【完結】歪みの旋律~わたしが愛を知るまでのレッスン~

読了目安時間:7分

エピソード:1 / 47

序幕

piangendo~悲しげに~

 小さく呻く男をソファまで運び、理乃(りの)は窓を見た。薄曇りの空に茜色の夕陽が眩しい。 「酒……よこせ」 「もう十分酔ってます……上江(かみえ)さん、これ以上はだめです」 「お前、いつから俺に逆らえる立場になった?」  顔を歪ませ、短い赤毛をくしゃくしゃに掴みながら男――上江は言う。ニヒルな態度と言葉に理乃は悲しみを堪え、それでも黒髪のボブを左右に振って抵抗を示した。 「莉茉(りま)ならくれたぞ」 「……姉さんは少し上江さんに甘かったんです……」 「妹のお前と違ってな。莉茉は優しかった。優しくて、明るくて……双子でも大違いだ」  そんなこと、自分が一番わかっている。胸の疼きを溜息に変え、ソファに沈んでいく上江の様子に静かにキッチンへと向かった。ごみ箱やシンクは綺麗だ。ほとんど外食で済ませているのだろう、と推測し、冷蔵庫を開ける。 (姉さんが生きていたら、こんな上江さんを放っておきはしないよね……)  同時に、理乃と上江との関係が歪んでいることに悲しむだろうとも感じた。  冷蔵庫の中はほとんどが空だ。並ぶ酒の中にミネラルウォーターがあったから、ピッチャーとコップへ注いで上江の元へと戻る。  ガラス製の机にそれらを置いたとき、不意に腕を掴まれた。 「俺の名前を呼んでみろ」  虚ろな鳶色(とびいろ)の目が理乃を捕らえる。理乃は軽く眉を(ひそ)めてまた、頭を振る。上江が笑う。これ以上ないほど冷淡に、残忍に。 「隆哉(たかや)さん、って呼べよ。あの日みたいにまた抱いてやるから」 「放して下さい……もうあんなこと、したくないです」  は、と鼻でせせら笑う上江――隆哉に理乃は泣きそうになった。一夜の過ちを思い出して。急病で死んだ姉、その彼氏だった隆哉、二人とも理乃の憧れの人だった。 「莉茉の変わりにもなれないんだな、お前は。なんのためにその顔がある?」  そんな憧れの人に、罵詈(ばり)にも似た言葉を投げかけられていることが辛い。目頭が熱かった。窓からの逆光で顔が見えてなければいい、と思う。泣きそうな表情を見せてはだめだ。過ちで体を重ねた際、「泣き顔がそそる」と隆哉が言っていたことを思い出したから。  中腰になったまま手が離れるのを待つ。隆哉の瞼がどんどん落ちていくのと同時に、理乃の腕を掴んでいた力が緩まった。少しして、寝息が聞こえた。  ほっとしながら、理乃は腕を引き抜く。隆哉が起きる様子はなかった。テーブルの上にあるエアコンを操作し、風邪を引かないように冷たい室内へ暖房を入れる。  今は秋の中旬。北国の秋は寒い。隆哉が着ていたシュノーケルコートは玄関に脱ぎ捨てられていた。それを拾い、眠る隆哉の上にかける。 「莉茉……」  寝言で姉の名を呼ぶ隆哉に一抹の苦しさを覚え、理乃は小さく嘆息した。  半ば強引に体を貪られた際も、そうだ。隆哉は理乃の純潔を奪いながら莉茉の名を呼んでいた。これ以上なく悲しげに、辛そうに。  一日だけだが、姉の身代わりみたく男女の仲になったのは事実だった。以来、酒に溺れ始めた隆哉を介抱するのは理乃のルーティーンのようになっている。今日も行きつけのバーで酔っ払った隆哉に呼ばれ、仕事帰りに理乃が家まで彼を連れて来たのだ。  つっぱね、()ね除けられたらどんなに楽だろう。しかし兄のように慕い、それだけでなく隆哉のピアノに惚れている身としては、今の彼を看過できない。今はただの酔っ払いだが、隆哉は姉と同様、ミュンヘンの国際音楽コンクールでも入賞している天才だ。  所詮秀才止まりの自分とは違う。つくづく姉や隆哉との違いを突きつけられた気がして、大きく溜息をつきたい気持ちに駆られた。 「……お休みなさい、上江さん」  それすら姉を裏切った身としては許されない気がして、堪える。小さい声に反応はなく、眠る隆哉をそのままに理乃は部屋から出た。  足早にマンションを後にする。ネイビーのコートに吹き付ける風は冷たく、街路樹が黄色い葉っぱを揺らしていた。空はいつの間にか藍色になっており、周囲の明かりが眩しい。  幸い、と言えばいいのかわからないが、自宅は十分ほど歩いた近距離にある。表通りを通れば花屋やケーキ店、ドラッグストアなどの照明が煌々と光っていた。  いつもの風景に何も思わず、横断歩道を通り自宅へと急ぐ。冷えた風に熱かった目頭は乾いており、群青色のストールへ縮こまるように顔を埋めたそのときだ。  ビルの一角に、音楽教室ができていることに気付いた。