連載中 長編

鬼怪神 〜虫取り屋怪奇譚 2〜

作者からの一言コメント

今度の敵は鬼

 ボロボロの古びた黒いコートに腐った魚のような眼をした帽子の男──虫取り屋。彼は街角で遭遇した少女──理沙に助けを求められた。  彼女を追っているのは『鬼』。古墳時代から日本に巣食う怪異だった。  執拗に理沙を追う鬼から、虫取り屋は彼女を助けることが出来るのか。理沙は何故追われているのか?  そして、鬼に襲われる中、理沙は鬼無という町へ向かうことを決意する。  その最中に、彼女達は鬼村と名乗る男と出会い、旅を共にすることに。だが、彼は『皇宮護衛官』──皇室の警備を任された最高クラスの警察官だった。  様々な思惑の中、何も語らない虫取り屋は、どう考えているのか……  虫取り屋怪奇譚 第二章『鬼怪神』ここに始まる……

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 鬼怪神 〜虫取り屋怪奇譚 2〜
作者名 K1.M-Waki
ジャンル SF
タグ シリアス ダーク 最強主人公 現代日本 異能 チート アカシック・レコード 虫取り屋 端末 皇宮警察 人外 アクション/バトル 異能力バトル
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年2月16日 21時20分
最終投稿日 2020年7月15日 3時51分
文字数 164,607文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 強い信念と、秘めた熱血で成り上がる物語。

    ♡134,000

    〇170

    現代/その他ファンタジー・連載中・70話 かみや

    2020年7月15日更新

    毎日一話~二話更新中! 現実←→異世界を行き来するファンタジーです! 異世界が身近な存在となって久しい。 高校生になると同時に与えられる携帯端末『ギア』のスイッチをONにすることで、その日見る夢の代わりに異世界で一日を過ごせる時代になった。 主人公であるひねくれ陰キャの藤間透(ふじまとおる)は召喚魔法に対する適性を得るユニークスキルを得るが、肝心の召喚モンスターがいない。 やむなく採取で生計をたてるなか、クラスのパリピ軍団に接触し、また自分と同じように冷遇されている女子と遭遇し──。 成り上がりファンタジーものですが、主人公の成長をじっくりと書きたいので、しばらくは採取ばかりです。……が、手前味噌ではありますが、決して序盤も地味ではありません(と思いたい!)。ヒロイン達とのボケツッコミや、少しずつ認められてゆく藤間くんをいっしょに応援していただけるとうれしいです。 RPG要素強め、ラブコメ要素多め、そしてうだうだした陰キャ主人公の成長がテーマの欲張りな作品になってます! (※) 頑張る藤間くんの素敵な表紙は、 ひろまごさん(TwitterID:@hiro_mago)が描いてくれましたっ! 本当にありがとうございます(*´ω`*) (※) 本作はアルファポリスさまでも公開しております。 無断転載はかたくお断り致します。

  • エスニックな俺TUEEはいかがですか?

    ♡17,600

    〇60

    異世界ファンタジー・連載中・28話 岸谷メルカ

    2020年7月12日更新

    不定期更新。 「黒王と聖王の戒律」の登場人物 ライルの過去話ですが、読んでいなくても単体で楽しめます。 善と悪が己に戒律を化し、忠実に生きる事が美徳とされた世界に一人の英雄となる少女が生まれた。 名前をアーティカ・ライル・カールク。通称をライルと言った。 少女は生まれた時から異物感を抱え、常に世界への疑問が耐えなかった。 一人放り込まれたイレギュラー、その様に自分自身を定義づけたライルは ほんの思いつきで世界を奔走する事を決める。 善悪で人が分かれ、争いの絶えない世界に一筋の光をともさんとして――。 ゾロアスター教をモチーフにしているので、あとがきに豆知識を掲載します。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 毎週水曜日 夜明けと共に更新します。

    ♡8,000

    〇0

    SF・連載中・17話 TM,43.

    2020年7月15日更新

    ‪時は2040年──イギリス、ロンドンに館を構える国家非属の諜報組織・『LONDON agentlemen』。彼らが荒野で出会ったのは砂塵まとう二人の男女。‬ ‪育まれる初めての愛と、裏切られぬものへの執着、明日への絶望と羨望が暁の光と共に溶けていく。‬ ‪これは、「巣立ち、信念の成就を祈る物語」。

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡17,600

    〇50

    SF・連載中・56話 K1.M-Waki

    2020年7月15日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。