完結済 長編

異端者の俺は今日、勲章を捨てる

作者からの一言コメント

この、愛のない世界で

全てを人工授精による出生で管理された世界。 人々は互いに関心を持つこともなく、希薄な社会を形成していた。 ある日、体内にブラックホール粒子を含有した怪物、「死星獣(しせいじゅう)」が出現。 通常兵器では歯が立たない脅威に、人類はみるみるうちに数を減らしていった。 人類の出した結論は、死星獣に唯一損傷を与えることができる「生体」エネルギー。 それを生産するクローンを大量生産すること。 「バーリェ(弾丸)」と呼ばれるクローン達は、心的な作用でエネルギーを発する。 絆(きずな)は、クローンに擬似的に愛情を与えるトレーナーの一人だ。 その結果が、道具として処理されて消える、クローンの命だったとしても。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異端者の俺は今日、勲章を捨てる
作者名 天寧霧佳
ジャンル SF
タグ シリアス アクション/バトル 戦記 男主人公 近未来 ロボット 異能 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月8日 16時57分
最終投稿日 2019年11月24日 4時04分
文字数 347,415文字
ブックマーク登録 15件
コメント/スタンプ 102件
応援ポイント 108,000pt
ノベラポイント 3,010pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • 日常の謎を解き明かす百合です。

    ♡1,000

    〇0

    ミステリー・完結済・7話 冬の樹

    2020年7月10日更新

    図書委員、水原真結《みずはらまゆ》の前に突如現れた"有名人"、五木瀬栞《いつきせしおり》。 彼女は真結に、「図書室に関わる謎解きを手伝って欲しい」と持ちかけてくる。 栞の言う謎とは一体……?

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 90分、心の旅を、今 再び

    ♡2,700

    〇0

    SF・連載中・64話 ツキセ

    2020年7月14日更新

    当時ハマったゲームの続編を、当時の友達と遊ぶことになった話。 そのゲームの名は……『ワンダリング・ワンダラーズ!!』 「ええと、今作のジャンルは……『近未来惑星観光開拓MMOフルダイブシミュ―― ……って長いわ! 前作よりさらに長くなってんじゃねーか!」 「盛った、だけ?」 「……まぁ、わかりやすくは……あるのか?」 一章完結まで毎日連載中。 ご意見・ご感想、お待ちしております!

  • 武装少女が未知の宇宙生命体と戦うやつです

    ♡10,400

    〇0

    SF・連載中・16話 J・スキンディ

    2020年7月14日更新

    20XX年、世界は未知の敵に襲われた。 人類は宇宙より襲来するそれをバリアントと名付けたが、既存の兵器で太刀打ち出来ないそれの侵略に為すがままになっていた。 しかし人類は「ドレス」と呼ばれる超兵器の開発に成功、大規模な抵抗作戦によりついにバリアントを地球より撤退させる事に成功する。 時はさらに流れ、ドレスの技術も進歩しバリアントはもはや大きな脅威ではなくなっていた。 散発的なバリアントの侵略に対抗するドレス着用者「メイデン」の活躍は時にはドローンによって中継され、市民はそれをスポーツ感覚で楽しむようになっていた。 そんな中過去の出来事からメイデンである事を諦めていた雹堂八子は、ひょんな事から再び戦いへ赴く事になるのだった。