友達に作品を見せたら怒られました。

キンキンキンキンキンキンキンキン!

 僕が連載している小説『俺の前世が勇者だった件』のバトルシーンで、キンキンキンキンキンキンキンキン! という擬音を使ってみました。  剣と剣がぶつかる音ですね。  一応、どんなシーンなのか載せておきます。  主人公のハルと、敵であるエルデンが戦うシーンです。  ******************* 「行くぞ、勇者!」  エルデンが駆け、ハルとの距離を一気に詰める。  そして、様々な方向から連続して血剣を振った。  キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン!  血剣を聖剣で受け止める。  ハルは自分の能力をすべて防御に回した。そうすることで、どうにか攻撃を防ぐ。  キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン!  エルデンの攻撃がとまらない。  キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン!  キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン!  キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン! キン!  おそいくる血の剣。それを聖剣で受け止め、横に流し、弾く。  エルデンは力任せに剣をスイングしている。だから攻撃が大ぶりだ。  ***********************  こんな感じですね。  これを友達に見せたところ「作品の質を落としてるだけだから、やめろ」と怒られました。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る