文芸/純文学 長編 完結済

もしかして、**ち

作者からの一言コメント

きっとこれも個性。異端な私を愛してほしい

もしかして、人に言えないことなんて、誰しもが持っているんじゃなかろうか。カナの場合、それがたまたまこういう形だったっていうだけで、本当は異端でもなんでもなくて、愛すべき個性なのだけれど、きっと世間はそうは言わない。 百合です。 いろんな物事に対してあまり偏見を持たないタイプの方でないと、読みづらい内容になっています。とてもデリケートで難しいテーマだとは思いますが、真面目に向き合って書いてみようと思います。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 もしかして、**ち
作者名 山下真響
ジャンル 文芸/純文学
タグ 百合 主婦 女子高生 秘密 日常 子育て シリアス 現代日本 R15 百合フェア2020
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年2月14日 10時13分
最終投稿日 2020年2月17日 11時36分
文字数 25,660文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 1件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 命の限り、死なずの終焉を。

    ♡369,556

    〇5,880

    異世界ファンタジー・連載中・29話・100,085字 囲味屋かこみ

    2020年9月21日更新

    魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にする世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、死なずの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ 【第一話、完結しました!】 ・第二話公開開始! ・ただ今、幕間であるショートストーリー公開中!挿絵あります! 【NEW】 ・エルルの過去を描く幕間公開開始! 作品に触れていただき、彼女に少しでも魅力を感じた方が楽しめるようになってます。 —————— ・いただいたイラストは全て、一番最後にまとめて掲載しております。是非そちらもご覧下さい。素晴らしいクオリティのイラストです。

  • 『夢の始まりに立つ者は既に幸運である』

    ♡3,400

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,527字 白崎絵筆

    2020年9月21日更新

    シナリオライターの新田弘一は、ゲームのキャスティングオーディションに来た声優の声を複雑な心境で聴いていた。 彼女の名は霜月野ディセット。本名は新田真美子。他でもない新田の娘だ。 真美子の夢は父が作ったゲームに出演することである。しかし、新田は今はこの夢が叶わないで欲しいと思うのだった。 『産学共同プロジェクト ショートストーリー作品コンテスト』書き下ろし テーマ「夢」 ※もう一方の投稿作 https://novelup.plus/story/110467550 に「夢」という文字を全く入れなかったのでこちらはたくさん使いました。 ※表紙画像は Free for commercial use.No attribution required. の写真です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人形たちと御客の一夜の物語

    ♡7,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・17話・19,741字 秋月真鳥

    2020年9月22日更新

    その少年少女は性別すら明かされない。 性的な行為を目的とせず、ただ客と共に時間を過ごすだけ。 時の止まった人形のような年をとらない姿から、彼らは「人形」と呼ばれているが、実際には生きて呼吸をし食べて寝る生物である。 時折顔ぶれが入れ替わることから、交代はしているのだろうが、原則的にその人形館には五体の人形……少年少女がいる。 人形と呼ばれる少年少女と客との連作短編。 古い作品ですがもう一度読みたいと言ってくれた友人に捧げます。

  • 人を好きになることに理由なんて要らない

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・3話・5,769字 小宮結葉

    2020年9月22日更新

    SNSで仲良しのアルベリック伯爵とミュリエル嬢が、ある日、待ち合わせをしてリアルに会ってみた。二つの性のはざまに苦しむ者同士の美咲と優子は、お互いの苦悩を知るうちに、次第に心を寄せ合っていく。