恋愛/ラブコメ 短編 完結済

夢幻泡影

作者からの一言コメント

幻想的な風景は、火薬のにおいがした。

桜の舞う季節、私は一人の少年と出会った。 やがて縮まる二人の距離。 彼らの未来はどうなるのか。 隅田川近辺を舞台とした短編小説です。 【YOASOBI】東京、二人の波形 にエントリーしている作品になります。 monogataryさん、小説家になろうさん、にも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 夢幻泡影
作者名 秋山太郎
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 日常 青春 学生 短編 恋愛 神社 東京
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月20日 2時58分
最終投稿日 2020年8月20日 2時59分
文字数 9,066文字
ブックマーク登録 6件
コメント 4件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 20,100pt
ノベラポイント 650pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡55,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・52話・271,616字 普門院 ひかる

    2020年10月21日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

  • 秋よなコンにもエントリーします。

    ♡3,450

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・完結済・1話・529字 家鴨乃尾羽

    2020年10月21日更新

    再び、禁断の夜食グルメエッセイコンテストにエントリーします。そして、「食欲の秋」ですから、秋よなコンにもエントリーします。(またもや、表紙に海乃セイさん、挿絵にばにら。さん明月 藍空さんのイラストを借りてます。)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年10月25日更新

    「大っ嫌いです!付き合ってくださいっ!!」 まだ少し冷たい空気が漂う放課後。 俺は会話もしたことのない女の子に、大嫌いと言われ、そして何故か告白をされたのだった……。 その告白をきっかけに俺の義理の姉と妹が彼女のストーキングを始めちゃって……? そして俺の下す決断は……? 登場ヒロイン(?)紹介 「なんて言うか、まるで男性の象徴のようで……」 「良い方向に行くのか逆になるのかはわかりませんけど、それならば私はそこに居なくても良いんじゃないかって」 ちょっとアホなメガネ女子 ”タマ”こと『鏑木 玉三郎(かぶらぎたまさぶろう)』 ◆ 「あ、もういっそ、昔約束したみたいに私と結婚しちゃう?私、今は彼氏いないし、アルちゃんなら今でも全然OKだよ?」 「血が繋がってさえなければ大丈夫らしいよ?私、調べたし」 ストーキング姉妹の姉 ”アン”こと『桐原 アブリコット(きりはらあぶりこっと)』 ◆ 「この女は誰っ!?新キャラ!?」 「彼女残してひとりで彷徨くんじゃねーよっ!お前っ、一応タマ先輩の彼氏だろっ!?」 ストーキング姉妹の妹 ”チコ”こと『桐原 アンディーヴ(きりはらあんでぃーう゛)』 ◆ 「僕だってちゃんと女の子が好きなんだからね!」 「い、嫌だよ!そんな、こんなところでチ○コ出すなんて……」 推定男子 ”レオ”こと『由比 怜央成人(ゆいれおなるど)』 ◆ 「私はさ、自分に何かしらの見返りが無いと動けない人間だからさ。だからアルくんみたいな人って、やっぱりすごいと思っちゃうんだよね」 「やめてぇ~。私は平凡な人生歩みたいのー!」 パワー系女子にして出来る女 ”委員長”こと『佐藤 美咲(さとうみさき)』 ◆ 「多分キミの考えてるクリスだと思うよ!で、キミは?」 「またこういうふうに偶然会えたらステキだよね!」 ファッションモデルにして謎の女 ”クリス”こと『橋田 クリス(はしだくりす)』 主人公紹介 「そんなに俺の下半身に興味があるのなら犯罪にならない程度で出すぞ?」 「みんなには『急に腹こわしてうんこしてる』って言っといたから安心しろ、クリス」 仏頂面を超えた表情筋が死んでる系男子 ”アル”こと『山田 有真人(やまだあるしんど)』

  • モブ令嬢の旦那様は当て馬キャラだった

    ♡22,600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・120話・565,128字 獅東 諒

    2020年10月24日更新

    没落寸前の貴族、エヴィデンシア伯爵家の令嬢、フローラ。 彼女の旦那様は、美少女アドベンチャーゲーム『白竜の愛し子』で、主人公の攻略対象であるヒロイン達に節操なく言い寄り、どのルートをたどっても主人公やそのライバル達に叩きのめされ破滅する当て馬、グラードルだった。 そう、フローラはゲーム中で、名前と遠目の後ろ姿しか登場しないというモブ嫁だったのだ。 彼女は、この世界で貴族にはまず現れない、農奴のごとき茶色の瞳と髪色を持つ令嬢で、農奴娘と蔑まれる存在だった。 婚姻の儀の当日、伯爵位を得るためだけに、嫌々結婚することを了承したという初対面の結婚相手グラードルは、フローラを見て驚きの表情を浮かべると、不思議な響きの言葉で呟いた。 「『おいおいマジかよ。コイツこんなに可愛い嫁もらってたのにあんなことやってたのか? えっ……もしかしてこの世界って美的感覚が違うのか!? ちょっとソバカスがあるけど、かわいいよなこの娘』」 これは、農奴娘と蔑まれる没落寸前の貴族令嬢フローラが、前世の意識が甦ったという旦那様と共に、破滅の運命を乗り越え幸せな未来をつかみ取る……そんなお話。 ※小説家になろう様、アルファポリス様、カクヨム様、ノベルバ様にも同時掲載させて頂いております。