限界令嬢聖地巡礼紀行

第五話 バーガンディオ街道

 朝靄の中、ピピルカお嬢様と私を乗せた馬車が静かにバーガンディオ街道を走っていく。  熱砂と熱風が吹き荒ぶ赤い大地が少しずつ、遠ざかる。  一泊二日の極炎の街ベルメリオ聖地巡礼の帰路を辿る馬車の中、お嬢様は窓の外を眺めて思い出に浸っていた。 「初めての聖地巡礼、勇者様の降臨の地……ベルメリオ。とっても楽しかったですわ」  マグマローズが咲くベル火山が遠くに見える。 「目を閉じれば、たくさんの思い出が蘇りますわ」  胸に手を当て、お嬢様はたおやかに微笑んだ。 「勇者様と女神様が出逢った勇者降臨広場」  お嬢様が四つん這いになって勇者の残り香を嗅いでいたこと。 「ドワーフの老舗鍛冶屋、ドヴェルグリッド」  お嬢様が読めもしないドワーフ語の聖典を十冊もぼったくられていたこと。 「脱長(だつおさ)したエルフのラーメン屋、エルフとんこつ」  とんこつラーメンの美味しさに醜態を晒してしまったこと。 「勇者様が発案したマグマローズの温泉、陽キャの湯」  お嬢様が温泉のお湯をがぶ飲みしていたこと。 「本当、素敵な思い出ばかりですわ~!」  うう、頭が痛くなる思い出ばかりだ……。 「ね、メグリム。初めての二人旅、楽しかったですね」  天真爛漫なお嬢様のまばゆい笑顔。  ああ、どれだけ振り回されて迷惑をかけられても、その笑顔にいつも心を溶かされてしまうのだ。ずるい人だ、お嬢様は。 「……ええ、楽しかったです」 「メグリムがいてくれて本当、感謝していますわ」 「ピピルカお嬢様……」  朝日に照らされ、お嬢様の紅蓮の髪と小さな漆黒の角がキラキラと煌めく。 「メグリムと出逢えて本当、よかったですわ。メグリムがこの世に生まれてきてくれて、神に感謝しますわ。メグリムという存在と巡り合えた運命、それはわたしの人生の宝ですわ」  お嬢様……。  なんだか、最終回みたいなテンションですけど……どうしたんですか。 「ふふ、旅の終わりのせいで少しセンチメンタルになってしまいましたわ」  遥か遠くになってしまった極炎の街ベルメリオを窓から見据え、お嬢様ははにかんだ。 「旅はとても楽しいけれど、だからこそ……その終わりは切ないのですわね」  火山地帯を抜け、やがて景色から赤色が少しずつ抜け落ちていった。  火のマナも土のマナもない、淡白な草原。  旅の終わりの切なさを映し出すように、窓の外の景色も寂しさを増していく。 「旅が終わって、日常に戻ってしまいますわ」  ピピルカお嬢様は、ただのアンポンタンの限界オタクだと思っていた。旅の終わりにセンチメンタルになる繊細な心を持ち合わせているとは思ってもいなかった。……いや、違うのか。オタクだからこその、センチメンタリズムなのかもしれない。  私にはわからない世界だ。  だが、とても良いものだと思った。  誰かを限界を超えてまで好きになる美しさを、少しだけ羨ましいと感じてしまった。  私も旅の終わりのセンチメンタリズムにやられてしまったのかもしれないな。 「…………ん?」  お嬢様の雰囲気に飲まれて思わず感傷に浸っていたが、あることに気づいた瞬間センチメンタリズムが一気に吹き飛んでしまった。 「お嬢様、明後日から地下都市(ガイアガルタ)へ聖地巡礼する予定ではなかったですか?」 「……」 「……」 「…………」 「…………」 「そうでしたわ!」  ポン! と手を叩いてお嬢様は満面の笑みを浮かべた。 「魔族や不死族、黒魔法使い達が集う地底の混沌楽園ガイアガルタ! いわく付きのお宝が多数出品される闇のマーケットで掘り出し物の勇者様グッズが手に入るかもしれませんわ! ワクワクが止まりませんわ~!」  先程までの切ない雰囲気はどこへやら……。いつもの限界なテンションでお嬢様ははしゃぎ始めた。  妙な安心感に私まで自然と笑みがこぼれてしまう。 「ガイアガルタではどんな勇者料理があるのか楽しみですわ! は~、おなかペコペコですわ!」 「出発時間ギリギリだったのでホテルの朝食あまり食べれませんでしたからね」  お嬢様が夜更かししすぎて寝坊したせいで。 「不死鳥のタマゴホットサンドを買ってありますので、お食べください」  バスケットからサンドイッチを取り出し、お嬢様に手渡した。 「わー! 流石メグリムですわ! さすメグ!」  保温の魔法がかけられた包装紙に包まれているため、出来立てアツアツだ。 「むしゃむしゃ、とっても美味しいですわ! むしゃむしゃ」  パンパンになるほど頬張りながらお嬢様は幸せそうな笑顔を見せた。まったく、御令嬢たるものもっと美しく食べてほしいものだ。……が、美味しそうな食べっぷりは見ていてとても気持ちがいいのも事実。  困った人だ、この人たらしのお嬢様は。 「五百年前むしゃむしゃ、世界を救い終わったむしゃむしゃ、勇者様と女神様は勇者様の世界へと旅立ったんですわむしゃむしゃ」 「食べるか喋るかどちらかにしてください」 「むしゃむしゃむしゃむしゃ……ごくん! ごちそうさまですわ!」  勇者流のごちそうさまのポーズを元気よくとり、お嬢様は笑う。 「いつか、わたしも勇者様の世界に聖地巡礼しに参りますわ!」 「は?」  それはつまり、異世界に転移するということ。そんな大魔法、星の女神アステラ以外に可能な者はこの世界には存在しない。  だのに、お嬢様は無邪気な子供のように夢を見る。 「その時は、メグリムもついてくるのですよ!」 「……」  やれやれ、まったくこの人はどこまでも。 「アンポンタンですね」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • キューコ(デンドロ)

    s.h.n

    ♡300pt 〇200pt 2020年11月13日 7時41分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    もっと読みたい!

