限界令嬢聖地巡礼紀行

第三話 変幻する路地 ナイトメアラビリンス

「何てことだ……」  行き交う多様な種族を眺め、混沌とした街並みを見渡し、私は一人呆然と立ち尽くしていた。  そう、ピピルカお嬢様が迷子になってしまったのだ。  あれほど迷子にならないでください、と言ったのに!  しっかりと手を握っていなかった私の完全なミスだ! お嬢様が両手で超レア勇者グッズを大事そうに抱えていたからとはいえ、心を鬼にして手を繋いでおくべきだったのだ!  メイド・メグリム一生の不覚!  こんな荒れ狂った魔境の地でアンポンタンで世間知らずなお嬢様を一人にしたら、どんな酷い目にあうか……考えただけで発狂しそうだ! 「くそっ、くそっ」  確か、お嬢様はこの路地裏に入っていたはずなのだが……そこは、行き止まりだった。こんな入り組んだ街並みの中で不自然な、行き止まり。  何かがおかしい。ガイドブックの地図にもこんな行き止まりは書かれていない。  そして、振り返ると……先程までと景色が変わったように感じた。 「そこのメイドちゃん。お困りかい?」  突然、頭上から男の声が聞こえて私はハッと我に返った。  頭上を見上げると、湾曲した螺旋階段の上に一人の優男が座っていた。  キザなダークスーツに身を包んだ長身痩躯。ナルシズムに溢れた顎ヒゲ。そして、青白い肌に、歪んだ二本の白い角。  悪魔(デビル)。  魔族の中でも、暴力のオーガ、謀略のデビルと称される悪辣な種族との邂逅に私は一歩後退った。 「おいおい、そんなに怯えなくて大丈夫だぜ。オレは人助けの旅をしている善良なデビルだからな」  人助けの旅をしている善良なデビル。なんという胡散臭さ。 「オレは、イビルベルト・バールボルト。神出鬼没のナイスデビル、イビルベルト・バールボルト。一日百善の旅人、イビルベルト・バールボルト。ま、名乗るほどの者ではないさ」  思いっきり三回も名乗ってますけど。 「ガイアガルタは迷宮都市だからねぇ。この都市の建造物は全て魔法で作られていて、自由気ままに勝手に変形し、移動するんだ」 「な、なんですかそれ……。不便すぎる」 「不便というのは面白いのさ。便利はすぐに慣れるが、不便は常に新しい発見の連続だからな。観光客にも理不尽な不便さを楽しんでもらうため、ガイドブックには嘘偽りが書かれているってわけよ。最高だろう?」  最低だ……。 「それはさておき、旅の出逢いは一期一会。キミのお困り事を解決してやるぜ。なんていっても、オレはナイスデビルのイビルベルト・バールボルトだからな」  そう言ってイビルベルトはポケットから煙草を取り出し、火をつけた。 「こいつはバタータバコさ。バターリーフという植物から作られるタバコでね、クリーミーな口溶けの煙が最高なんだぜ。しかも、健康に良い」 「悪魔も健康を気にするんですか……」  自由気ままな軟派デビルを尻目に、私はガイドブックをペラペラと捲った。地図としては役に立たないかもしれないが、お嬢様の行きそうな場所の目星はつくかもしれない。  しかし、ページを捲っていくうちにガイドブックの文字は解読不能な象形文字へと変化していった。 「ガイドブックには何度もページを捲ると文字が読めなくなる魔法がかかっているんだ。面白いだろ?」 「面白くないです!」  悪魔の感性は理解できん!  とはいえ、もはや藁でも悪魔でも何でもすがる思いだ。背に腹は代えられない。 「共に旅をしているお嬢様が迷子になってしまいまして……」 「ほう、情報をくれるかな」 「可憐な紅蓮の髪をしているハーフオーガの美少女です。真っ白なワンピースに大きなリュックを背負っています。あと、陽キャ勇者の限界オタクです。お嬢様が行きそうな勇者関連の場所をガイドブックで調べようとしたんですが……このザマです」  私の話を聞いたイビルベルトは頷き、カッコつけた風に指を鳴らした。 「お嬢ちゃんのいる場所を見つけ出したぜ!」      ★  ★  ★  変な悪魔イビルベルトに連れられてやってきたのは、小さなボロ小屋だった。かつて勇者と喧嘩した星の女神アステラが引きこもった、知る人ぞ知る観光名所らしい。  アステラハウス。  そこに、紅蓮の髪のハーフオーガの美少女は突っ立っていた。 「ピピルカお嬢様!」  わき目もふらず、お嬢様の元へ走り寄った。  私に気づいたお嬢様はパァッと表情を輝かせ、抱き着いてくる。 「メグリム! 迷子になった貴女を必死に探していたんですのよ!」 「私のセリフですよ! もう、お嬢様ったら……ご無事で何よりです」 「ふふ、やっぱりメグリムですわ」  私の顔を見上げ、お嬢様は柔らかく微笑んだ。 「メグリムなら、わたしの行きそうな場所を探して来てくれると信じて待っていましたの!」 「お嬢様っ!」  何と嬉しいお言葉!  「尊いな」  抱き合う私達を見つめながら、変態悪魔……じゃなかった、イビルベルトは満足げに頷いた。 「ぷえ? このデビルさんはどなたですか?」 「オレは、イビルベルト・バールボルト。神出鬼没のナイスデビル、イビルベルト・バールボルト。一日百善の旅人、イビルベルト・バールボルト。ま、名乗るほどの者ではないさ」  それ、持ちネタなんですか。 「いびるべると・ばーるぼると? どこかで聞いたことがあるような、ないような……」 「フッ、遥か昔に忘れられた名前さ」  妙に哀愁漂う雰囲気でイビルベルトは首を振った。  お嬢様が聞いた覚えがあるということは、勇者絡みの人物だろう。胡散臭いナルシストなデビル……もしや、魔王―― 「さて、オレはここらでお別れだ。世界には困っている人々が沢山いるからね」  そう言ってイビルベルトはお嬢様に星の形をしたコンパスを手渡した。 「これをあげよう」 「コンパス、ですか?」 「ガイアガルタでのみ有効な、魔法道具さ。行きたい場所を告げると、コンパスの針が道を指し示してくれるんだ。こいつがあれば、もう迷わないぜ」 「そんなすごいモノをいいのですか?」  お嬢様の問いにイビルベルトは深く頷く。 「お嬢ちゃんとメイドちゃんの尊い関係性を見せてもらったお礼さ。それでは、アデュー!」  素早い身のこなしで去っていくイビルベルトを見つめ、お嬢様と私は同時にこう呟いた。 「なんか気持ち悪い」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • キューコ(デンドロ)

