完結済 長編

店長と行く、異世界冒険記

作者からの一言コメント

とにかく読者さんたちを笑わせたいですw

アルバイト先である本屋の店長に見せられた一冊の本。 その本に触れてしまった主人公のタカユキは、ダメ店長と共に異世界を救う勇者として召喚されてしまった。 そして、二人が元の世界に戻る条件は召喚された大陸の問題を解決することだった……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 店長と行く、異世界冒険記
作者名 アイアン停電
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界召喚 第2回ノベプラ大賞 勇者 ギャグコメディ 冒険 ご都合主義 ライトノベル 一人称 ノベプラオンリー
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年5月31日 7時44分
最終投稿日 2019年7月9日 20時30分
文字数 106,947文字
ブックマーク登録 18件
コメント/スタンプ 126件
応援ポイント 33,960pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ESPエンジンで光速を超えろ

    ♡3,900

    〇0

    SF・連載中・27話 K1.M-Waki

    2020年6月4日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系外部へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • 超能力×学園×バトル!!

    ♡10,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話 眠すぎ太郎

    2020年6月4日更新

    超能力は、実在した。 突如としてぼくに目覚めた不思議なチカラ――サイキックは、離れたところにあるものを動かすことができる能力だった。 超能力者はサイキックを扱う者、サイキッカーだけではない。 透視・予知のクリアボヤンサー、瞬間移動のテレポーターなど、様々なチカラと個性が、学院ではひしめいている。 サイキッカーとして、ぼくはそこで着実にチカラを高めていく。 楽しい生活だと、充実した毎日だと思っていた。 だがその矢先、クリアボヤンサーたちがあることを予知した。 それはぼくのいた世界が、一年後に滅ぶということーー。 週1〜2回更新!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る