SF 長編 完結済

異端者の俺は今日、勲章を捨てる

作者からの一言コメント

この、愛のない世界で

全てを人工授精による出生で管理された世界。 人々は互いに関心を持つこともなく、希薄な社会を形成していた。 ある日、体内にブラックホール粒子を含有した怪物、「死星獣(しせいじゅう)」が出現。 通常兵器では歯が立たない脅威に、人類はみるみるうちに数を減らしていった。 人類の出した結論は、死星獣に唯一損傷を与えることができる「生体」エネルギー。 それを生産するクローンを大量生産すること。 「バーリェ(弾丸)」と呼ばれるクローン達は、心的な作用でエネルギーを発する。 絆(きずな)は、クローンに擬似的に愛情を与えるトレーナーの一人だ。 その結果が、道具として処理されて消える、クローンの命だったとしても。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異端者の俺は今日、勲章を捨てる
作者名 天寧霧佳
ジャンル SF
タグ シリアス アクション/バトル 戦記 男主人公 近未来 ロボット 異能 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月8日 16時57分
最終投稿日 2019年11月24日 4時04分
文字数 311,803文字
ブックマーク登録 15件
コメント/スタンプ 102件
応援ポイント 108,000pt
ノベラポイント 3,010pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ※さん*さんに依頼した宣伝用画像

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・480字 家鴨乃尾羽

    2020年9月19日更新

    ガラホでは出来ない画像の足し算をして貰いました。

  • 命の限り、死なずの終焉を。

    ♡337,856

    〇3,880

    異世界ファンタジー・連載中・27話・91,431字 囲味屋かこみ

    2020年9月18日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、死なずの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ 【第一話、完結しました!】 ・第二話公開開始! ・ただ今、幕間であるショートストーリー公開中!挿絵あります! —————— ・いただいたイラストは全て、一番最後にまとめて掲載しております。是非そちらもご覧下さい。素晴らしいクオリティのイラストです。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 老人と化け物の少女の旅を描く短編集。

    ♡5,800

    〇0

    SF・連載中・41話・115,403字 オロボ46

    2020年9月20日更新

    「自分ノ触覚デ見サセテヨ、コノ世界ノ価値。写真ヤ言葉ダケデナク、コノ触覚デ」 黒いローブで身を隠す少女は、老人にそう頼む。 眼球代わりの、触覚を揺らしながら。 変異体。 それは、“突然変異症”によって、人間からかけ離れた姿となった元人間である。 変異体は、人間から姿を隠さなければならない。 それが出来なければ、待つのは施設への隔離、もしくは駆除だ。 変異体である少女に、人間の老人はこう答える。 「お嬢さんはこの世界の価値を見させくれるのか?」 ここは、地球とそっくりに創造された星。 地球と似た建物、地形、自然、人々が存在する星。 人間に見つからないように暮らす“変異体”が存在する星。 世界に対して独自の考えを持つ、人間と変異体が存在する星。 バックパックを背負う人間の老人と、変異体の少女が旅をする星。 「化け物バックパッカー」シリーズをまとめた短編集です。時系列はあるものの、「バックパッカーの老人、化け物と出会う」を見た後は、どこから読んでも問題ありません。 「カクヨム」「小説家でなろう」「アルファポリス」「マグネット」と重複投稿しています。 ★←このマークが付いている作品は、残酷・暴力などの人を選ぶ表現が含まれています。

  • 2020年9月20日更新

    人々を特撮番組に登場するような怪人に変貌させてしまう病気、ヴィラン・シンドローム。ウイルスに肉体を支配されてしまった者は様々な生物を模した怪人に、ウイルスに打ち勝った者は怪人と戦うヒーローへとなる。 藤岡卓也はごくごく普通の高校生だったが、彼もまたその病に感染してしまった。 だが怪人とヒーロー両方の力を得た卓也は、クラスメートでありこの病と戦う少女、高岩美咲と出会う。 そして卓也はヴィラン・シンドロームと人類の戦いに巻き込まれていくのだった。