【完結】歪みの旋律~わたしが愛を知るまでのレッスン~

読了目安時間:6分

エピソード:8 / 47

1-7.furore~激情~

 器用に片眉を跳ね上げた隆哉(たかや)が、苦み走った表情でこちらを見ている。視線と小雨の冷たさに、理乃(りの)はその場に釘付けになった。 「俺からの連絡を無視するとはいい度胸だ」 「あ……」  言われて初めて、スマートフォンの電源を落としていたことにはっとする。コンサートへ行った時にマナーとして電源を切り、そのままにしていたのだ。 「ご、ごめんなさい、上江(かみえ)さん。わたし……」 「それしか言えないもんな、お前は。謝罪なんて聞き飽きてる」  隆哉が鼻で笑い、唇を歪めた。酔っているのだろうか、それとも何か用事があったのか。いや、と理乃の頭は真っ白になる。スマートフォンの確認、隆哉からの呼び出し、無視。そんな単語が並んでは消え、考えることすらできない。  困り果てて動けない理乃へ、隆哉が大股で近付いてくる。強い力で腕を掴まれた。 「いいからお前の部屋に上げろ。待ちくたびれた」 「あの、わたし」  明らかに不機嫌で、傲慢な態度。そんな様子の隆哉に見下ろされ、理乃はただうろたえる。不意に、隆哉の視線が紙袋へと注がれた。 「……バイオリン、だと?」  しまった、と思った時には遅い。腕を掴んでくる力がより強くなり、痛みに顔が歪む。 「なんでお前がバイオリンを持ってる! 莉茉(りま)のことを忘れたのかっ」  怒鳴られ、体が硬直した。口から何も出てこなかった。泣いちゃだめだ、とそればかり考えてしまい、ただ首を横に振った直後だ。 「やめなさい、みっともない」  車の扉が開く音と、教室で聞いた鋼にも似た強い声音が背後からした。怖々と振り向く。車から降りた貞樹(さだき)が、これまで以上に厳しい眼差しでこちらを見つめていた。 「近所迷惑ですよ。それに、女性へ乱暴を働くのはよろしくない」 「……お前。確かコンクールの……宇甘(うかい)か」 「おや、覚えて下さっていたんですね、上江隆哉さん。それより私の大事な生徒から離れてもらいましょうか」 「生徒? こいつが、お前の?」  どこか愕然とした様子の隆哉は、目を見開いて理乃と貞樹を交互に見る。しかしそれも一瞬だ。は、と嘲笑し、馬鹿にしきった笑い声を上げた。 「なんだお前、ガキどもの講師に成り下がったのか? 笑えるな」 「あなたには関係ないことです。それより彼女を放しなさい。痛がっているでしょう」 「黙れ。宇甘、お前には関係ない話だ」 「いいえ、見過ごせません。彼女は物ではない」  一歩も引き下がらない貞樹に苛ついたのだろう。隆哉は理乃を突き飛ばすように振り払い、貞樹の元へと歩いていく。 「か、上江さん、やめて」  たたらを踏んだ理乃の制止も意味をなさない。車の後ろで二人が対峙する。  長躯の二人はほぼ同じ背丈だ。思いきり苦々しい顔をした隆哉と、冷めた面をしている貞樹。二人の間、いや、理乃を含めた三人の間に緊張が流れる。 「俺があいつをどう扱おうが、お前の知ったことじゃないだろ」  口火を切ったのは隆哉だ。眼鏡を押し上げた貞樹が、首を傾げた。 「何をそんなに怯えているんですか」 「なんだと?」 「私にはそう見えますので。子どもは果たしてどちらなんでしょう」  貞樹が不敵に笑う。隆哉が刹那、寂しげな顔を作ったように理乃には見えた。 「何も知らないで……偉そうにしやがって」 「本当のことを言ったまでですよ。酔っ払って女性に絡むだなんて、大の大人が情けない」 「この……っ!」 「上江さん、だめ!」  激昂した隆哉が拳を貞樹へ振るう。理乃が叫ぶのと、貞樹がそれを片手で受け止めるのは同時だった。手を握り、貞樹がこれ見よがしに溜息をつく。 「今度は暴力ですか。やはり彼女をあなたに渡すわけにはいかないですね」 「お前、いい加減に……」 「酔っ払いに構っている暇はありません。車に戻って下さい……理乃」  貞樹が誰のことを呼んだのか、理乃は一瞬わからなかった。隆哉の拳をふり払う貞樹が横目でこちらを見てくる。 「理乃、大事なバイオリンが濡れてしまいますよ」 「あ……」  理乃はためらった。酔った隆哉を介抱するのは、いつも自分の役目だと思っていたから。けれど今日は、どうしてもそんな気分になれない。  逡巡したのち、逃げるように車へ乗った。隆哉の顔をまともに見られない。莉茉のことを思い出しそうで、嫌だった。  隆哉を軽くいなした貞樹が運転席に戻ってくる。