【完結】歪みの旋律~わたしが愛を知るまでのレッスン~

読了目安時間:7分

エピソード:37 / 47

6-4.Liebesfreud~愛の喜び~

 デート当日。貞樹(さだき)はストライプ柄、グレーのスーツに身を包んでいた。一方の理乃(りの)は、写真と同じく瑠璃色の総レースドレスと低いパンプス。薄い化粧は変わらないが、着飾った彼女は、普段よりも遙かに美しく貞樹の目に映った。 「たくさん食べちゃいました……」 「美味しかったですね。肉も柔らかかった」  夜景を見ながら上の階で食事を終え、今は一階にある専用のクラブラウンジにいる。橙の電灯に観葉植物。洒落た内装は、落ち着きと大人の空間を醸し出していた。 「本当にごちそうさまです、貞樹さん」 「いいえ。あなたが喜んで下さるのなら安いものですよ」  腹へ手をやる理乃の言葉に、貞樹は薄く笑んだ。ウイスキーを一口飲みながら。  貞樹はベンロマックの十年ものを、理乃はグレープフルーツジュースを使った特別なソルティドッグをそれぞれ注文している。  琥珀色の液体を香りと共に味わいながら、貞樹は用意していたネックレスの袋をテーブルの上に載せた。 「誕生日おめでとうございます。これは私からの贈り物です」 「え……で、でも前にオードトワレをいただきました」 「それは記憶にないものですから。きちんと、今の私からあなたに贈りたいのです」 「……いただいても、いいんでしょうか?」 「ええ。あなたのためにと買いました。気に入って下されば嬉しいのですが」 「ありがとうございます、凄く嬉しい……」  酔っているのか興奮のためか、理乃の頬は紅潮している。どうぞ、と開けることを勧めた。頷いた彼女は、丁寧な手つきで中の箱を手に取る。群青色の箱から現れたのは、八ミリサイズの真珠のネックレスだ。  理乃は驚いたように目をまたたかせ、ネックレスと貞樹を交互に見た。 「こ、こんな高そうなもの、いいんですか? 本当に」 「構いませんよ。そのドレスに似合うものをと思いまして。気に入りましたか?」 「はい……綺麗。ちゃんとわたし、貞樹さんのお誕生日にお返し、しますね」  箱を握り、泣き笑いのような顔で彼女は言う。返答の代わりに貞樹はふむ、と一つ呟くと、ウイスキーのグラスを置いて椅子へと背中を預けた。 「お返しですが。二つほどいただきたいものがあります」 「なんですか? わたしに返せるものだといいんですけど……」  理乃が箱を袋に戻すのを見計らい、眼鏡を押し上げる。 「一つは、あなたがまだ、今の私に言っていないこと全て……あなたと上江(かみえ)君との関係、私との本当の関係を教えていただきたい」 「あ……」  理乃の顔に(かげ)りが帯びた。不安と、怯え。きゅっと唇を噛みしめ、顔を背ける彼女は辛そうだ。目をつむり、何かを思案している。だが、何かを決意したように小さく頷くと、再び瞼を開けた。視線が合う。 「……話します」  真摯な声で、理乃はぽつり、ぽつりと、ゆっくりだが全てのことを話してくれた。  隆哉(たかや)と姉の莉茉(りま)の関係。彼女が抱いていた尊敬と思慕の念。彼に体を許した過ち。隆哉からの告白。そして、貞樹との関係性――「恋人のふり」をしていたことを。  全てを聞かされ、理解し、納得できた。 「なるほど。だから上江君は、私とあなたがまだ恋人関係にないと言ったのか……」 「はい……お墓参りの時に、上江さんに会ったんです。その時にわたし、上江さんに貞樹さんとのことも暴露しました」 「上江君に告白された、とあなたは言いましたが、どう返答を?」 「気持ちだけは受け取りましたけど……優しさは毒だ、って前に貞樹さんが言っていたので。はっきり、断ってます」 「それでもまだ諦めていませんよ、彼は」 「さ、貞樹さんだって永納(ながの)さんに告白されてます。諦めない、らしいです……」  しゅんとした様子で、理乃は膝へ置いた手に力を込める。貞樹は口角をつり上げ、静かに拳へ片手を重ねた。 「私はあなたに告白した。それは間違いないですね?」 「は、はい……」 「では、その返事をいただきましょう。あなたの口から、はっきりと聞かせて下さい」  理乃はうつむく。何度か口を開閉させたのち、頬を染めながら面を上げた。そして、微笑む。うっとりとした、いつもとは違う愛に溢れた笑みだ。 「好きです。わたしは……わたしも、貞樹さんのことが好きです」  ああ、と貞樹は吐息を漏らす。心臓が跳ね上がるのを感じた。手から伝わる温もり、柔らかなソプラノの声で紡がれた、告白。そのどれもが全身に血を巡らせる。 「だから、その、ふりはもう……やめて、下さい」 「……今の私には記憶がありません。薬で抑えられているとはいえ、苛つくことも多くなりました。そんな私でも構いませんか?」  意地悪い、しかし真剣な問いかけに、それでも理乃は嬉しそうに頷いた。 「私は、これからも貞樹さんと一緒に歩いて行きたいです。み、未熟な部分もあります。でも、わたしが貞樹さんの支えになりたいんです」  どこまでも奥ゆかしく、それでいて暖かい答えに、自然と微笑みが浮かぶ。 「私もあなたを愛しています。記憶になくても、あなたに抱いた思いは本物です。あなたに支えられて歩く道程は、きっと素晴らしいものになるでしょうね」  手をとり、指を絡めた。アルコールのせいもあるのか、熱い。だがそれすら愛おしい。 「さて、もう一つをいただきたいのですが」 「は、はい。なんですか?」 「今夜、あなたを抱いてもいいですか。理乃」  ささやきに、理乃が目を見開く。呆けたような表情を作り、それから照れたのか(おもて)を真っ赤にして微笑を浮かべた。 「……貞樹さん。記憶を失ってから初めて名前、呼んでくれました」 「ようやく気持ちの整理がついたので。いつも独り言では呼んでいるのですが」 「わたし……わたしで、いいなら。貞樹さんが求めてくれるなら、わたし……」  口ごもりながら小さく呟く彼女へ、貞樹は心からの笑みを浮かべる。他の誰を求めるというのだろう。ほしいのは、手にしたいのは理乃だけだ。 「部屋に行きましょう。ああ……その、申し訳ない、余裕がなくて」  理乃が笑い声を零した。繋いだ手を愛おしそうに見つめ、今度ははっきり首肯する。  手をそのままに、互いにコートや荷物を持って立ち上がった。貞樹の心臓は今にも破裂しそうなほど脈打っている。自分でこうだ。理乃はもっと緊張しているに違いない。  フロントを横切り、エレベーターで二十一階、スイートの部屋へと向かう。  室内へ二人で入る。中央には灰色と青を基調としたソファがあった。茶色の机にある白いメッセージカードを見つけた理乃が、ネックレスの袋を置いてそれを手にする。 「お祝いのカード……これ、持って帰ってもいいですか?」 「ええ、どうぞ。理乃、コートを」 「あ、ありがとうございます」  クローゼットに自分のコートとジャケット、理乃のコートを掛け、袋にカードを入れる彼女の背後へと近寄る。そのまま、壊れ物を扱うように小さな体を後ろから抱き締めた。柔らかく、温かな肢体。腕に当たる胸の膨らみ。どれもが愛おしくてたまらない。 「……理乃」  肩を掴み、そっと振り向かせた。理乃がこちらの胸板へと手を添え、潤んだ瞳で見上げてくる。微笑には愁いがない。ずっと、その優しい笑顔がほしかった。  逃がさない――獰猛な思いを隠し、静かに唇を重ねる。柔らかな感触で、甘い。芳しい香りが理乃から立ち上った瞬間、貞樹の理性は消え失せた。  唇から口腔までを舌で蹂躙する。荒い息遣いが部屋に響く。  回した手で背中にある留め金を外し、ドレスのファスナーを降ろした。全身を震わせ、荒々しい口付けに応えていた理乃が、一瞬慌てたように体を離す。その隙を突き、ドレスを床へと落とした。薄青の下着に包まれた肌が露わになる。 「さ、貞樹さん。待って、お風呂」 「待ちません。逃げられないと思って下さい」 「そんな、んっ……」  戸惑う理乃をもう一度抱き締め、キスをした。深く、情熱的なディープキスを。次第に理乃の顔が蕩けていく。四肢から力が抜けたのを見計らい、耳朶を食み、輪郭を舐めて首筋へと進む。  今まで以上に強く吸い付いた。所有の証拠を残すために。理乃が甘い喘ぎを漏らす。 「理乃。理乃……私の、理乃」  たゆたう香り。官能的な悶え声。滑らかな肌。どれもが自分のものだ。血が、欲が(たぎ)る。  紳士の真似などできそうにない。凶悪なまでの衝動に身を委ね、理乃をベッドに押し倒すようにいざなう。  ――そして貞樹は、理乃の体に溺れた。二人でどこまでも溶け合う。何度も欲を放つ。同時に理乃を法悦の頂きへと導く。愛をささやきながら。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【活動報告】絵描きで文字書きのきまぐれブログ