確か数ヶ月前からテナント募集、とはあったけれど、今日オープンしたのだろうか。帰り道の途中ということもあり、否応なしに教室へ目が向いてしまう。  ローマ字で『宇甘(うかい)音楽教室』と書かれた看板があり、個人教室なのだと理解できた。  暖色系の照かりに包まれたロビー、受付と思しき場所の奥にあるアップライトピアノに釘付けになる。足を止め、ガラスに手を当ててピアノを見つめた。 (わたしがバイオリンをまた弾いたら、上江さんもピアノ、弾くようになるかな……)  隆哉はピアノでも、特にモーツァルトの曲が得意だった。過去を思い出してぼうっとする。理乃と姉の莉茉はバイオリンを習っており、三人でよく曲を奏でたものだ。二度と帰らない思い出に浸りつつ、表に貼られたポスターに視線をやる。  『レッスン生徒募集中。バイオリン、ピアノに興味のある方はぜひどうぞ』と書かれたシンプルなポスターで、住所と電話番号が記載されてあった。  理乃は二年、バイオリンに触れていない。姉が死んだときから今に至るまで、ずっと。隆哉もすっかりピアノから離れている。もし、理乃がバイオリンを姉のように弾けるようになったなら――隆哉も再び鍵盤に手を置くことがあるかもしれない。 「教室にご興味がありますか」 「えっ……」  不意に中から出てきた男性に声をかけられ、慌ててそちらを見た。  黒い切れ長の瞳に、焦げ茶色の髪。四角い眼鏡とスーツがよく似合う男だった。顔立ちは整っているが無表情で、どこか近寄りがたい雰囲気を漂わせている。年齢は三十過ぎ、といったところだろうか。見下ろされる形で問われ、理乃は顔をうつむかせた。 「いえ、見てただけです……」 「……あなた」 「はい……?」  切れ長の目が、何かを探るようにこちらを見てくる。しかし男は何も言わない。視線が痛く、理乃は軽く頭を下げた。 「た、ただ見てただけなんです……ごめんなさい」 「これを、よろしければ」  そのまま立ち去ろうとする自分へ、男は先程のポスターと名刺がクリップされたものを差し出してくる。つい受け取ってしまい、名刺に軽く目を通した。  名刺には『宇甘貞樹(さだき)』とあった。名前になぜか聞き覚えがあって、少し考える。  だが、思い出せなかった。唯一の取り柄は記憶力だというのに、珍しいこともあるものだ。誰かと混同しているのかもしれない、と考え、もう一度男――貞樹を見上げる。 「もし興味があるなら、一度お越し下さい。歓迎します」 「ありがとうございます……」  形式張った礼の言葉に、貞樹はなぜか微笑む。笑うと少し、雰囲気が柔和になる。けれど穏やかな笑みにつられることなく、理乃はもう一度頭を下げて貞樹の横を通り過ぎた。  手にしたポスターを丁寧に折りたたみ、肩掛け鞄に入れながら路地の角を曲がる。 (バイオリンが弾けたら、少しは上江さんもまともになってくれるかもしれない)  街灯のある道を歩きながら、ふとそんな希望を抱いた。  姉とは違って、自分には天賦(てんぶ)の才はない。海外のコンクールで入賞することもなく、今はライター会社の事務員として働いている。音楽大学へ入れてくれた両親にも顔向けできず、ここ二年、実家に帰省していないくらいだ。  一方の隆哉はホテル経営を中心に、リゾートの経営なども行う上江グループの次男坊。最近は貯金を切り崩して生活しているらしいが、彼もまた、莉茉の死以来、実家に戻っている様子はなかった。  『なんのためにその顔がある?』という隆哉の言葉が繰り返し、理乃の胸を締めつける。一卵性の双子で、姉とそっくりだったことがとても、辛い。姉の莉茉が夏の太陽のように明るい性格ならば、自分は冬の曇り空みたいに陰気で、その違いにも嘆くばかりだ。 (でも……もしかしたら……)  考えているうちにマンションの部屋に着いた。電気をつけ、パンプスとコートを脱いでソファに腰かける。鞄からポスターを取り出し、それを見つめながら考えた。 (わたし、上江さんのピアノ、もう一度聞きたい)  暖房を入れて冷えた体を温めつつ、寝室の扉に視線をやる。そこのクローゼットにあるバイオリン。実家から持ってきたそれは、手入れだけはこまめにしてある。 「……姉さん。わたし、バイオリン弾いていいかな……」  少しでも隆哉に元の生活を送ってもらえるならば――動機は不純かもしれないけれど、と思いながらポスターを撫でた。  自分の問いかけに答えるものなど、もういないとわかっていつつも。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ワイルド・ソルジャー

