【完結】歪みの旋律~わたしが愛を知るまでのレッスン~

読了目安時間:7分

エピソード:34 / 47

第六幕 思いの旋律

6-1.O del mio amato ben~ああ、愛する人の~

 三階に到着した。廊下を歩いて行けば、すぐそこに理乃(りの)の部屋はある。  カチャリと鍵が開く音がして、三〇二号室の扉が開いた。そっと、伺うように理乃が(おもて)を出している。近付く貞樹(さだき)の姿を見てだろう、泣き笑いのような笑みを彼女は浮かべた。 「さ、貞樹さん。こんにちは」 「こんにちは。寒いでしょう、部屋に入っていて構いませんよ」  そういう間にも部屋の前へと辿り着く。ドアを開けられたままだったため、中に入っていいものだと解釈して玄関に足を運んだ。壁には丸い鏡、靴箱の上にはお洒落な形をした消臭剤が飾られている。 「これはお見舞いです。大したものはありませんが」 「あ、ありがとうございます」  灰色と紺色のスウェット姿を恥じているのか、理乃は控えめな所作で買い物袋を受け取った。うつむき加減の顔には化粧がなく、しかし素顔は実年齢よりも若く見える。 「熱は下がりましたか?」 「はい、おかげ様で。本当に微熱程度でしたから……あ、あのっ」 「なんでしょう」 「……お茶でも飲んでいきませんか? 外、寒かったと思いますし……よければ」  遠慮がちな提案に、貞樹は少し迷った。理乃に無理はさせたくないという思いがある。それに―― 「怖くはないのですか」 「え……?」 「私が、です」  理乃は目をまたたかせた。何を言われているのかわからない、といった顔つきで。少し困った笑いを浮かべ、彼女は首を横に振った。 「貞樹さんを怖いだなんて思ったこと、ないです」  紡がれた台詞に、貞樹は内心胸を撫で下ろす。彼女に嫌われたくない、という思いがある。無論、レッスンでは厳しく当たるつもりだ。しかしそれ以外で理乃の青白い、悲しみに満ちた顔は見たくはない。 「……では少しの間、お邪魔することにします」 「はい。部屋、散らかってますけど」  頷く理乃はちょっと嬉しそうだ。貞樹はその場で黒いコートと靴を脱ぎ、案内されるままリビングへ赴いた。  散らかっている、と言ってもゴミなどは散乱していない。ソファに座っていたのか、正面のテレビがついている。バラエティ番組が小さな音で流れていた。 「アールグレイで大丈夫ですか? あ、でも前と同じディンブラの方がいいかな……」 「前にも私は、この部屋に来たことがあるのですね」 「……一度だけですけど。あ、座って待っていて下さい」  キッチンに入った理乃が、なぜか頬を朱に染める。貞樹はうながされ、ソファの隅に腰かけた。だが、落ち着かない。軽症とはいえ動かせて大丈夫なのか、という懸念がある。 「やはり私がお茶を入れますよ。あなたは休んでいた方がいい」 「すぐに終わりますから平気です。もう平熱に戻りましたし」 「そうですか……無理はしないで下さい、本当に」  小さく「はい」と返事をする理乃を見て、貞樹は周囲へ視線をやった。  シンプルな作りの部屋に、やはり覚えがない。しかし清潔感のある室内に好感が持てた。近くのサイドボードには写真立てが飾られており、よく目をこらしてみると理乃とそっくりな顔を持つ女性が、理乃と一緒に笑っている。 (確か双子だと言っていましたね、亡くなったお姉さん……莉茉(りま)さんは)  写真をよく観察した。理乃とは違い、少し派手めな化粧を施した女性――莉茉の笑顔は快活そのものだ。自信に満ち溢れているのが写真だというのにわかる。一方の理乃も微笑みはあるが、奥ゆかしさが強調されている気がした。  一卵性と思しき二人はこんなにも違う。多分莉茉と出会っていても、ここまで心を揺さぶられなかっただろう。理乃だからこそ思いが募るのだ。 「貞樹さん? お茶、入りました」 「ああ……ありがとうございます。いただきます」  紅茶と共にカステラを出してくれた理乃は、貞樹と間を開けてソファに座った。その際、ふんわりとオードトワレ、そしてシャンプーか何かの甘い香りがして、貞樹は咄嗟に口を開く。 「プリン」 「えっ?」 「上江(かみえ)君がプリンを持ってくれたのではないのですか?」 「は、はい。でも、断りました。確かに好きなケーキ屋さんのでしたけど……貞樹さん、上江さんと会ったんですね」 「ええ、エントランスで。