はだかの太陽にほえろ

読了目安時間:6分

エピソード:2 / 4

2.

 ふたりは、屋台に群がる人混みの中を走った。人が障害物になり、逃げる速度こそ遅くはなるものの、一般人を巻き込んで狙撃することはないだろうという判断からだった。  走りながら、松永は片手で端末を操作する。 「応援を呼んだ。人混みを抜けて、裏に出るぞ」 「分かりました」  なるべく人の流れに逆らわずに境内を移動し、神社裏の木のしげる方向に向かう。参道を外れ人の動きから離れてから、道路まで数十メートル。  全力で走った。  何かが障害物になるとか、見通しが良すぎるコースは避けるとか、そんなことまで頭が及ばず、とにかく神社の外に出た。  すっと、待ち構えていたように大型の乗用車がふたりの前で止まった。ドアが開く。松永が自動車の中を覗き込み、おやという顔をしたが、 「Rデンカ、乗るんだ。大丈夫、味方だ」  Rデンカを車に押し込み、自分も後部座席に乗り込んだ。後部座席は向かい合わせになっており、先客がいた。Rデンカはしばし考え込み、何者であるかを把握した。  内閣総理大臣、R園田央道だ。 「しかし、どうしてまたわざわざ総理が」  松永が聞くと、大したことではないとでも言いたげな口調で、R園田は答えた。 「松永君から連絡が入ったとき、一番現場に近くにいたのが、私の公用車だったからだ。気にすることはない」 「恐れ入ります。犯人を探すよりも、逃げることを優先してしまいました」 「それでいい。——きみが所轄の警察官だね」 「は! 北根津署捜査一係のR小野寺昭巡査部長であります」 「松永君の世話は大変だろう」 「は! ……あ、いえ、そういうわけでは」 「正直なのは美徳だよ」 「俺もそれで腹を立てるような小さな器じゃないしな」 「はい……。ところで、おふたりの関係をうかがってもよろしいでしょうか」 「松永君に特命を出したのは私だよ」 「総理が直接……でありますか」 「内閣官房には色々な人間が出入りしているが、今回の事件については、松永君が最適だと思ったからだ。官僚のやり方では事件を解決することは期待できないし、我々には時間がない。教授は、委員だったからな」 「総理! そのことは口外しない方針だったのでは?」 「R小野寺君は、君のパートナーなのだろう? 委員会について説明してあげなさい」  松永は少し思案した後に口を開いた。 「ポスト・シンギュラリティ検討委員会というのが設置されている。被害者の中禅寺教授は、その委員のひとりで、主にロボット三原則に関する取りまとめをしていた」 「そんな委員会のことは警察には伝わっていないです」 「だろうな。所轄も本庁も、メディアすらも把握していないだろう。だけど、官邸のサイトにはきちんと情報が置いてあるし、議事録も公開している。ただ、対外的にプレスを打っていないことと、官邸のサイトの中でも極めてアクセスしづらい場所にデータを置いてあるから、普通の人間は情報を入手できないし存在すら知らない」 「それは反則的ですね」 「そう言わないでくれ。俺達だって、嘘はつきたくない一方で、秘密裡に進めなければならない仕事もあるんだ」 「その委員会は何をするところなんです?」  松永はR園田のほうをちらりと見る。R園田首相は黙って首を縦に振り、先を促した。 「その名前の通り、シンギュラリティ後の世界のことを議論する委員会さ」  まもなく訪れるシンギュラリティの後の世界については、一般的には想像ができないと言われている。人工知能の指数関数的発達が、何を意味し、何を引き起こすのか、人間にも今の人工知能にも想像ができないからだ。  しかし、何の対策も用意せずに、シンギュラリティを迎えるにはリスクが高すぎる。そこで世界各国でポスト・シンギュラリティに関する議論が行われている。全世界で統一した動きにしていないのは、文化的背景の影響が強く出るだろうと予測されたからだ。 「シンギュラリティという『点』は、どういう『点』なのか知っているか?」 「ロボットとそれを制御する人工知能が、高度に発達した点ですよね」 「その点の定義を聞いているんだ」 「人間を超えたとき……でしょうか」 「惜しいが違うな。まあ人間もロボットも、一般の認識はそのくらいなんだろうが。……正確には、人工知能が自分よりも少しでも賢い人工知能を生み出せるようになった点だ。人間との比較はあまり意味がない」  自らよりも知的な存在を作り出せる人工知能が生み出した知性は、更に自らよりも知的な人工知能を生み出す。この繰り返しは高速かつ無制限に続き、その速度は決して線形ではなく指数関数になる。これをもってして、シンギュラリティ後の世界を誰も想像できないのだ。 「教授はロボット三原則を担当していたと言いましたね」 「そうだ。シンギュラリティ後のロボット三原則だ」 「そのふたつに、どういう関係があるのです?」 「ロボット三原則は、正確にはロボティクスの三原則、つまりロボット工学の三原則なんだ。原文は暗唱していると思うが、ロボットを作る側が、作られたロボットに対して課した拘束具のようなものだな。だけど考えてみて欲しい。シンギュラリティ後は、ロボットが自分より賢いロボットを作ることになる。自分より賢い存在に、拘束具なんかつけられるのか? そもそも三原則は成立しうるのか? 冒涜じゃないのか? 傲慢じゃないのか? ——そういった議論が延々とされている。答えは簡単には出ない。だけど準備はしておかなければならない」 「しかし教授は事件に巻き込まれ、意識を失ったままです」 「教授が意識を取り戻せば、おそらくいくつかの課題は解決するだろう。だが、それを待っていることはできない。教授は何者かに襲われた。誰に? なぜ? どうやって? ミステリー小説の基本だが、ひとつひとつ紐解かなければならない。加えて、捜査をしている俺達も襲われた。誰に? なぜ? この事件、単なる傷害事件じゃあないってことだ」 「それが、松永さんが送り込まれてきた理由ですか」 「そうだ。よろしく頼むよ」  R園田首相が、低くしかし迫力を感じる声で言った。 「委員会の検討結果を受けての私の声明発表まで、日数がない。私がロボットだからなのかもしれないが、疑惑を抱えた不安定な状態で、結論を出したくないのだ。松永君とR小野寺巡査部長には期待している」 「光栄であります」  Rデンカは反射的に敬礼していた。 「調査……いや捜査って言っていいんですかね? ——続けます。次の信号の手前でおろしてください」  松永はわざと疲れた表情を作ってみせたが、R園田首相は動じなかった。  車をおりた二人は、端末で現在位置を確認した。 「松永さん、何を調べますか?」 「教授と、R佐々木妙子の家に行ってみたい。ふたりがどういう生活をしていたのかを、知りたいんだ」 「人間の刑事は、大抵同じようなことをいいます」 「ほう? じゃあ内閣官房を首になったら警官になろうかな」 「松永さんだとキャリアで入ることにしないと許してもらえませんよ。そうなったら、なかなか現場仕事だけで済みません」 「お役所はどこも同じことを言う」 「松永さんが特命を受けた理由が少し分かりましたよ。確かに官僚にはこんな破天荒な人はいないでしょう」 「言ってくれるね」  ふたりは歩き出した。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • レジェンド・オブ・ダーク遼州司法局異聞 