    男2人がタッグを組むバトルアクション

    338,404

    1,655


    2021年12月25日更新

    時は199X年。世界各地で戦争が行われ、終戦を迎えようとしていた。 世界は荒廃し、辺りは無法者で溢れかえっていた。 主人公のマティアス・マッカーサーは、かつては裕福な家庭で育ったが、戦争に巻き込まれて両親と弟を失い、その後傭兵となって生きてきた。 旅の途中、人間離れした強さを持つ大柄な軍人ハンニバル・クルーガーにスカウトされ、マティアスは軍人として活動することになる。 ハンニバルと共に任務をこなしていくうちに、冷徹で利己主義だったマティアスは利害を超えた友情を覚えていく。 世紀末の荒廃したアメリカを舞台にしたバトルファンタジー。 他の投稿サイトにも公開しています。 表紙イラスト:漆原 白様 LINEスタンプ販売中:https://store.line.me/stickershop/product/18589880/ja

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む

  • 【活動報告】絵描きで文字書きのきまぐれブログ

    みおゆの絵あり語りありの自由なブログです

    94,034

    532


    2022年9月26日更新

    作者みおゆが描いた自身の小説のキャラクターだったりのオリジナル作品イラストをたまに公開しています。自己満イラストブログ。 今回はこんな風に絵を描いた、自身のイラスト反省、日常の小話など書いています。 ふと立ち寄ったときに見てくれたら嬉しいです。 その他イラスト・今までのイラストまとめはpixivに公開。Twitterにて進歩・二次創作キャラも投稿しています。リンクはプロフィールへ! ちなみにこちら不定期更新です。作者のお絵かきのやる気と時間次第。 ☆気になったタイトルから読んで頂いて差し支えありません。 ☆2021年の振り返り回から読んで頂くと、作者がどんな奴か分かるかと思います。 ☆☆☆ 現在連載中の長編小説タイトル ・現代/その他ファンタジー長編小説:「異能部はようこそっ!【https://novelup.plus/story/791783616】」 ※2021.5.2:ノベプラオンリータグ外しました。(pixivに本記事掲載しているイラストを投稿した為)

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む