彼岸の傾城傾国

読了目安時間:5分

第七話*

 ここ城陽(じょうよう)は領主が住む城館を囲む内城と、都市全域を囲む外城に分けられた城郭都市だ。  しかし領主と言っても、正しく前線基地だった頃と比べ、領主は歴戦の武将ではなくどちらかというと文官で商人に近い。城郭都市として発展した街を見れば、自ずとその商才は見て取れた。  城館は城郭中心部に建てられた領主が住む城塞であり、城と呼ぶに相応しい面積を誇る。  建築はコの字型で、政策職務を担当する西館と軍事職務を担当する東館に分けられていた。両館を結ぶ回廊は、中庭を囲む造りをしている。その真ん中に、領主や皇族が寝食をする主殿を置いていた為、外から見れば回字形の建物になっていた。  ――やはりおかしい。  三階建ての主殿から両館を結ぶ回廊と中庭を見下ろし、煌威(こうい)は眉を寄せる。  あのとき、煌威(こうい)は東館から西館に戻る途中だった。  曉炎(ぎょうえん)に声をかけられ、西館に伸びる回廊から外れて中庭に降りたとき、そこはまだ東館よりとはいえ植えられた木々があった。投身で、中庭のあの位置に落ちる筈がない。助走をつけて跳んだ場合は煌威(こうい)にも分からないが、身を投げるのに助走して跳ぶ人間はまずいないだろう。  あの位置は、第三者に投げ捨てられでもしないと届かない。それも男だ。男の腕力でなければ、あの距離は投げ捨てられない。  明らかに、北戎(ほくじゅ)の娘は身を投げたんじゃない。自分の意思で落ちたんじゃない。落とされた。殺されたのだと煌威(こうい)は確信する。  となれば、犯人は誰なのか。  主犯は曉炎(ぎょうえん)に違いないが、本人はあのとき煌威(こうい)紅焔(こうえん)と一緒にいた。実行犯がいる筈だ。  曉炎(ぎょうえん)に味方する臣下がいるということなのか。いや、何も知らない木っ端役人を使ったという可能性もある。  曉炎(ぎょうえん)が主犯であるという証拠は、実行犯を捕まえない限りどうしようもなかった。  実行犯は誰なのか。その糸口すら掴めない今の状況では、八方塞がりだ。  煌威(こうい)はため息をついた。  採光の為の、四角い空窓に両手をついて項垂(うなだ)れる。 通風が、うなじの後れ毛を揺らして流れた。  ――とりあえず今やるべきことは、曉炎(ぎょうえん)の拘束だ。そして、北戎(ほくじゅ)に帝国は無実である主張と、主犯は曉炎(ぎょうえん)であり尚且つ曉炎(ぎょうえん)と帝国は無関係である証明だろう。  後は当時東館の警備についていた兵士の探索だと、煌威(こうい)は思考を巡らせて、ふと視線を上げた矢先、 「煌威(こうい)殿下ッ」 「……ッ!?」  突然、背後から左肩を掴まれた。と、途端走った鈍い痛みに煌威(こうい)は息を詰める。  痛みで咄嗟に動けない身体を、左肩を軸に無理やり振り向かされた。 「お一人で! 歩き回るのは……おやめ下さい、と…っあれほど……!」  煌威(こうい)は正面に息を切らせた紅焔(こうえん)の顔を見つけ、自分の後を追ってきたのだろうことは分かったが、なぜ左肩が痛むのか原因が分からず顔をしかめる。 「っ、申し訳ございません!」  煌威(こうい)の顔つきから不興を買ったとでも思ったのか、紅焔(こうえん)は慌てて手を離して膝を折った。  跪く形で頭を下げる紅焔(こうえん)を見て、しかし煌威(こうい)自身はジンジンと続く痛みにわけも分からず、どうしたものか迷い、左肩に視線をさ迷わせることしかできない。  一向に声を上げない煌威(こうい)に、そろりと顔を上げた紅焔(こうえん)は訝しげに眉を寄せた次の瞬間、弾かれたように立ち上がった。 「……っ失礼します!」 「紅焔(こうえん)!?」  煌威(こうい)の着ていた深衣(しんい)の前を、紅焔(こうえん)は些か乱暴にわり開き、合わせていた襟を二の腕まで引き下げる。 「……っ!」  紅焔(こうえん)愕然(がくぜん)とした吐息に、まだ肌寒い気候の春の宵にも関わらず、煌威(こうい)は熱くなっている肌を自覚した。痛みは、ジリジリとした熱に変わる。  視界が紅焔(こうえん)で埋まるも、目の端に赤く痣になっている自分の肌を煌威(こうい)は見つけた。指の形まで分かるほど、はっきりとした痣の大きさにどこかで見たような既視感を受ける。  どこで……、と煌威(こうい)は記憶を反芻(はんすう)して、目の前の行き場がなくなった紅焔(こうえん)の眼に、彼の腕に庇われたときのものだと思い到った。  北戎(ほくじゅ)の娘から庇う為に、紅焔(こうえん)に掴まれた肩だ。 「……申し訳ございません、怪我をされたのかと……思ったのですが」 「ああ、いや、わたしも……すぐに反応できなくて……」  煌威(こうい)の深衣を掴む紅焔(こうえん)の手が、衣に(しわ)を作るほど強く握り締められる。 「これは……あのときのですね………咄嗟(とっさ)のことで、手加減ができず……申し訳ございません」 「あ、ぁ……?」  美しく輝く黄金の瞳に反し、眉根を下げ小さく謝罪してくる紅焔(こうえん)に、煌威(こうい)は肩だけでなく頬まで熱くなるのを感じた。激しく、感情を揺さぶられた。  ――これは、欲だ。  まさか、そんな。と独りごちる。  煌威(こうい)は、紅焔(こうえん)を皇帝にしたいと思っている。紅焔(こうえん)に執着しているのは確かだ。  だが、この感情は違う。と、息を呑んだ。  紅焔(こうえん)は、ときたま無骨な男になる。気遣いができないと言えばいいのか。滅多に焦らない性格をしているぶん、焦ると礼儀作法が抜けるらしい。本来であれば失点ものだが、そこが好ましいと煌威(こうい)は思っている。本当だ。  けれど、厳格で知られる紅焔(こうえん)が焦ると礼儀作法が頭から抜けるほど心配して優しくなることを、誰にも知られたくないとも思っている。紅焔(こうえん)の真実を知る者は自分だけでよいと思っている。紅焔(こうえん)という人間を形作るすべてが欲しいと思っている。自分だけのものにしたいと。  ――これは、情欲だ。 「……っ!」  頭を鈍器で殴られたような衝撃が煌威(こうい)を襲った。ガンガンと警告を発している。 「……殿下」 「こ、焔……っ」  こちらの思惑を、知ってか知らずか――。  紅焔(こうえん)の眼が、滴る蜂蜜のように妖しい光を湛えて煌威(こうい)を見てきた。  ぞくり、と。  煌威(こうい)の背筋を、悪寒に似た何かが走る。 「申し訳、ありません……」  再度、謝罪を口にした紅焔(こうえん)の腕が煌威(こうい)の剥き出しの肩から二の腕を滑り、手首を掴んだ。  微かに肩に感じる重みは紅焔(こうえん)の頭で、掴まれた手首から紅焔(こうえん)の震えを感じ取る。  煌威(こうい)は、紅焔(こうえん)の忠誠を疑ったことはない。逆に紅焔(こうえん)からの忠誠が心苦しかったくらいだ。だからこそ動揺した。  肩に触れた紅焔(こうえん)の唇。  これは、忠誠の口づけではない。  ――では、何だ。  

