歴史/時代 長編 連載中

参国史遠戲

作者からの一言コメント

作者は三国志世界をイチミリも知らない模様

読了目安時間:9分

総エピソード数:3話

皆様は、朱桓という武将をご存じだろうか。知らない方も多いかもしれないし、私も名前ぐらいしか知らない(何せ、生年月日や没年などもwikipediaを見て初めて知ったレベルである)のだが、彼にはある逸話が存在する。 何でも、南方制圧作戦の折り、ひどくコケティッシュなメイドさんをかっぱらってきたという伝説が存在する。 ただ、古代中国の伝説である。このメイドさん、ただの愛らしいメイドさんではなかった。 なんと、生首が飛び回り、それでも生きており、さらに言えば彼女の地方ではそれが普通だというのである。 無論、白髪三千尺(だったっけ?)の中国である。自分のことを恥ずかしげも無く中国と言ってのけるあの中国である。嘘に決まっていると談ずるのは容易い。 だが、ここで一つ盲点が存在した。 私、神前成潔は、そういう、ろくろ首とかデュラハンとかが大好物(当たり前だが、二次元に限る。現実にはまずいないだろうし、現実の女共など御免蒙る)なのである。 よって、今回の主人公ならぬ主人子は、その朱桓という呉の武将(さすがにそれは知ってた)のメイドさんである。しかも、逆浦転生的な、そしてTSなメイドさんである。はっきり言おう。作者も異世界ファンタジーにジャンルを分類するか迷ったほどの作品である。 よって、歴戦の歴戦な方々にとっては、ツッコミどころ満載のなんちゃって三国志演義未満となるであろうことは明々白々である。 とはいえ、言い訳をここまで並べてしまったのは、いろいろと自分でもこれを書いていいのか+書いたとしてHJ2021に間に合うのか+輝鑑の連載に支障を来さないかという三重苦+これ以上連載抱えて運営に迷惑かけていいのか、という不安感と戦った結果である。 最後に。作者の三国志知識は上の通りマジでミリ知ら(=1ミリも知らない)です。ぶっちゃけ孔明の本名すら「諸葛亮で合ってたよな?それとも諸葛亮の亮って役職名だったっけ?」レベルです。それだけはご理解ください。タグにも書いてある通り、博識な方のツッコミ大歓迎な上に、昔AA物語で誰かが書いていた「うろおぼえ坂本龍馬」レベルの行為をやらかすつもりです。 輝鑑のような、詳しい研究は端っから放棄しており、なおかつ異世界ファンタジーを記すための実験材料として使っています。 なので、それでもいいよという方のみ、よろしくお願いします。              以上っ!

前へ

1-3

次へ

前へ

1-3

次へ

作品情報

作品名 参国史遠戲
作者名 神前成潔
ジャンル 歴史/時代
タグ TS 女主人公 人外 中華風 百合 転生/転移 異能 妖怪 三国志 飛頭蛮oder落頭民 レーテング未定 +指摘あればヨロシク なお、間に合いさえ すればHJ2021に 応募するかもしれない
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月14日 6時00分
最終投稿日 2021年10月14日 7時20分
完結日 -
文字数 4,326文字
読了目安時間 9分
総エピソード数 3話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不知火戦奇

    漫画原作です。

    100

    0


    2021年10月22日更新

    主人公・播磨悪兵衛の成長と戦い、 超人軍務隊「不知火」の生死を描く戦奇。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間18分

    この作品を読む

  • 戦国終わらず ~家康、夏の陣で討死~

    幸村が家康を討ち取ったらどうなるの?な話

    152,869

    2,438


    2021年10月22日更新

    長きに渡る戦国時代も大坂・夏の陣をもって終わりを告げる …はずだった。 まさかの大逆転、豊臣勢が真田の活躍もありまさかの逆襲で徳川家康と秀忠を討ち果たし、大坂の陣の勝者に。果たして彼らは新たな秩序を作ることができるのか? 敗北した徳川勢も何とか巻き返しを図ろうとするが、徳川に臣従したはずの大名達が新たな野心を抱き始める。 文治系藩主は頼りなし? 暴れん坊藩主がまさかの活躍? 参考情報一切なし、全てゼロから切り開く戦国ifストーリーが始まる。 ※カクヨムにも掲載しています

    読了目安時間:10時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • パルクール・ランナーズ

    コンテンツ流通にネット炎上は不要である

    6,000

    2


    2021年10月22日更新

    ・あらすじ 西暦2020年、埼玉県草加市では拡張エリアオケアノスを着点としたARゲームによる観光事業を立ち上げた。その状況下で、ARゲームのまとめ記事を書こうとしたのは西雲春南。彼女はゲーム研究家としても有名である。 記事を書こうと情報収集をしていた中、彼女は有名プレイヤーであるミカサの動画を発見した。ミカサの動画は投稿から数日もしない内に100万再生を記録する程のもので、ミカサの人気を物語る。 動画の内容は動画タイトルでパルクールのプレイ動画と判明するが、パルクールとは似ても似つかない光景に彼女は言葉を失う。しかし、そのプレイを見ていく内に彼女はパルクールをプレイしたいと思った。 更に情報を収集し、2月初旬にはオケアノスへと足を運び、そこでギルドと呼ばれる場所を検索の末に発見する。そこには、どう考えてもARゲームとは似ても似つかないような光景が待っていた。 プレイを始めた西雲だったが、思わぬ展開に苦戦すると思ったら――予想外とも言えるスコアで上位に入ってしまう。これには驚く一方で、周囲で観戦していたライバルプレイヤーも彼女の活躍には衝撃だったのである。 これをきっかけにして、西雲はパルクールを炎上させようとする勢力とゲーム自体を守ろうとする勢力の衝突に巻き込まれた。それは――過去に自分が体験したネット炎上と似たような物であり、他人事と言えないような物……。 ※この作品はフィクションです。ARゲームを問わず、チート行為等は犯罪ですので真似をしないでください。 ※パルクールにおける危険なアクロバット行為等も怪我や事故の原因となります。正しい知識や装備で楽しむようにお願いします。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載中。ノベプラ版は行間調整などを行ったVer2扱いになります。

    読了目安時間:3時間18分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,015,011

    3,881


    2021年10月17日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間41分

    この作品を読む