連載中 短編

友達に作品を見せたら怒られました。

作者からの一言コメント

リアル友達に作品を見せた話。

リアル友達に私の作品を見せたところ、怒られたので、それについて話します。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 友達に作品を見せたら怒られました。
作者名 俺の前世が勇者だった件
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ギャグ ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月31日 19時43分
最終投稿日 2020年8月1日 12時03分
文字数 1,572文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 15件
応援ポイント 4,000pt
ノベラポイント 1pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 三神の業魔編、個人的に好きな章に突入!

    ♡34,600

    〇220

    現代/その他ファンタジー・連載中・32話 ぷりん頭

    2020年8月8日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

  • その噂はやがて、世界が陥る熱病の様に

    ♡54,550

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・69話 歌うたい

    2020年8月1日更新

    ──これは友達のお兄ちゃんの、そのまた友達から聞いた話なんだけどね。 あるところに、都市伝説が好きでたまらない人がいたらしいんだけど、ある日階段からすってんコロリンと落ちて、死んじゃったらしいの。 それで、目を覚ましたらなぜか目の前に神様が現れて、話をしていく内に気に入られたみたいでね。 ある力を彼に与えて、剣とか魔法とかが当たり前な異世界に導いたんだって。 そう、異世界。なんでも、ドラゴンとかエルフとか、挙げ句の果てには魔王なんてのも居るとか。 ──え? 彼はどんな力を貰ったのかって? その不思議な力の名前は【ワールドホリック】 口裂け女や隙間女。 首なしライダー、ブギーマン。 勿論、みんな大好きメリーさんも。 そんな都市伝説達を、再現する力なんだってさ 信じようと、信じまいと。 それは、アナタの自由だけどね。 イラストは絵師の柴た様より戴きましたモノです。掲載許可をいただいております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 初心者~中級者向け、小説講座だよ

    ♡225,155

    〇1,515

    エッセイ/評論/コラム・連載中・46話 とんこつ毬藻

    2020年8月11日更新

    初めましての方、初めまして。 Web作家をやってます、とんこつ毬藻です。 いつも作品を読んで下さっている方、ありがとうございます。 皆さんは、なぜ小説を書いていますか? 小説は書いているんだけど、今悩んでいる事がある。 或いは今から書きたいなって思っている方。 ◆小説は書きたいけど、どうやったら面白くなるか分からない。 ◆アニメやゲーム、小説を読むのが好きで、形にしてみたい。 ◆妄想は浮かぶんだけど、形にするとおかしくなる。 ◆書く意欲はあるんだけど、すぐにエタる(更新が止まる)。 ◆起承転結って何? プロットって何? ◆どうやったらランキングに載るの? ◆どうやったらもっとうまく書けるかな? ◆モチベーションが維持出来ません。 ◆読者を惹きつけるコツってあるの? ◆伏線の張り方がわからない。 ◆書籍化やコミカライズを目指してます! 創作って、本当に奥が深い。 考えれば考えるほど、沼にハマっていきます。 モチベーションも考え方も人それぞれ。 「そもそも、創作なんて楽しくなくていい。お金をもらう手段だ」 みたいなプロ作家さんもいらっしゃいます。 ここではあくまで、創作をするにあたって楽しく、 そして上達するためにはどうすればいいか? そんなお話が出来たらなって思います。 創作歴15年(ブランク期間を除く6~7年) コンテスト受賞歴(長編1作/短編ミニコン1作) 小説投稿サイト公式作家経験あり(MAGNET MACROLINK) そんなとんこつ毬藻が送る小説講座のはじまりです。

  • マイナーめのオカルト秘話!

    ♡65,700

    〇100

    エッセイ/評論/コラム・連載中・68話 junhon

    2020年8月11日更新

    拙作『創作のネタに使える? 歴史小話』を書いていて、何本かこれ歴史と言うよりオカルトだよなぁ。というものが出来てしまいました。 そこで、オカルトっぽい話はこちらにまとめていきます。