現代/その他ファンタジー 長編 連載中

相反する白と黒

作者からの一言コメント

平和を謳う政府に、たった二人で抗え。

読了目安時間:3時間43分

総エピソード数:38話

相反する白と黒の表紙

日本という呼称がされなくなった時代、過去の過ちを繰り返すように政府の独裁体制が敷かれていた。 四咲 詩音《よつさき しおん》、十八歳。 反政府思想を掲げる一人の少女。五年前に政府に勤めていた両親が殺められ、それ以降、事件の真相を追い政府へのアンチテーゼを示し続ける。 ある日、詩音が一人の女性からの依頼遂行へと向かう最中、黒瀬 來奈《くろせ らな》と名乗る十八歳の少女に声を掛けられた。 彼女もまた政府に対する強い憎しみを抱いており、その目的は政府の息が掛かった者を皆殺しにすることだった。來奈には十三歳から十四歳に至るまでの記憶が無く、自身の中から抜け落ちた空白の一年に苦しんでいた。 政府に牙を剥く二人に立ち塞がるのは、政府直属掃討部隊レイスと呼ばれる武闘派集団。国の平和を謳う政府と反政府を掲げる二人。相反する思想を抱く双方が幾度と無く衝突する。 五年前の真相を知る為に政府と戦う詩音。 政府の連中を皆殺しにする為に戦う來奈。 たった二人で抗う彼女達は、先ず、政府が秘密裏に開発を進める違法麻薬『促進剤』についての情報を追う。皮肉にも、違法麻薬の真実が二人の過去へと繋がるとも知らずに。 大切だった存在は今、憎むべき存在へと変わる。 此れは──相反する白と黒。決して交じり合って灰色にはなれない物語。

総エピソード数:38話

作品情報

作品名 相反する白と黒
作者名 葵(あおい)
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス ほのぼの ダーク アクション/バトル 女主人公 日常 異能 ダークファンタジー ハーレム無し チート無し 微百合 ファンタジー 現代世界 第3回HJ大賞
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2021年9月30日 21時17分
最終投稿日 2022年12月4日 22時56分
完結日 -
文字数 111,386文字
読了目安時間 3時間43分
総エピソード数 38話
ブックマーク登録 49件
コメント 78件
スタンプ 368件
ビビッと 35件
応援ポイント 411,250pt
ノベラポイント 6,830pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 14 Glück

    ベルリンのカフェで百合をする話。

    61,700

    0


    2023年2月6日更新

    ドイツ、ベルリンはテンペルホーフ=シェーネベルク区。 『森』を意味する一軒のカフェ。 そこで働くアニエルカ・スピラは、紅茶を愛するトラブルメーカー。 気の合う仲間と、今日も労働に汗を流す。 しかし、そこへ面接希望でやってきた美少女、ユリアーネ・クロイツァーの存在が『森』の行く末を大きく捻じ曲げて行く。 勢い全振りの紅茶談義を、熱いうちに。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • 龍の狩人/Hau da zahelnoa

    血煙あがるダークファンタジー

    20,950

    100


    2023年2月6日更新

    その夜、彼は全てを失った。 龍の呪いによって死ねなくなった父を殺すという、親殺しの大役を背負う雷業春香。しかし、その儀式は龍の群れの襲来によって中断されてしまう。そのうちの一頭と対峙し、生き残った春香だが、ともに戦った仲間は黒衣の集団によって皆殺しにされてしまう。失意の中、現れた兄から「リズ・ユヤデオナを探す」という使命を託された彼は、故郷に背を向けて、旅立つのであった。 ※更新は不定期

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む