あなたがプリンにつられなくて、よかった」 「お、美味しいものは好きですけど……わたしだって馬鹿じゃないですから」 「ですがゼリーを持ってきた私を部屋に招いた。どうしてでしょう」  紅茶を飲みつつ意地悪く尋ねてみた。理乃は慌てふためき、その、とかあの、とか口ごもる。真っ赤になって縮こまった姿は、兎のように愛らしい。 「……貞樹さんだから、です……」 「おや、顔が赤いですよ。まだ熱があるのでは?」  言って、貞樹は腕を伸ばして理乃の額へ指を当てた。火照った額が冷たい手に心地いい。ひゃ、と小さく叫んだ彼女は、それでもされるがままだ。  ティーカップを置いて、理乃との距離を詰める。理乃は逃げる。また間を詰める。 「ど、どうして追いかけてくるんですか……」 「さて、なぜでしょう」  ついにソファの隅へ追いやられた理乃が、頬を染めたまま目をつむった。貞樹は無意識に笑みを浮かべ、彼女の額に手のひらを優しく押し付ける。 「やはり熱いですね。これも疲れの熱ですか?」 「……貞樹さんの意地悪」 「私がそうだということを、恋人のあなたなら知っていると思いましたが」 「さ、最近知ったんです……」  瞼と睫を震わせる理乃に、ますます愛しさが募る。  失った記憶の中――過去ではどう彼女に接していたのだろう。紳士的に振る舞っていたのだろうか。多分、そうだ。理乃は自分のことを優しいと評した。冷徹な自分がおかしくなるくらいに彼女へ焦がれていたはずだ。女神(ミューズ)と称するほどに。  そっと手のひらを移動させ、頬を撫でる。柔らかくて滑らかだ。吐息が漏れた。 (このまま全てを奪えたら)  熱情的な衝動に突き動かされ、縮こまる理乃の体を多少、乱暴に引き寄せる。胸部同士ががぶつかった。押し潰された彼女の胸の膨らみ、そこから伝わる脈は非常に速い。  なんの香りなのか、理乃から甘い匂いが立ち上る。芳しい甘さを吸い込むように頭頂へ顔を埋めた。 「あなたの匂いがします。甘くて、柔らかい……落ち着く香りが」 「シャ、シャワー浴びてないです……嗅がないで下さい」  離れようとする理乃を、両腕で閉じ込める。スウェットの上からでもわかる彼女の体の輪郭が、自分の理性を壊していった。抗いがたい興奮。頭の片隅で警鐘が鳴り響く。 「あなたを壊してしまいたい。私だけのことしか考えられないように」  肩に顎を乗せ、耳元でささやいた。凶暴なまでの思いに驚いたのか、びくりと理乃が四肢を震わせる。それに構わず理乃の耳朶を食み、すぐに首筋へ舌を這わせた。 「ん……」  鼻を鳴らす理乃の首元へ、(ついば)むように何度も何度もキスをした。吸い付いては所有の痣を残すために。彼女が自分のものだと主張するように。  愛撫の間、艶美な声音を理乃が漏らす。股間に血が集中する。もっとほしいと本能が牙を剥く。  空白の期間、抜け落ちた過去の自分は、彼女へ欲を吐き出していたのだろうか。隆哉(たかや)は彼女の痴態を知っているのだろうか。乱れきった、艶やかな肢体を貪ったことがあるのだろうか―― 「さ、貞樹さん。だめ」 「……ああ……そうですね」  制止の声で我に返る。どうしようもなくなった愛情と性欲を持て余し、ただ、理乃を強く抱き締めた。しかし彼女の腕が背中に回されることはない。  一抹の寂しさを感じながら体を離すと、理乃は相変わらず顔を赤くしながら小さくなっている。怯えさせてしまったな、と貞樹は苦笑した。 「すみません。つい、やり過ぎてしまいました」 「い、いえ……」  恥ずかしそうに顔を背ける様子に、少し考える。  この様子だと、まだ体を重ねる一線は越えていないようだ。口付けくらいはしたかもしれないが。今はまだ、それでいい。ゆっくり、じんわりと糸で絡めとるように理乃の全てを奪っていこうと決意する。 「そろそろ私はおいとまします。十分な休養をとって下さいね」 「はい。ありがとうございます……貞樹さん」  面を上げた理乃が、はにかむ。そのあどけない顔が淫らに歪む姿を想起し、脳裏の隅へと追い払った。  紳士のふりをしながら、貞樹はいつか――いや、近いうちに必ず、理乃をこの手にしようと決める。  その時には自分の体に、彼女の手が触れてくれることを信じて。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕(芋かりんとう)と、怖い顔のおじさん!