    s.h.n

    2020年11月13日 7時41分

    キューコ(デンドロ)
  • うどん

    Yuiz

    2020年11月14日 15時27分

    s.h.n様、ありがとうございます!  もっと読みたいのスタンプとても嬉しいです!  次回は11/16月曜日、第二章 底都ガイアガルタ編を開始します! 混沌の地下都市でお嬢様の更なる限界突破、是非是非ご期待くださいませ! 新キャラも登場するかも――です!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年11月14日 15時27分

    うどん
  • 猫

    薔薇美

    ビビッと ♡500pt 〇10pt 2020年12月22日 21時06分

    《「わー! 流石メグリムですわ! さすメグ!」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    薔薇美

    2020年12月22日 21時06分

    猫
  • うどん

    Yuiz

    2020年12月23日 1時36分

    さすメグにビビッとありがとうございます!  第一章、ベルメリオ編見届けていただきありがとうございます!  次回は地下都市、ガイアガルタ編! 混沌の都市でお嬢様がまたもや大暴れです! ご期待くださいませ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年12月23日 1時36分

    うどん
  • れびゅにゃ~(茶トラ)

    千里志朗

    ♡200pt 〇2pt 2020年12月25日 16時25分

    あんな醜態晒しているのに、ちゃんと主従愛は存在している不思議で愉快なコンビ。さすメグで、さすピピでした。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    千里志朗

    2020年12月25日 16時25分

    れびゅにゃ~(茶トラ)
  • うどん

    Yuiz

    2020年12月27日 17時31分

    不思議で愉快なコンビ、とても嬉しいお言葉ありがとうございます!  さすメグ、さすピピ!  次回はガラリと雰囲気の異なる都市、ガイアガルタを訪れます! ご期待くださいませ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年12月27日 17時31分

    うどん
  • 女魔法使い

    ゆきうさぎ

    ♡1,100pt 2020年11月21日 9時58分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは期待

    ゆきうさぎ

    2020年11月21日 9時58分

    女魔法使い
  • うどん

    Yuiz

    2020年11月21日 17時09分

    ゆきうさぎ様、ありがとうございます!  第一章、見届けていただけて嬉しいです!  この先も更に更に盛り上げて参ります! 是非是非ご期待くださいませ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2020年11月21日 17時09分

    うどん
  • 猫

    karin

    ♡1,000pt 2021年1月4日 3時39分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいぞ、もっとやれ!

    karin

    2021年1月4日 3時39分

    猫
  • うどん

    Yuiz

    2021年1月5日 0時20分

    極炎の第一章、お読みいただきありがとうございます!  限界オタクなお嬢様と、毒舌だけど酷い目に合い続けるメイドの旅路、これからも是非是非ご堪能くださいませ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    Yuiz

    2021年1月5日 0時20分

    うどん

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私は必ず、お前を幸せにしてみせる。

    ♡265,400

    〇620

    異世界ファンタジー・連載中・76話・278,577字 桜乱捕り

    2021年1月16日更新

    生涯を共にすると決めた彼が二度死んでから、八十年もの月日が流れた。 彼を生き返らせる為に“迫害の地”へ逃げ込み、新薬、新たな魔法の開発をがむしゃらにし続けるも上手くいかず、全てに行き詰っていく。 喜怒哀楽の感情を無くし、薬の副作用で二十四歳の若さを保ったまま、八十年もの時を消費した魔女『アカシック・ファーストレディ』 そのアカシックは、要の薬草が切れたので採取をしに行くと、針葉樹林地帯で捨てられていた人間の赤ん坊と出会う。 二つ目の罪悪感を背負いたくないが為に捨て子を拾い、淡々とぶっきらぼうに育てていく魔女のアカシック。 そして捨て子を育てていく内に、不本意ながらも寄り添える者達が増え始め、独りだったアカシックの心境が徐々に変わっていく。 時には捨て子に励まされ。時にはウェアウルフに論され。時には黒龍に激励され。遠回りな道のりで新たな事を学び、忘れていた過去を思い出し、闇に堕ちていた心が少しずつ浄化され、失った感情を取り戻していく物語。 ぶっきらぼうで不器用な一人の魔女と、拾われた捨て子の一生の一部を。 毎週、水・土曜日に更新中。

  • もし脚本が現実になったら、君はどうする?

    ♡127,589

    〇1,185

    現代/青春ドラマ・連載中・49話・162,626字 永原はる

    2021年1月13日更新

    大学に入学したダンは、映画研究サークルの部室にて出会った美鈴先輩を、自らのヒロインに設定する。 彼女を籠絡せん、と決意するダンに、彼女は依頼を申し出る。その内容は、キャンパスの外れ、或る研究棟の一室に引きこもる「吾妻」という男から映画の脚本を受け取ってきて欲しい、というものだった。 しかしどうやら、それからダンのストーリーは大きく変わっていくことになる。 身の回りに起きる不可思議な出来事たち。それは、吾妻の脚本に記述された物語に酷似していた。 それらが意味すること。即ち。 彼の脚本が現実を改変させている、ということだった──。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る