空窓《からまど》→ガラスが入っていない窓。 深衣《しんい》→衽《おくみ》(前身頃の隣についている布)の先を腰に巻きつけて着るワンピース型の衣服。 上下繋がった体を深く覆う衣装。丈の長い衽の深い衣服。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    伊賀を抜けた才蔵は月の化身に救われる

    1,183,760

    3,105


    2021年6月25日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15時間58分

    この作品を読む

  • 下総の犬 ~玉響 ~

    和田合戦まで言及するはめに……。

    38,200

    610


    2021年6月25日更新

    時は、建保7年正月。 鎌倉幕府 三代将軍 源実朝の御世 下総国千葉郡千葉荘を本拠とする、御家人 千葉胤綱は、あろうことか幕府の重鎮 三浦義村の上座に着座した。 『下総の犬は寝床を知らぬのか』 犬と罵られた胤綱は、年若いが下総権介 通称『千葉介』と呼ばれる立派な肩書きを持っていた。 売り言葉に買い言葉か、 『三浦の犬は、友を喰らうなり』 そう放つ千葉介には、そうする理由があった。 ※本編『たまゆらの日輪』 スピンオフ作品。 ※第1章は 話の触りのような物で 第2章から 『下総の犬』 ★表紙は スタチュン様に描いて頂きました。

    読了目安時間:1時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    778,861

    3,693


    2021年6月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間8分

    この作品を読む

  • 燃えよカイエン ~野生な精霊拳士の珍道中~

    拳法×精霊+もふもふで贈る冒険アクション

    6,100

    205


    2020年4月11日更新

    【全104話 完結】 精霊紋章、略して霊紋。 霊紋を持つ者は、超人と呼ぶに相応しい身体能力と異能を併せ持つ。 中原の覇者であるロザン皇国は東都イタミに、ある日ふらりと一人の少年が姿を現す。 カイエンと名乗るその野生児は、常識がなく、金の持ち合わせもなく、しかし霊紋を持っていた。 イタミに到着するなり巻き込まれた陰謀劇をはじめとして、カイエンの行く手には一騎当千の強者が次から次へと立ちふさがる。 果たしてカイエンは強敵との戦いに打ち勝ち、ひと癖もふた癖もある仲間と共に『世界を見て回る』旅を貫くことができるのだろうか。 「目と耳と鼻と口しかない奴は、どうにも見分けがつき難くてなぁ」 「大抵の人間はそれだけあれば十分よ」 「いや、でも、牙も爪も角も尻尾も無いんだぜ」 「その要素に期待するのは金輪際諦めた方がいいわね」 これは、精霊を宿した野生児が巻き起こす、壮大(になるかもしれない)拳法ファンタジーである。 (「小説家になろう」でも投稿しています)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間50分

    この作品を読む