ホラー 短編集 連載中

一行怪談集

作者からの一言コメント

ただ一行で紡ぐ怪談。

吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 一行怪談集
作者名 水沢ながる
ジャンル ホラー
タグ ホラー 怪談 超短編 どこからでもどうぞ ショートショート 届け、言葉の力PJ
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年6月21日 21時44分
最終投稿日 2021年1月18日 8時24分
完結日 -
文字数 27,438文字
ブックマーク登録 194件
コメント 839件
スタンプ 4,685件
ビビッと 7件
応援ポイント 1,734,371pt
ノベラポイント 8,295pt
応援レビュー 8件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第一部完結!第二部から読み始めてもOK!

    ♡298,200

    〇5,000

    異世界ファンタジー・連載中・95話・226,068字 邑弥 澪

    2021年1月19日更新

    【第一部:はじまりの詩(うた)】 「〈龍の盃〉――聖杯の伝説を知っているか?」 北国の少年ノエルは、雪積もる荒野で戦士と出会った。 重大な決意を胸に秘めたその戦士は、「最強の魔導師」を探して旅をしてきたとノエルに語る。 四人の仲間とともに、最強の少年魔導師が世界を救う旅に出る。 「最果ての地」の先で、少年は一つの真理に至る。 【第二部:魔王の手紙】 白魔導師のエルフ・ヴァイスの元に舞い込んだのは、「伝説の魔王」の復活を知らせる故郷からの一通の手紙だった。 世界を救った5人の仲間が、新たな冒険を繰り広げる。 空中都市や世界樹のあるジャングルを抜け、ついに追い詰めた魔王の正体とは?! 個性豊かな五人が、剣と魔法の世界を舞台に色鮮やかな物語を紡ぎ出す。王道冒険ファンタジー! <キーワード> ●第1部:剣と魔法/魔導術/創世と救世の伝説/神話/龍の盃/精霊/冒険図鑑 ●第2部:魔王/手紙/飛空艇/空中都市/人魚/獣人/世界樹/ドワーフ/ドラゴン/魔女/悲恋/童話 ●第3部:色と音/天使と悪魔/仲間との絆/親子の絆/女主人公 ※表紙の五人が登場します。髪色等は作中の描写と若干違いまが、イメージとして見ていたければ幸いです。 ※「幕間」の物語は世界設定やサブストーリーなので、サラッと読み飛ばしても大丈夫です。 ※ブクマや応援、感想、励みになります!ありがとうございます!m(_ _)m✨

  • 中華風異世界ファンタジーです

    ♡50,300

    〇1,600

    異世界ファンタジー・連載中・30話・147,641字 忠行

    2021年1月9日更新

    文学賞の賞金を獲得して満漢全席を食べるぞ! ダメだ! 落選した! しょうがない、よく行く中華屋で満漢全席モドキでも食べるか……。 やけ食い気味に食べに食べ、豚足の食べ過ぎで死亡したひとりの青年は見かねた仙人の手で憧れの中華世界に転生した。 仙人の粋なはからいによるものか、可憐な乙女の姿となって――。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 戦死した幽霊は妻を洗脳し逆恨みを晴らす

    ♡100

    〇0

    ホラー・連載中・2話・10,542字 穴鎌たまえ

    2021年1月19日更新

    吉川藤次郎。幽霊。昭和19年大阪。戦死してから幽霊として2年間、寡婦となった妻八重とともに暮らす彼は、自分を殺した米兵に恨みを抱くが亡者ゆえそれを晴らせずにいる。そこに飛んで火に入る夏の虫のごとく転がり込んだ米軍捕虜(ビル・テイラー:実は軍人ではない)。アメリカ人全てに逆恨みの彼は千載一遇とばかり妻を洗脳してその捕虜を殺させようと画策する。Unusual Lane第三章。 この物語は、フィクションであり、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • 後味がいいような悪いような話の寄せ集め。

    ♡72,100

    〇600

    ホラー・連載中・63話・31,790字 爪毛

    2021年1月19日更新

    ハッピーエンドに見せかけた偽りの幸せが好き。眇眇(びょうびょう)。