    何とも、摩訶不思議な芋かりんとうの君の話

    53,000

    41


    2022年4月4日更新

    試食、対面、移動販売の個人事業を営む主人公のおじさんの第二の人生と呼ばれる年齢できた『モテ期』の人生模様をコミカルに描いた物語。 50歳を過ぎたおじさんと未亡人。JK少女、女子大生、バツイチお姉様とのラブコメ・恋愛をお菓子の精霊達の視線、視点から見た。確認をした物語で御座います。 西日本では有名な芋かりんとう君、全国では余り知られていない? と、言った事実も……。と、言うことで、自分自身のアピールと。どこが本当の名産地なのかをかけて、四国は土佐、愛媛……。九州は鹿児島、宮崎県とで……。あっ、そう言えば? 広島県にもありました。 それと、筆者が35年以上続けてきた販売、仲卸業で、取り扱いそした商品アイテムの案内もしていきますね。 中には世の出なかった珍しいお菓子の話しや今普通に定番にある商品なども多分? 筆者達が日本で一番最初に販売をした物なども機会があれば説明しますね。と、説明をした所で。 そんな芋かりんとう君なのだが。いつも自分自身を試食販売している怖い顔をした独身中年男性と、二人で商いを頑張る日々を過ごしていたのですが。そんな芋かりんとう君の主であり。販売者であるおじさんには実は? 自身が思いを寄せる女性がいるのだが。彼女には……。 まあ、そんな禁断の恋に溺れることなくおじさんはマイペースで商いを続ける人生を送っているのだが。そんなおじさんが? 芋かりんとう君達お菓子の精霊達は心配……。 まあ、とにかく? 芋かりんとう君達駄菓子・豆菓子・珍味・ドライフルーツ達の視点から、おじさんの恋と商いを見学させてもらうコミカルなラブコメ・恋愛・日常・商い日和のお話でございます。 筆者が昭和の時代から三十年以上続けてきた販売。小売り。仲卸業を終始したので、今迄の経験を簡易的に物語にしながら説明をしていきますね。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間22分

    この作品を読む

  • ラブ×リープ×ループ!