バックミラーに映る隆哉が、雨の中、呆然と理乃たちを見ているのがわかった。 「少し飛ばします」  車は急速に走り出す。すっかり濡れた二人を乗せて。隆哉が何かを叫んだ気がするが、水たまりの音でかき消される。 (置いて……いった……わたしが、上江さんを置いて……)  角を曲がったところで、完全に隆哉の姿は見えなくなった。独りにさせたという事実が急激に、現実味を帯びて理乃の胸を締めつける。雨に塗れた紙袋を抱き、体を震わせた。 「……怖かったでしょう」  違う、と貞樹の声に小さく頭を振る。自分の行動が信じられなかった。普段なら、何を言われても隆哉の相手をしていただろう。罵詈を浴びせられても、皮肉な態度を取られても、独りぼっちの彼を見捨てられなかったから。  けれど―― 「わたし、わたし……」  姉と比べられたくなかった。自分に莉茉を投影してほしくなかった。醜い自分が顔を覗かせたようで、情けなくて泣きそうになる。  未だ死者を愛する隆哉。隆哉に思慕の念を抱いている自分。歪んで爛れきった関係だ。歪な思いはしこりとなり、胸の奥に沈殿していく。全身が重く、目の前が暗い。雨に打たれた以上の寒気が、堪えきれないほどの震えを全身にもたらした。 「上江君に、今まで暴力を振るわれたことはありますか」  黙ってまた、首を横に振る。思い出してはならない一夜の関係――強引に押し倒された記憶が頭の片隅によぎったけれど、あれは事故のようなものだ。口にする気もない。  二年前の夜、それ以上一線を越えないように細心の注意を払ってきた。隆哉が強引に腕を掴んだりしてきたことはあるが、体を交えたのは一度だけ。殴られたりしたことはない。 「それならいいんです。いや、よくはありませんね。あなたと上江君がどのような関係性であれ、あのような態度をとられて怒りはわいてきませんか」 「怒り……」  そんなもの、と唇が歪んだ気がした。姉の代わりになれない自分が、持ってはならない気がして。 「……あなたは優しすぎる」  少し走ったところで車が止まった。貞樹の声が、やけに大きく響いた。 「優しくなんて、ありません……馬鹿なだけです」  雨粒が大きくなる。車のボディを叩く雨音につられ、理乃は自嘲気味に笑った。  貞樹は何も言わない。スマートフォンを取りだし、何か操作をしてからまた、車を走らせる。 「宇甘さん、もうこの辺で……」 「結構走ってしまいました。今から帰れば、バイオリンもあなたも雨に当たるでしょう。それに私は、彼のような人間にあなたを預けられない」 「違うんです。上江さんは、本当は」 「そのままでは風邪を引きますね。今から私の家に向かいます」  理乃の言葉を遮り、貞樹がなんてこともないように言った。 「……家?」 「体を温め、バイオリンの確認をしなければいけないでしょうから」  ゆっくり、理乃はうつむかせていた顔を上げる。男性の家に上がるなんて真似は、隆哉以外にしたことがない。しかし馬鹿でも、鈍感でもわかる。女性が夜に男性の家へ向かうという意味合いが何を指すのかを。 「ご安心を。あなたに野蛮な真似をするほど飢えてはいません。信頼、とまではいかないまでも、せめて信用くらいはして下さい」  いつもだったら警戒していた。拒絶もしていたはずだ。だが、疲れた。反論するのも身の危険を案ずることも考えられないくらいには。  そんな心身に、貞樹の言葉はとても優しく染み渡る。甘い誘惑だ。振り切ることができない自分は、きっと世界中の誰より間抜けだろう。  何も答えない理乃の無言を肯定と取ったのか、貞樹は容赦なく車のスピードを上げた。  街灯も、店の明かりも、今の理乃には入ってこなかった。暗闇だけが、そこにある。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    1,430,520

    310,879


    2022年9月25日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第4章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:24時間7分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏み込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む