SF 短編 完結済

ロボット工学三原則に則った正しい家政婦アンドロイドの話

作者からの一言コメント

ロボット工学三原則短編

夢の家政婦アンドロイドを購入しました!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ロボット工学三原則に則った正しい家政婦アンドロイドの話
作者名 寝る犬
ジャンル SF
タグ ロボット三原則コン コメディ 男主人公 現代日本 ノベプラオンリー ロボット 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月28日 20時31分
最終投稿日 2020年4月28日 20時32分
文字数 3,400文字
ブックマーク登録 3件
コメント 2件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 6連休で書いた処女作

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・7話・23,719字 まる書いて参画ん

    2020年10月27日更新

    幼馴染のユギィとオモト。 彼らが住むのは空へと伸びる塔。その中でも最貧である第二の塔アギエルだった。 「おれはここで一生を終える気はねぇ」 オモトがそう言うと、なんだか僕にもできるような気がしてくるんだ。 ユギィはオモトとともに塔を登る計画を建てるのだった。

  • アボーイ・ミーツ・アガール系の

    ♡1,000

    〇0

    SF・完結済・1話・8,586字 高橋正臣

    2020年10月27日更新

    熱を出して魘されている主人公ハジメの夢の中に、一人の女性が語りかけてきて、「助けてほしい」と訴えかけてきた。なんでも、彼女は2150年の人間で、その時代はデストピアそのものなのだという。その後も、女性は繰り返し、初めの夢に語りかけるようになった。そして……