歴史/時代 長編 完結済

三国志 文官噺 〜瞳の奥の天地〜 人の本質を見通す異能を持った文官の生涯

作者からの一言コメント

三国志×文官×異能×女武闘家

[三国志×文官×異能×女武闘家] ※本編は完結済みですが、短編や他の文官を主人公にした話は今後も追加し続けます※ 三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください※ 本編完結しました!! ……が、まだまだ書き足りません。本当はもっともっと書きたいと思いながらも、あまりに全体が冗長になるため我慢して先を急ぎました。 なので今後も短編は追加していきますし、何より三国志の文官を中心に据えた小説の執筆は私の生涯のライフワークにしたいと思っています。 ただ、しばらくは少し毛色の違った小説にチャレンジしてみようと思うので、今後は更新が不定期になります。もしよろしければ、ブックマーク・フォローをしておいていただければと思います。 ちなみに執筆予定のネタを羅列すると、ざっと思いつくだけでこれだけあります(笑) ・韓儀のその後 ・花琳と小芳の日常 ・陶深の仕事 ・洛陽での日常 ・張飛の酒探し ・美雨の店と家族 ・反董卓連合 ・豫州での日常 ・揚州での日常 ・海への小旅行 ・松子の店 揚州店 ・胡蝶の会 ・許靖とともに交州へ避難した人々 ・交州の異民族反乱 ・松子の店 交州店 ・交州での日常 ・凜風の恋 ・益州での日常 ・松子の店 益州店 ・凜風・翠蘭の益州合流 ・陳祗の恋 ・劉璋の食事 ・許靖と劉備陣営 ・許靖と劉禅 ・他の文官を主人公に据えた短編、長編

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 三国志 文官噺 〜瞳の奥の天地〜 人の本質を見通す異能を持った文官の生涯
作者名 墨笑
ジャンル 歴史/時代
タグ アクション/バトル 男主人公 中華風 異能 三国志 劉備 曹操 孫堅 孫策 孫権 袁紹 関羽 張飛 諸葛亮 董卓
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年4月22日 21時13分
最終投稿日 2021年1月15日 18時38分
完結日 2020年11月14日 8時45分
文字数 695,756文字
ブックマーク登録 25件
コメント 2件
スタンプ 205件
ビビッと 1件
応援ポイント 110,000pt
ノベラポイント 1,750pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 貴方は『本当』の心に寄り添えますか

    ♡61,900

    〇6,750

    現代/その他ファンタジー・完結済・33話・83,474字 園崎真遠

    2021年1月16日更新

    潜在的精神の発現――通称<想起(メノン)>。 160年前に突如として発生した、人類のみに見られる『異能』の力。 この<想起>を持つ者――想起者(メノシアン)はその特異な能力で、医療・軍事・産業など広範な分野の発展に寄与してきた。 世論は強大な力を持つ想起者という存在に忌避感を覚えながらも、想起者を取り締まる治安維持機関『異能対策局』の活躍により、緩やかな調和が訪れる。 しかし、3年前の惨劇が全てを狂わせた。 史上最悪の大規模異能テロ「ドミネイター・アグレッション」。 突如として10万人を超える市民が正気を失って暴徒と化し、日本中を大混乱に陥れた未曽有の事件。 異能対策局に勤める主人公・天園真人(あまぞのまなと)にとって、元・相棒——望月白宜(もちづきはくの)を奪った忌まわしき悲劇。 1万人を超える死傷者を生み出した惨劇は、想起者たちへの風当たりを厳しいものとした。 この事件を契機に、真人の心の中にはいつまでも一つの『問い』が留まり続ける。 「何故、彼女は死ななければならなかったのか」 真人は元・相棒にまつわる真相を知るため、惨劇を引き起こした張本人『白兎』の行方を追うことを決意する。 その過程で彼が巡り合う、道を踏み外してしまった者たちの悲劇、慟哭。 差別、蔑視、排斥。人の悪感情により生まれてしまう様々な異能事件が渦巻く社会。 真人は、頼りになるけれども毒舌な後輩である現・相棒――唯切愛示(ただきり あいじ)と共に数々の難事件を駆け巡り、3年前の真相に迫っていく。 ※イラストは有償依頼で作成していただきました。

  • 幻想的な一夜を覗いてみませんか?

    ♡60,900

    〇10,670

    童話/絵本/その他・完結済・2話・6,132字 丹羽 すず

    2020年10月20日更新

    私が出会ったのは、夜を仕立てる魔法使いだった

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る