連載中 短編集

WEB小説業界にドシロウト作家としてデビューする! 作戦と感想

作者からの一言コメント

ドシロウト作家のデビュー準備と感想です

私は2020年の4月からドシロウト作家として デビューするための準備を進めて来ました。 その時に考えた作戦や 実際の実体験での感想を書いていきます。 :ドシロウトの状態から成り上がる作戦&戦略! :文章が苦手でもどうやって書くか? :WEB小説の面白さって何?わからない :アイデアはどうやって出そう? :世界観?テーマ?カタルシス?プロット?新用語が良くわからない :小説サイト選びはどうしよう? :ランキングに挑戦してみる! :自力で書籍化に挑戦してみる?それとも新人賞やランキングからスカウトされてデビューする? :ドシロウト目線からのWEB小説業界人の話 そんな話を書いていく予定です! もし参考になりましたら、幸いです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 WEB小説業界にドシロウト作家としてデビューする! 作戦と感想
作者名 幻楽
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 小説講座 エッセイ 活動報告 コラム 初心者デビュー シロウト
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月20日 20時34分
最終投稿日 2020年5月27日 21時11分
文字数 10,495文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 6件
応援ポイント 3,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ■私が傭兵として生きる理由:追加しました

    ♡238,600

    〇10,550

    異世界ファンタジー・連載中・155話 美風慶伍

    2020年6月3日更新

    【注:序文、第1章第1話をより読みやすく改訂しました】 【注:第1話:哨戒行軍任務/私が傭兵として生きる理由、追加!】 ■個性的な傭兵たちとのチームワークで少女傭兵ルストが人々のために勝利を掴み取る爽快冒険戦記ファンタジー 《主人公一人称形式:幕間/別幕と表記は三人称視点/1エピソード:1000字〜2500字/毎日午後7時更新》 ■国中を騒然とさせたモーデンハイム家令嬢失踪事件から2年後 ■17歳の少女ルストは屈強な男たちに囲まれながら傭兵として生きていた。だが初の隊長職を一人の不良傭兵に邪魔され、さらには彼女のプライドを傷つける事件が―― 「あたしの誠意とメンツを傷つけたなら、あなたの傭兵としてのメンツを叩き潰してあげる!」 不良傭兵と果し合い勝利したルストは、二つ名『旋風のルスト』の名と新たな任務を手に入れた。 西方辺境・ワルアイユ領。そこでのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務。だがルストたちがそこで見たのは、領主の不慮の死と、対立領主からの妨害と、生活に困窮する領民たちの姿―― 塗炭の苦しみの領民たちを救うためルストたちは戦いに身を投じる。だが敵は想像を超えていた。 絶体絶命の窮地を前にしてルストは決意をする。そしてそれは人々を勝利へと導く偉大なる傭兵少女の誕生の瞬間だった。 ―傭兵の少女ルストは今、7人の仲間たちと共に勝利への道を歩み始める― 【本作品では、読者様キャラ化企画で造らせていただいたキャラが多数登場します。各話前文にてアナウンスします】 ■お知らせ 『【旋風のルスト】〜副読本 & ファン交流〜』を開始しました! 作品URL:https://novelup.plus/story/258792089 ・設定等を公開しています

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました!

    ♡355,550

    〇1,080

    異世界ファンタジー・連載中・222話 駿河防人

    2020年5月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る