    みおゆの絵あり語りありの自由なブログです

    94,034

    532


    2022年9月26日更新

    作者みおゆが描いた自身の小説のキャラクターだったりのオリジナル作品イラストをたまに公開しています。自己満イラストブログ。 今回はこんな風に絵を描いた、自身のイラスト反省、日常の小話など書いています。 ふと立ち寄ったときに見てくれたら嬉しいです。 その他イラスト・今までのイラストまとめはpixivに公開。Twitterにて進歩・二次創作キャラも投稿しています。リンクはプロフィールへ! ちなみにこちら不定期更新です。作者のお絵かきのやる気と時間次第。 ☆気になったタイトルから読んで頂いて差し支えありません。 ☆2021年の振り返り回から読んで頂くと、作者がどんな奴か分かるかと思います。 ☆☆☆ 現在連載中の長編小説タイトル ・現代/その他ファンタジー長編小説:「異能部はようこそっ!【https://novelup.plus/story/791783616】」 ※2021.5.2:ノベプラオンリータグ外しました。(pixivに本記事掲載しているイラストを投稿した為)

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む

  • ワイルド・ソルジャー

    男2人がタッグを組むバトルアクション

    338,404

    1,655


    2021年12月25日更新

    時は199X年。世界各地で戦争が行われ、終戦を迎えようとしていた。 世界は荒廃し、辺りは無法者で溢れかえっていた。 主人公のマティアス・マッカーサーは、かつては裕福な家庭で育ったが、戦争に巻き込まれて両親と弟を失い、その後傭兵となって生きてきた。 旅の途中、人間離れした強さを持つ大柄な軍人ハンニバル・クルーガーにスカウトされ、マティアスは軍人として活動することになる。 ハンニバルと共に任務をこなしていくうちに、冷徹で利己主義だったマティアスは利害を超えた友情を覚えていく。 世紀末の荒廃したアメリカを舞台にしたバトルファンタジー。 他の投稿サイトにも公開しています。 表紙イラスト:漆原 白様 LINEスタンプ販売中:https://store.line.me/stickershop/product/18589880/ja

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む