    毎日18:00更新!・1話約1500文字

    30,450

    95


    2022年9月26日更新

    【毎日18:00更新!・1話1500文字程度でサクサク読めちゃう!】 40歳独身、童貞。鬱に苦しみ間もなく自動退職寸前のゲーム会社勤務の主人公・古ノ森健太。 どんづまりの彼のスマホを鳴らしたのは、中学・高校時代の親友だった渋田だった。 「今度の同窓会、来るよね?」 「……は?」 不本意ながら参加した中学2年の同窓会。実に26年ぶりの再会だが、ひたすら憂鬱で苦痛だった。そこに遅れて姿を現したのは、当時絶大な人気を誇っていた学年1、2を争う美少女・上ノ原広子。だが、その姿は見る影もなく、おまけにひどく酔っぱらっていた。彼女の酔いを醒ましてくる、と逃げ出す口実を見つけた健太は広子を担いで裏手にある神社へと足を進める。 ご近所さんで幼馴染み。また兄貴分でもあり師匠でもあった広子。それがなぜ……? 二人は互いの恵まれない境遇について話すうち意気投合するものの、つい広子が漏らした一言でもみ合いに発展し、神社の石段から転げ落ちてしまう。 「………………これ、マジ?」 そして、気がつけばそこは、中学二年の始業式の朝だったのだ。 こうなったら、ターニングポイントになったこの一年間をやり直し、ついでに憧れのあの子と付き合って、人生の勝ち組になってやる! 見た目は多感な中学生、中身は40男(童貞)、タイムリープでチャンスを手にした主人公の、ノスタルジック・ラブコメディー開幕!

    読了目安時間:19時間5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 「魔力0のお前を追放する!」 魔力0の貴族の三男ノアは家族から『無能』と蔑まれていた。そして16歳の時に授かった女神様からの祝福である能力は『空気が読める』だった。 魔法が全てであるこの国において魔力0の上、魔法とは全く関係がない能力を授かったノア。ノアの父親は冷たくノアに追放を宣言する。 だが、彼の幼馴染のリリーは彼と一緒についていくとノアに希望を与えてくれた。貧しくとも幸せな未来がある筈だった。しかし、外道のノアの兄2人はそれを知りリリーを目の前で穢した上、殺してしまう。そして、その罪まで着せられて最果てのダンジョンの奥地への追放刑にされる。 憎い。憎い。憎い! リリーを殺した上、冤罪まで押し付けた家族をこの手で殺してやりたい! しかし、魔法を使えないノアに待っているのは死しかない。 だが、 『力が欲しいか?』 突然目の前の空気に文字が現れた。そして宙に現れた文字を読むと。 『我が剣は無限なり。我が剣は輝く閃光、我が剣に勝るものなし!』 空気を読むと身体能力が爆発的に上がった。そして最果てのダンジョンを次々と踏破してい行きレベルやスキルをサクサク上げていく。 もちろん、ダンジョンを出た後のノアの善行によって、勝手に実家は没落し、ついに兄と父親への復讐を果たすこともできる。 これは剣が無い魔法の世界で主人公がサクサク強くなっていく、爽快感あふれる追放、復讐ストーリーです。 ざまぁ回はエピソード40話以降です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む

  • 【活動報告】絵描きで文字書きのきまぐれブログ

    みおゆの絵あり語りありの自由なブログです

    94,034

    532


    2022年9月26日更新

    作者みおゆが描いた自身の小説のキャラクターだったりのオリジナル作品イラストをたまに公開しています。自己満イラストブログ。 今回はこんな風に絵を描いた、自身のイラスト反省、日常の小話など書いています。 ふと立ち寄ったときに見てくれたら嬉しいです。 その他イラスト・今までのイラストまとめはpixivに公開。Twitterにて進歩・二次創作キャラも投稿しています。リンクはプロフィールへ! ちなみにこちら不定期更新です。作者のお絵かきのやる気と時間次第。 ☆気になったタイトルから読んで頂いて差し支えありません。 ☆2021年の振り返り回から読んで頂くと、作者がどんな奴か分かるかと思います。 ☆☆☆ 現在連載中の長編小説タイトル ・現代/その他ファンタジー長編小説:「異能部はようこそっ!【https://novelup.plus/story/791783616】」 ※2021.5.2:ノベプラオンリータグ外しました。(pixivに本記事掲載しているイラストを投稿した為)

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む