文芸/純文学 短編 完結済

狂人

作者からの一言コメント

魔女狩りの時代に生きた、ある狂人の物語。

Twitterフォロワーさん1400人記念作品です。 「魔女」について語る、誰かの物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 狂人
作者名 淡月悠生
ジャンル 文芸/純文学
タグ ダーク シリアス 西洋風 魔女狩り 狂人 異端審問
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年9月14日 22時00分
最終投稿日 2019年9月14日 22時01分
完結日 2019年9月14日 22時01分
文字数 1,400文字
ブックマーク登録 2件
コメント 2件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 8,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • これは作られた英雄譚

    ♡75,300

    〇500

    異世界ファンタジー・連載中・26話・99,071字 人形使い

    2021年1月23日更新

    峻険な山々と荒海に囲まれた永世中立国モノリス。 それは五世紀も昔のことだ。 とある著名な魔術師が突如として訪れ、数々の奇跡とともに一つの予言を残し去っていった。 ~この国は、五百年後に滅ぶ~ 偉大な魔術師の残した予言に人々は畏怖した。だが長い歳月によって予言は風化し、いつの間にか忘れ去られていく。 その日が迫るにつれ大陸全土を巻き込む不穏な事態が相次ぎ、人々はかの予言を思い出した。そして気づいたのだ。その日がすぐそこまで迫っていることに。 亡国の予言、呪いと言い換えてもよいそれに対抗するため、国王直属部隊として魔術特務師団が急遽編成された。 とある事変を解決した功績が考慮され、若き英雄ヴィンス・アスカムは特務准将という破格の階級とともに師団長に任ぜられたのだった。 深紅の装束は英雄の称号を叙せられた彼だけに着用が許されている。その勇猛さと華麗さから、時に畏敬を込めて、時に嫉妬を秘めて、人々からクリムゾンナイトと呼ばれていた。 さまざまな思惑が渦巻く中、クリムゾンナイトは今日も街を駆け巡る…… ※毎週土曜日13:30更新予定です。HJ 小説大賞応募作です。

  • 英雄と首斬り淫魔のダンジョン攻略

    ♡8,100

    〇90

    異世界ファンタジー・連載中・2話・4,927字 フォトンうさぎ

    2021年1月25日更新

    日時問わずいたるところで、モンスターが湧き出るダンジョンが多発する世界にて。 暗い所ならば寝床よりダンジョン。交差するならば体の交わりではなく鋼同士のぶつかり。飲み込むなら白濁ではなく鮮血を。 細身の刀を手に菫色の衣を身にまとい、淫魔(サキュバス)は今日もダンジョンに湧くモンスターの首をはねる。 刀を持って死地に飛び込み、赤い花を戦場に咲かせる異端なる剣客淫魔。守るために剣を振るう、英雄と名乗る物静かな男。 死体の山で恍惚と笑う彼女の背を、英雄が守る物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 色が見えない私が、しあわせの色を探す話

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・10話・33,018字 真愛

    2021年1月25日更新

    幼い頃に海難事故で姉を亡くし、色盲になってしまった不登校がちな少女、愛。精神的療養とモノクロな日常から離れる気分転換を兼ねて、母と担当医から海沿いの田舎町へ夏休みの間だけ移住することを提案される。 諦め半分、渋々承諾して訪れたのは、茄子紺色の髪が特徴的な三兄妹が住む家だった。容姿端麗で母性溢れる長女 古凪、人見知りだが活発な妹 涼風、そして無愛想に見えて実は面倒見のいい弟の涼が迎え入れる。 人付き合いも苦手で一日中緊張していた愛は、せっかく都会を離れたので夜に一人で散歩に出かけてみることに。そこで、古凪たちの友人だという男に出逢う。 色盲で色が見えないはずの愛の目に映ったのは、エメラルドグリーンに煌めく男の双眸だった。

  • Twitterなどで書いた掌編です

    ♡11,300

    〇10

    文芸/純文学・連載中・21話・2,448字 筋肉痛

    2021年1月24日更新

    Twitterの企画などで書いた掌編をせっかくなので 多くの方に見ていただきたくまとめていきます。