどう出ようか考えていると、沙橙が思いがけないことを言い放つ。 「……ボク訊いたんだ。みんなが朱美ちゃんのことどう思ってるか」 「……は?」 「……そしたら、みんな“恋愛感情”持ってるってさ」 「はああああ!?」  ――有り得ない。有り得るわけがない。  こんな状況、何かの間違いに決まっている。 「そ、そんなわけないじゃん?? だって私、()()()だよ??」  ついに我慢しきれず、朱美は叫び出した。 「私、変態だし、可愛くもないし、何の取り柄もないし……みんなのこと、都合のいい女ぐらいにしか……思ってないし……」  百合ハーレムという状況を楽しむための道具。  それが疑似的なものだとしても、女の子に囲まれたいという朱美の願いはみんなのおかげで叶っている。  みんなを、自分の願いのために振り回していたのだ。 「……そうだな。それでもいいさ。なんせ――」 「朱美おねーちゃん。私、おねーちゃんのことが好き。大好き! だから、もうおねーちゃんとしては見られないよ」 「朱美さん。わたくしは、あなたと生涯共に生きる覚悟は出来ておりますわ。だからどうか、わたくしを選んでくださる?」 「朱美。私はあなたが好きなの。私はどんな朱美も、受け入れるつもりよ?」  妹、幼なじみ、先輩……三人からの一斉告白を受けて、朱美はたじろぐ。  こんな自分を、みんなは受け入れてくれるのかと、目頭が熱くなる。  だけど…… 「――さぁ、君は誰を選ぶかな?」  あの夢と、同じ言葉。  沙橙が朱美に近づいて、耳元で囁く。 「……誰か一人じゃなきゃダメだからな」  完全に逃げ場がなくなってしまった。  朱美は冷や汗をダラダラ流し、じりじりと後退する。  ゴクリと唾を飲み込み、くるっと後ろを向いて逃げ出す。 「私は“百合ハーレム”が好きなのぉぉぉぉぉぉ!!」  そんな最低な叫び声を上げながら、朱美は現実から目を背けた。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • エルフ

    早見春流

    ♡5,000pt 2020年4月14日 0時13分

    モデルを当てはめて悶絶しておりました……私はなんと業の深いダメ主人公なのでしょうか……

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    早見春流

    2020年4月14日 0時13分

    エルフ
  • ゆりすぺしゃる

    M・A・J・O

    2020年4月14日 10時26分

    あわわわ!5000ポイント……!ありがとうございます!なんというか、途中からキャラが好き勝手動き出してモデルが消えかけてまして……()でも割とこんなイメージだったり……()

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    M・A・J・O

    2020年4月14日 10時26分

    ゆりすぺしゃる
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    みなはらつかさ

    ♡3,000pt 2020年4月14日 21時40分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいぞ、もっとやれ!

    みなはらつかさ

    2020年4月14日 21時40分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる

    M・A・J・O

    2020年4月14日 23時14分

    わああ!3000ポイントも……!ありがとうございます!好評だったら続きも書きたいと思うので、もしその時が来たらよろしくお願いします*゚+.*.。ヾ(*´ω`*≡*´ω`*)ノ゚+..。*゚+

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    M・A・J・O

    2020年4月14日 23時14分

    ゆりすぺしゃる
  • シド(アニスと不機嫌な魔法使い)

    赤蒟蒻

    ♡2,500pt 2020年4月13日 21時26分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    筆文字「これ好き(迫真)」

    赤蒟蒻

    2020年4月13日 21時26分

    シド(アニスと不機嫌な魔法使い)
  • ゆりすぺしゃる

    M・A・J・O

    2020年4月13日 21時35分

    赤蒟蒻様ありがとうございます!好きって言っていただけて嬉しいです〜!!Twitterのアンケ次第で続き(?)も書くつもりなのでその時もよろしくできたら嬉しいです(*´ω`*)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    M・A・J・O

    2020年4月13日 21時35分

    ゆりすぺしゃる
  • ゆりすぺしゃる

    百合豚怪獣キマシラス

    ♡1,500pt 2020年4月14日 19時51分

    文章も読みやすく素晴らしい百合百合な光景が容易に脳裏に浮かび上がりましたよ~~~! キマシタワー!!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2020年4月14日 19時51分

    ゆりすぺしゃる
  • ゆりすぺしゃる

    M・A・J・O

    2020年4月14日 20時14分

    ありがとうございます〜!好評だったら続けていきたいと思うのでその時がきたらまたよろしくお願いします〜〜!‹‹\(´ω` )/››‹‹\(´ω` )/››‹‹\(´ω` )/››

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    M・A・J・O

    2020年4月14日 20時14分

    ゆりすぺしゃる
  • ジト目ノベラ

    ごごまる

    ♡1,011pt 2020年4月13日 21時38分

    んおおおおお!なんて素晴らしいのでしょうか! とても百合百合しているぅ……!  特にキスがえっちでしたねぇ。しかも音や光景、感触まで伝わってくるほどのハイクオリティでした。 うーむ、至高の花園。とてもいいものを読ませていただきました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ごごまる

    2020年4月13日 21時38分

    ジト目ノベラ
  • ゆりすぺしゃる

    M・A・J・O

    2020年4月13日 22時39分

    ごごまるさん〜〜!いつもありがとうございます!!キスは特に力を入れましたね……紫音先輩の最大の見せ場なので……()感触まで……!おおお!嬉しいです!これからも頑張って腕を上げて最高のキスシーン書きますね!こちらこそ素敵な感想ありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    M・A・J・O

    2020年4月13日 22時39分

    ゆりすぺしゃる

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 傍観者でいられるはずなどなかったのだ

    ♡19,900

    〇70

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・36,645字 色紙

    2021年1月22日更新

    この世界には大勢の名前も知らない誰かが生きていて、その数だけの物語があると偉い人は言う。 しかしながら俺が、思うに世界というのはたった一つの物語だ。そのたった一つの物語の中に我々は偶々混ざったに過ぎない。 この世の大多数の人々がモブキャラであり、数名の主要人物という舞台装置を目立たせるための小道具に過ぎないのだ。 ――そして無論、それは俺も例外ではない。 これはヒーローの話ではない。ただの俺の、モブですらない観客の一人語り。 空想に囚われた少女に出会ってしまった凡人の、どうしようもない話である。

  • オンラインゲームに住まう神殺しの魔神

    ♡13,600

    〇100

    SF・連載中・21話・70,345字 daidroid

    2021年1月22日更新

    西暦2020年 画期的な次世代型ゲームとして発売されたVRMMO NEXCL(ネクシル)ONLINEと言うオンラインロボットゲームが無名ゲーム社アーリア サイバーテクノロジー社から発売され大ヒットを記録しユーザー数は1000万人を超える事になる。 そのユーザーの1人である白井修也もこの世と言うクソゲーから隔離されたその世界に行く為にゲームを手に取る事になる。 だが、それは後に世界を揺るがす男”シュウ”の最強へのほんの一歩に過ぎないのだった。 これは後に”魔神”と恐れられるただ、1人の男の物語である。 ※不定期投稿 ※この作品はスピンオフの位置づけです。「NEXCL 再世女神の超神譚」が本編的な位置づけになっています。これを読まなくても読めますが読んだ方が詳しく内容が分かると思いますので気になる方はこちらのリンクから https://novelup.plus/story/381960458

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る