SF 短編 完結済

アトモスフィア・ラヴァーズ

作者からの一言コメント

超未来にも残る「雰囲気」の大切さ

遠い、遠い未来の話。 バーで酒を嗜む女性。 遅れてやってくる恋人。 女性は言う。雰囲気を大事にしてよと。 男性は苦笑いをする。 遠い未来の恋人達も、今と変わらぬ「雰囲気」を紡ぎ、そして──

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 アトモスフィア・ラヴァーズ
作者名 千鳥 涼介
ジャンル SF
タグ シリアス 女主人公 未来 ノベプラオンリー ロボット サイバーパンク 恋愛 仮想現実
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月24日 22時38分
最終投稿日 2020年2月24日 22時39分
完結日 2020年2月24日 22時39分
文字数 3,860文字
ブックマーク登録 13件
コメント 2件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 7,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 百合姉妹がイチャイチャしたりしなかったり

    ♡75,600

    〇730

    異世界ファンタジー・連載中・51話・110,817字 べるえる

    2021年1月15日更新

    幼き日に蒔かれた想の種は 笑みの眉開くまで その色を識ることはできない 北限の極寒の大地、ニフルハイム伯爵領。 伯爵の姉妹である白子(アルビノ)の姉と黒髪の妹は、大人達の陰謀に巻き込まれ心がすれ違っていく。 なんだかんだで仲直りした二人は、力を合わせて 世界に逆襲を始めるのだった。 神に見放された大地、辺境が舞台のダークファンタジー でも、そんなに残酷な感じではないイチゴ味。 表紙イラストは陽名ユキ先生(@hina__yuki)に描いて頂きました!ありがとうございます!! 需要的にニッチな方だと思うので、感想とか頂けるととっても嬉しいでっす。 カクヨムで掲載したものをタイトル変えると読む人増えるのかなというテスト。 加筆修正を多少→大幅にしています。 HJ大賞2020後期に応募しました!

  • 愛と悲しみの悪夢のような物語

    ♡11,400

    〇10

    現代/その他ファンタジー・連載中・8話・23,465字 ぷりん頭

    2021年1月6日更新

    サントリナ王国とディアスキア王国で、資源をめぐる戦争真っ只中の世界。 高度な技術力を持つ、ディアスキア軍の機械兵士に押されつつあったサントリナ王国は、機械兵士に対抗する軍隊とは別の戦力【独立戦闘騎士団】を設立し、また騎士育成のための【王立騎士養成学校】を設立。 圧倒的な力で機械兵士をねじ伏せる力をもつ【独立戦闘騎士団】はディアスキア王国に悪夢を齎したことで【ナイトメア】と呼ばれるようになった。 こうして優勢となったサントリナ王国だが、本来の計画はまだ終わりを迎えていない。叡智の計画、【H計画】は始まったばかりなのだ。 王立騎士養成学校に通う、天才とよばれる青年レカム・スターチスもまた騎士を目指す、戦闘部隊の【騎士見習い】だった。 相棒のライラック・アイリスの発言でひょんなことから、指揮統括部隊の自称天才美女シオン・アングと出会う。 この出会いが、彼の運命を大きく変えていくことになる。 例えそれが仕組まれていた出会いだったとしても、君を忘れることはできない。 君の戦略的大勝利だ、俺は2度と、君には勝てない。 愛と悲しみの、儚く切ないふたりの物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 初作品なので拙いですがよろしくです♪

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・15話・43,483字 susanowa

    2021年1月16日更新

    俺の名前は鋤灼(スキヤキ)。うまそうな名前ってよく言われる。 通称”ゲーマー特区”で、特別講座”VRエンジン概論”を受講中の高校生だ。 「鋤灼君、クエスト行きまぁしょぉう!(謎の美人講師/子供声)」 「ちょっと、鋤灼、アンタいつになったら、クライアントインストールするのよ(謎の男前系美少女)!」 「おう、鋤灼ホントだぜ。そろそろパーティー組もうぜー(すっげーイケメンの旧友)」 ハイテク満載ゲーマー特区の日常。突然襲ってくる謎の美少女&小鳥。謎の地下都市空間、謎のフルダイブRPG。そして――謎の宇宙服。 ※構想は2015年7月21日 10:02投稿のWEB漫画から。初投稿はシンゴジまえの2016年2月25日 07:20から。

  • ただのSFじゃない。真実を見ろ!

    ♡4,350

    〇0

    SF・連載中・38話・137,347字 高杉愁士朗

    2021年1月16日更新

    地球は数々の天災、自然災害が相次ぎ、とうとう、島がひとつしか浮かばない世界になった。島は、日本だったのか、アメリカ大陸だったのか、中国大陸だったのか、どこだったのかさえもう分からない。島の名前は「ユートピア」。理想郷という名のディストピアだった。 そのせいもあり、少子化は進み、この島を治める「アマテラスプロジェクト」という名のもとに、人々は、ビーナスと呼称される少女の戦闘用クローン人間に脅かされる日々を過ごしていた。 廃墟となっている「ユートピア」では、男たちが日々、ビーナスと戦っている。人間の女は貴重な存在になり、別の施設で子どもを産むために保護されていると聞いていた。 ロキは、この島の外に出れば、別の世界があるという噂を耳にしていた。それは「ユートピア」にいる者たちの中では都市伝説のようなものであり、希望だった。 ロキは、冷酷なビーナスと戦う最中、ひとりのとあるビーナス、No168(通称イロハ)と出会う。 怪我をしていたイロハを救いだし、ロキはイロハと「ユートピア」を抜け出す覚悟を決める。感情のないクローン人間だったイロハも次第にロキと通じ合い、旅の中で出会う仲間とともに、この「アマテラスプロジェクト」の真の意味を知ることになる。 ロキの本当の存在理由は、世界を揺るがす事実だった。