    s.h.n

    ♡300pt 〇200pt 2020年11月18日 7時44分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    すき

    s.h.n

    2020年11月18日 7時44分

    キューコ(デンドロ)
  • うどん

    Yuiz

    2020年11月18日 15時52分

    s.h.n様、ありがとうございます!  ダイレクトなスタンプとてもとても嬉しいです!  ナイスデビル・イビルベルトとの出逢いを描きました。この出逢いがもたらすモノは何か――。少し伏線ですね。ご期待くださいませ。 そして次回はのんびりコーヒーブレイクです!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年11月18日 15時52分

    うどん
  • れびゅにゃ~(茶トラ)

    千里志朗

    ビビッと ♡200pt 〇2pt 2021年1月9日 17時06分

    《「なんか気持ち悪い」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    千里志朗

    2021年1月9日 17時06分

    れびゅにゃ~(茶トラ)
  • うどん

    Yuiz

    2021年1月10日 2時50分

    二人の発言にビビッとありがとうございます!  イビルベルト、中々癖のあるナイスデビルでした(´艸`*)  また再登場するかもなので、是非是非ご期待くださいませ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2021年1月10日 2時50分

    うどん
  • ひよこ剣士

    菊池竹光

    ♡5,000pt 2020年11月18日 21時08分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    この世界観…好きですっ!

    菊池竹光

    2020年11月18日 21時08分

    ひよこ剣士
  • うどん

    Yuiz

    2020年11月19日 2時36分

    菊池竹光様、ありがとうございます!  世界観お気に召していただけて嬉しいです! 励みになります!  混沌の都市で出逢った悪魔。胡散臭くも心優しい、けれど気持ち悪い。そんな男がくれたコンパスはどこに導いてくれるのか。ご期待くださいませ! 次回は安らぎのカフェでまったり過ごします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年11月19日 2時36分

    うどん
  • ひよこ剣士

    晴羽照尊

    ♡1,000pt 2020年12月3日 21時09分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    てぇてぇ

    晴羽照尊

    2020年12月3日 21時09分

    ひよこ剣士
  • うどん

    Yuiz

    2020年12月4日 1時07分

    晴羽照尊様、ありがとうございます!  胡散臭いデビル・イビルベルト。彼のもたらしたコンパスが導く未来、是非是非ご期待くださいませ! そして、彼が再登場するかも……ご期待くださいませ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年12月4日 1時07分

    うどん
  • エリナ(QB)

    小日向

    ♡1,000pt 2020年11月18日 20時48分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    小日向

    2020年11月18日 20時48分

    エリナ(QB)
  • うどん

    Yuiz

    2020年11月19日 2時34分

    小日向様、ありがとうございます!  奇妙な悪魔、イビルベルト。元魔王っぽいですが、彼のたくしたコンパスは何を導くのか――。是非ご期待くださいませ!  そして次回は混沌の都市で唯一の憩いの場、隠れ家的なカフェでまったり過ごします……

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年11月19日 2時34分

    うどん

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【改稿版】高校生3人が異世界で大騒ぎ!

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・8話・14,629字 担倉 刻

    2021年1月17日更新

    「何処の世界に観葉植物に襲われて勇士になる人が居ますか!」 「ここにいるだろよ、三人も」 「じゃあぼくたちって襲われ勇士なの?」 失踪したクラスメイトを探していた男子高校生たちが、突如異世界へ! 飛ばされた先は戦いを知らない、平和な国――でも、侵略者が現れたそうで? 3人は魔法で花にされた皇姫を救うため、そしてクラスメイトを探すため、 【伝説の勇士】として異世界をわちゃわちゃ大旅行することに!! それぞれの青春、挫折、悩み、そのほかいろいろを描きながら、 ギャグもシリアスも伏線もなんもかんも全部ゴタマゼでお送りする、異世界コメディファンタジー! ■■ 個人サイト『環として満ちる瞬間』でも並行連載中です ■■ 表紙絵はソラエノ様(https://profile.coconala.com/users/1769258)に描いていただきました ■■ 「窓の中のWILL」(https://novelup.plus/story/918799354)改稿版です。いずれひとつにする予定です

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡123,800

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・60話・208,202字 ぷりん頭

    2021年1月16日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る