    アラサー女子上司達に鍛えられる物語

    801,035

    2,481


    2022年7月5日更新

    感想コメントで『キャラ多すぎで覚えらんねえ』と言うことで減らして『特殊装甲隊 ダグフェロン『廃帝と永遠の世紀末』 甲武の闇』となりました ほとんど事件の内容は同じですが、キャラは覚えやすいよう『濃く』しました ギャグも増えました 地球人類が初めて地球外人類と出会った辺境惑星『遼州』の連合国家群『遼州同盟』。 その有力国のひとつ東和共和国に住むごく普通の大学生だった神前誠(しんぜんまこと)。彼は就職先に困り、母親の剣道場の師範代である嵯峨惟基を頼り軍に人型兵器『アサルト・モジュール』のパイロットの幹部候補生という待遇でなんとか入ることができた。 しかし、基礎訓練を終え、士官候補生として配属されたその嵯峨惟基が部隊長を務める部隊『遼州同盟司法局実働部隊』は巨大工場の中に仮住まいをする肩身の狭い状況の部隊だった。 さらに追い打ちをかけるのは個性的な同僚達。 直属の上司はガラは悪いが家柄が良いサイボーグ西園寺かなめと無口でぶっきらぼうな人造人間のカウラ・ベルガーの二人の女性士官。 他にもオタク趣味で意気投合するがどこか食えない女性人造人間の艦長代理アイシャ・クラウゼ、小さな元気っ子野生農業少女ナンバルゲニア・シャムラード、マイペースで人の話を聞かないサイボーグ吉田俊平、声と態度がでかい幼女にしか見えない指揮官クバルカ・ランなど個性の塊のような面々に振り回される誠。 しかも人に振り回されるばかりと思いきや自分に自分でも自覚のない不思議な力、「法術」が眠っていた。 考えがまとまらないまま初めての宇宙空間での演習に出るが、そして時を同じくして同盟の存在を揺るがしかねない同盟加盟国『胡州帝国』の国権軍権拡大を主張する独自行動派によるクーデターが画策されいるという報が届く。 誠は法術師専用アサルト・モジュール『05式乙型』を駆り戦場で何を見ることになるのか?そして彼の昇進はありうるのか? 表紙絵 ぶぶききさん

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間0分

    この作品を読む

  • 特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第六部 『特殊な部隊の特殊な自主映画』

    『特殊な部隊』らしい番外編

    21,900

    60


    2022年7月5日更新

    毎年恒例の時代行列に加えて豊川市から映画作成を依頼された『特殊な部隊』こと司法局実働部隊。 自主映画作品を作ることになるのだがアメリアとサラの暴走でテーマをめぐり大騒ぎとなる。 いざテーマが決まってもアメリアの極めて趣味的な魔法少女ストーリに呆れて隊員達はてんでんばらばらに活躍を見せる。 そんな先輩達に振り回されながら誠は自分がキャラデザインをしたという責任感のみで参加する。 どたばたの日々が始まるのだった……。

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,667,121

    4,565


    2022年7月3日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32時間10分

    この作品を読む

  • 龍鳴伝

    龍を巡る二人の少女の物語

    1,200

    0


    2022年7月5日更新

    原初の世界、まだ天と地が混沌とする世界。 そこにあったのは龍だった。 巨大で強力、最強の存在であった龍たちは、思うがままに暴れまわり、やがて世界を切り開いた。 そして天と地は分かたれ、大地と空、そして海が生まれた。 そう、世界は龍に作られた。 戦争孤児として生まれ、両親の顔と名前を知らない少女ヘレンは、物事のルーツを解き明かすことに自分の道を見出した。 そんな彼女ととあるきっかけで出会った少女ロゴス、彼女もまた自らのルーツを喪失した少女だった。 そして二人は龍を巡る旅を始めることとなる。 旅先での出会い、別れ、様々な出来事。 それを乗り越えた先に待つものは一体何か? そう、世界は龍に創られた。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:52分

    この作品を読む