文芸/純文学 長編 連載中

強迫性障害の僕と三毛猫のミー

作者からの一言コメント

生きるとは何か?

読了目安時間:1時間54分

総エピソード数:32話

ある日突然、強迫性障害に襲われたボク。 今まで捉えていた世界の認識が180度変わった。 才能も無い凡人のボクは仕事を失い、大切な彼女を失い、姉さえも亡くした。 ボクに残ったものは 姉が残した三毛猫のミーだった。 囚われた脳に苦しむボクはついにカーテンレールにロープを括り付け、 首元にロープをやるのだが…。

前へ

1-32

次へ

前へ

1-32

次へ

作品情報

作品名 強迫性障害の僕と三毛猫のミー
作者名 水妃
ジャンル 文芸/純文学
タグ 男主人公 現代日本 日常 強迫性障害 純文学 大衆文学 うつ 心身症 パニック障害 自律神経失調症
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月3日 10時42分
最終投稿日 2021年10月21日 19時19分
完結日 -
文字数 56,954文字
読了目安時間 1時間54分
総エピソード数 32話
ブックマーク登録 10件
コメント 0件
スタンプ 57件
ビビッと 1件
応援ポイント 15,700pt
ノベラポイント 202pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ガイド物語

    障害者就労支援施設

    2,500

    0


    2021年7月18日更新

  • 微睡む宵闇 揺蕩う薫香

    パブリックスクール 箱庭の中の再生物語

    19,100

    0


    2021年10月22日更新

    ――すべてはここから始まった。 この部屋へ下り、置かれていた銀のライターで蝋燭を灯したその時に―― 伝統を重んじる全寮制パブリックスクールを舞台に、少年マシューの挫折、転落、その魂の再生までの遍歴と、その背景となる名門校に巣くう闇を巡るクリミナル・サスペンス。 最先端のIT技術を駆使する留学生「大鴉」は敵か、味方か――。 生来の美貌に恵まれ、常に羨望の的だった「僕」マシュー・モーガンは憧れの名門校に入学を果たした。だが憧れと現実のギャップに失望し、不本意なまま閉塞感に息の詰まる日々を送っていた彼を、思いがけない悲劇が襲う。校内を牛耳る権力に翻弄され、恋、愛、憧れ、友情、性欲の区別もつかないまま、支配され流されるままに堕ちていくマシュー。麻薬に溺れ校内で秘密裏に高級男娼として扱われるマシューを、守り支えようと奔走するルームメイトの「鳥の巣頭」。その想いとは裏腹に、マシューはいつしか大がかりな組織犯罪に巻きこまれていく。 そんな悪夢に囚われ罪に怯える出口のない迷路のような日常の中で、マシューが見つけた一筋の光は、日本から来た年下の破天荒な留学生「大鴉」だった――。 さまざまな出逢いと別れを繰り返していくなかで、マシューは差し伸べられる手に気付くことができるのだろうか? 踏みにじられ打ち砕かれた彼の心は、自己の尊厳を取り戻す事ができるのだろうか? 英国の四季の織りなす古色蒼然としたと景色のなかで繰り広げられる、揺蕩い続けるマシューの心の旅路、どうぞ見守ってやって下さい。 BOYSFAN: BLコミック原作小説コンテスト「お題フリー」応募作品。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間38分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る