現代/その他ファンタジー 短編 連載中

読書キャンペーン開催中!

刹那主義者とヘリオトロープと心中逃避行

作者からの一言コメント

ただ、終わりを待つ。

読了目安時間:21分

総エピソード数:12話

刹那主義者とヘリオトロープと心中逃避行の表紙

『僕らは永遠へと逃げて行く』 呆気ない駆け落ちと心中までの日々の話。若干のやみ。 7/20くらいまで毎日書きます。

総エピソード数:12話

作品情報

作品名 刹那主義者とヘリオトロープと心中逃避行
作者名 小倉 隆治
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 日常 心中 自殺 学生 逃避行 現代日本 自由 青春 切ない 恋愛 ノベプラオンリー 駆け落ち 列車
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年6月20日 0時00分
最終投稿日 2021年8月16日 19時03分
完結日 -
文字数 10,466文字
読了目安時間 21分
総エピソード数 12話
ブックマーク登録 0件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 冷徹不遇の奈多切(なたぎり)さん

    最奥を理解しろ。否定も肯定もそれからだ。

    1,000

    0


    2022年5月20日更新

    学園一の聖人君子と噂(評価)されている青年・鏑木(かぶらぎ)竜正(りゅうせい)は、二メートルを越える巨大な芋虫の化物と遭遇する。薄羽を持つ芋虫の化物は、なぜか鏑木を執拗に追いかけてきて……。そんな彼の命の危機を救ったのは、後輩の少女・奈多切(なたぎり)恋白(こはく)だった。 ――見えないだけで世界に存在している手の平サイズの妖精たち。純粋無垢な彼女たちは、人間たちが生み出した娯楽・コンテンツを共に楽しんでいるが……、純粋無垢であるがゆえに、外部から受ける刺激を必要以上に吸収してしまう。 善意を受け取れば――悪意を受け取れば――、妖精は変化していく。 そして人間世界は、善意よりも悪意が多い世界である。 悪意を受けた妖精は『尾を引き』、やがて『悪化』し『化物』へ成る――。 そんな化物を元の妖精へ戻すためには、多量の『善意』が必要と言われていた。 善意は好意とも呼び――、善意を戦闘力へ変換する=つまり善意の強さであった。 鏑木を救った奈多切恋白の力の源は……さて、どこへ向いた好意なのだろう? ※カクヨムでも連載予定

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

  • どこか遠い国、ある者達の手記より

    その命称えられるもの、少なくとも。

    9,400

    0


    2022年5月20日更新

    私の手記を誰かが見つけた時には、私はもう此の世にはいないだろう。 この手記が発見されるその時代を想って、私はこれを書く。 あなたがいる世が、我らの今とは変わって、明るくなっていることを願う。 本来なら誰にも知られずに朽ちるはずだった十の手記。 一日一つだけでいい。彼らが残していった想いを、どうか受け止めてほしい。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ビスマルクの残光

    ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する二人

    73,350

    238


    2022年5月20日更新

    時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    11,100

    0


    2022年5月18日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:53分

    この作品を読む