異世界ファンタジー 長編 連載中

クェトル&エアリアル

作者からの一言コメント

望まずとも厄介事は向こうからやってくる。

読了目安時間:5時間24分

総エピソード数:82話

クェトル&エアリアルの表紙

illustration : pikora氏 ……………  中央帝国オデツィア。  新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。  生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー    一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。  そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。  クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。  ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。  ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。  そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。  だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。  いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 セルフな挿し絵ありには「*」マーク付けてます。

総エピソード数:82話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 クェトル&エアリアル
作者名 堺むてっぽう
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの 男主人公 ハッピーエンド コメディ シリアス 幼馴染 ドS 冒険 身分差 王子 微BL ツンデレ 一人称 片思い HJ大賞2021後期
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年4月18日 16時30分
最終投稿日 2022年10月30日 8時16分
完結日 -
文字数 162,236文字
読了目安時間 5時間24分
総エピソード数 82話
ブックマーク登録 33件
コメント 46件
スタンプ 241件
ビビッと 9件
応援ポイント 241,410pt
ノベラポイント 685pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少女は魔剣と共に楽園を目指す

    王道テンプレ的異世界ファンタジー冒険譚

    17,200

    0


    2022年12月8日更新

    ❲その少女、後の世でも語られる❳ 辺境に隔絶された村で育った少女ミラリア。剣の腕は立つのにちょっぴりお馬鹿な問題児。 育ての親である魔女と義理の兄を含む村の人達からも小馬鹿にされ、外界のことなど知らずに育っていた。 それでも夢見るのは、村の外に広がる世界。何処かにあると言われる楽園の存在。 未知なる神秘に思いをはせ、いつしかミラリアは世界へ羽ばたくこととなる。 そこで知ることになるのは、自分が何故外の世界を知ることができなかったのかということ。自分が本当は何をどうしたかったのかということ。 まだまだ幼い少女が体験するのは、まだ見ぬ世界との邂逅。苦しい道ではあれど、手にした魔剣と共にその願いのため前へと進む。 ――この物語はそんな少女による冒険譚にして、成長の記録である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

  • 口からでまかせを言う盗賊は、師匠とも英雄とも呼ばれたくない

    だから! 俺は師匠でも英雄でもねえ!

    5,700

    0


    2022年12月8日更新

    かつて、イシュマーク王国を獣魔軍より救った、五英雄と呼ばれた者達がいた。 戦いから10年後。 五英雄の一人、すっかり中年となった盗賊のヴァラードは、たまたま買い出しで町に出た際、町長の息子とその婚約者の婚約破棄騒動を目撃する。 そのあまりの理不尽さに、彼は思わずはそこに口を挟むと、自身の口から出まかせで、裏にある詐欺を明るみに出し、婚約者であったティアラに婚約破棄を受け入れ、新たな道を歩むよう諭したのだが……。 その数ヶ月後。 ティアラはヴァラードの住む山の家に押しかけ、その恋心を伝えにやってきた。 だが、五英雄としての戦いで、婚約者であり聖女であるメリナを失っていた彼は、その話を聞かせ諦めさせようとしたのだが。 恋人でなくとも側にいたいという彼女に根負けし、二人は同居生活を始める事になる。 そんな中、自分の家に王都シュレイドの兵士が訪ねてこようとしたのを目撃したヴァラードは、真意を知るべく、兵士が滞在する村を訪ねたのだが。 そこで出会ったのは、十年前に彼が助け、彼を師匠と呼ぶ二人の少女。アイリとエル。 そして、壊滅したはずの獣魔軍の兵士と名乗る、敵の姿だった。 おっさんの盗賊であるヴァラードと、彼を慕い、彼を師匠と呼ぶ三人の少女。 そして、彼が持つ口から出まかせの秘密。 師匠とも英雄とも呼ばれたくない男が、まるで運命に導かれるように、哀しき過去や昔の仲間との因縁を乗り越え、新たな未来の為、師匠として、そして英雄として、彼女達と共に運命に立ち向かっていく。 しょぼん(´・ω・`)さんらしい、相変わらず王道を行く、新たな英雄の物語。 是非お楽しみください!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Sonora

    音よ、花開け。

    27,400

    1,100


    2022年12月8日更新

    フランスのパリ8区。 凱旋門やシャンゼリゼ通りなどを有する大都市に、姉弟で経営をする花屋がある。 ベアトリス・ブーケとシャルル・ブーケのふたりが経営する店の名は<ソノラ>、悩みを抱えた人々を花で癒す、小さな花屋。 そこへピアニストを諦めた少女ベルが来店する。 心を癒す、胎動の始まり。

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • 闇を憑ぐ

    遺された声を聴け

    102,300

    621


    2022年12月7日更新

    闇に飲まれそうだった僕に、光の灯し方を教えてくれた一人の女性との出逢い。その出逢いは奇なるものではあったが、運命的でどこか懐かしくもあった。 部活動と称した活動を介し、僕は僕自身の事と彼女の事を知っていく。危険な探し物と途方もない約束を抱えた彼女。何も知らない僕ができるのは、いつも隣に居る事と、器となる事だけ。それでもいい。 いつか、全てを知った時、全てが終わった時。隣に僕が居る事が、彼女にとって当たり前である事を願って。 例え、この身が果つるとも。

    読了目安時間:15時間12分

    この作品を読む