現代/青春ドラマ 長編 完結済

アオハル・レボリューション(最終推敲中。第三章 『ねおの涙』まで整いました)

作者からの一言コメント

脆くて儚い青春と、色褪せない日常の日々

読了目安時間:9時間52分

総エピソード数:120話

アオハル・レボリューション(最終推敲中。第三章  『ねおの涙』まで整いました)の表紙

 中学一年の羽月瀬菜。幼なじみの水鳥川ねおと登校中、ある男子と出会う。瀬菜はその憧れの王子を想うあまりtwitterを開始。妄想の止まらない日々を送る。  中学校を卒業した瀬菜。王子こと天羽永遠(あまは とわ)が通う高校へ入学する。入学式が終わり、桜の木の下で幼なじみのねおを待った。突然同じ制服を着た男子が現れ瀬菜のスマホの内容を見る。担任の南部先生の紹介で転校生がやってきた。スマホを見た彼、新田詩音であった。  ある日。ねおと瀬菜は、ひょんなことから軽音部に行くようになる。しかし瀬菜のある言葉によって三年の朝日奈結月に初対面にもかかわらず、きつく言い返されてしまう。そこで結月は瀬菜に対して歌を歌ってほしいと突き付けた。  迷った瀬菜は詩音に相談し練習を開始。やがて音楽に夢中になっていく。次第に惹かれあう二人。そんな二人に、結月は新入生歓迎会で二人のライブを決めた。  軽音部に入部する、彼ら一人一人の日常は順風満帆ではなかった。夢を追いかけるも気持ちが焦り空回りしていく。 【登場人物】年齢は設定時   (女子) 羽月 瀬菜(はづき せな)1年15歳 水鳥川 ねお(みどりかわ ねお)1年15歳 天王寺 音(てんのうじ おと)1年15歳 綿瀬 歌音(わたせ かのん)1年15歳 羽月 結菜(はづき ゆな)3年17歳(瀬菜の姉) 天王寺 凛(てんのうじ りん)中学2年(ねおの妹) 藍野 椿(あいの つばき)2年16歳 (男子) 新田 詩音(あらた しおん)1年15歳 高大 澪央(こうだい れお)1年16歳 乙藤 律(おとふじ りつ)1年15歳 七海 奏汰(ななみ かなた)1年15歳 天羽 永遠(あまは とわ)3年17歳(瀬菜の憧れの先輩) 川澄 遥(かわすみ はるか)2年16歳(永遠の親友) 一色 陽向(いっしき ひなた)3年17歳(軽音部部長/エレキ担当) 鳴宮 響(なるみや きょう)3年17歳(軽音部副部長/ドラム担当) 朝日奈 結月(あさひな ゆづき)3年17歳(軽音部/ボーカル、作詞作曲) 南部 楽(なんぶ がく)教科担当/現代文、教師26歳

総エピソード数:120話

総エピソード数:120話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 アオハル・レボリューション(最終推敲中。第三章 『ねおの涙』まで整いました)
作者名 桜 透空
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 軽音部 高校生 部活 青春 アオハル 初恋 片想い 学園 バンド 先生 恋愛
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月28日 8時56分
最終投稿日 2022年6月16日 21時01分
完結日 2021年9月26日 11時49分
文字数 295,971文字
読了目安時間 9時間52分
総エピソード数 120話
ブックマーク登録 41件
コメント 304件
スタンプ 279件
ビビッと 105件
応援ポイント 428,000pt
ノベラポイント 5,090pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 灰色な君は

    お前には人の心は無いのか。

    22,648

    0


    2022年7月2日更新

    お前には人の心は無いのか。そう言われてから10年、少女は大人になっていた。 勤め先での異動、新たな出会い、過去との決着。 目まぐるしく変わる環境に藤代さんは何を思う? ※百合ですが男も登場します

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15時間32分

    この作品を読む

  • ありがとうまぁ兄…また逢おうね

    不幸に打ち勝ちながらも生きたある男の物語

    0

    0


    2022年7月1日更新

    『ありがとうまぁ兄…また逢おうね…』 眠った彼に掛けられた最期の言葉… わたしは彼に幾度も助けられ、尊敬し、 それがいつしか『愛』に変わっていき… 幼い頃に出逢い、血の繋がりなど関係ない… そんな4人の兄妹の物語。 児童養護施設で育った4人… それぞれ、親の愛を知らないものたちが… 家族の愛を育み、互いを支え合った。 その中でも長男のまぁやんは特別で 常に強くて、漢気があって、優しくて、温かくて… そんなまぁやんが、病魔に蝕まれ、余命宣告を受けた。 わたし達家族は、どんな事をしても、彼を助けたかった。 身体がきつく、痛みと闘う彼の癒しになりたかった。 だが彼は、自分のことよりも人の事を考えることは変えず。 最期まで、遺される人たちの事を考えて、想い、この世を去りました。 「みんな…ごめんな…そして…弟妹でいてくれて…ありがとう」 彼の最期の言葉を…何か形にして遺したい。 彼の人生を…色んな人に知ってもらいたい… そんな想いから、この処女作 『ありがとうまぁ兄…また逢おうね』 の執筆を始めました。 彼の生い立ちから…わたしたち家族それぞれの生き様まで 余す事なく綴ってゆきます。 生きる事の大切さを… 生きられる事の喜びを…

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る