連載中 長編

沈まない太陽〈ある兄妹のEndless Dream〉

作者からの一言コメント

ぐちゃぐちゃした兄妹モノがお好きな貴方へ

高校に入学して以来、何だか自慢の兄が冷たくなって……。 兄妹それぞれの葛藤とは? ※表紙は私の大好きなあっきコタロウ様のフリー素材を使用させていただきました。 ※エブリスタ、アルファポリス、マグネットで掲載

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 沈まない太陽〈ある兄妹のEndless Dream〉
作者名 咲蘭
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 第2回ノベプラ大賞 シリアス 学園 現代日本 日常 兄妹 ジレジレ ドロドロ
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年1月30日 4時39分
最終投稿日 2020年5月16日 20時45分
文字数 9,405文字
ブックマーク登録 14件
コメント/スタンプ 28件
応援ポイント 12,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 復讐に生かされ 答えを探す旅

    ♡58,100

    〇1,310

    異世界ファンタジー・連載中・32話 佐倉 こよみ

    2020年6月2日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如なく現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 偶然居合わせた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強の【戦姫】アリスの元で四年の修行を経たシオン達は、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで彼らも分からない。 * * * 異世界ファンタジー日間最高ランキング1位! 総合ランキングでも1位に入れました! 皆様のお陰です、誠に有難う御座います!

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました!

    ♡355,550

    〇1,080

    異世界ファンタジー・連載中・222話 駿河防人

    2020年5月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • インテリ美人受が年下攻にぐいぐい迫ります

    ♡1,100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話 雨夜美月

    2020年6月2日更新

    『あなたの子です、しばらく預かってください』 ラブレターと間違えて愛しの彼に渡してしまったものは不穏な手紙。 違います!渡したかったのそれじゃないです!ちなみに私宛でもありません!私はあなたのことが好k……え?私をあなたのうちの子にして下さるんですか? ちょっとズレたインテリ系元社長秘書(酔うと乱れちゃう♡)が、年下だけど男前なイケメンに 迫って、乱れて、……我に返って どうなっちゃう?!

  • 完璧美少女、ここに爆誕!!

    ♡2,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・12話 サバサバス

    2020年6月3日更新

    自他共に認める美少女である私──有栖川花蓮(ありすがわ かれん)はある日、とある男子生徒に呼び出される。 もしかしてまた告白かと思っていた私だったが、その男子生徒──桜田伊織(さくらだ いおり)はただ落とし物を渡すために呼び出しただけだった。 しかし、彼が渡そうと持っていたのは日々の出来事(愚痴)を赤裸々に綴った私の日記帳。え、それもし見られたりしたら私の人生終了なんだけど……。 必死に誤魔化そうとするも失敗し、結果的には何故か友達になって欲しいと頼まれてしまう。 なんだ、一体何が目的なんだ。こうなったらやることは一つ、私も彼の弱みを握らなければ……。 こうやって私とこの男の戦いが始まったはずが、いつの間にかそこにもう一人加わり……。 「ところでなんだけど、この魔物強すぎない?」 「確かに俺達よりレベルが一回りも上だな」 「だったら私が盾になりますので私を置いて先に行ってください!」 「いやこれ以上先に行ったら死んじゃうから」 そしていつの間にか私がその二人と普通にゲームをしたり、一緒に出掛けたりして友情を育んでしまうお話。……って違う、そうじゃなかったでしょ!! ※基本的に素直になれない主人公とそんな主人公を素直にさせたい二人のラブコメチックな話です。