彼岸の傾城傾国

読了目安時間:4分

第十三話

 煌龍帝国(こうりゅうていこく)では、皇帝と皇后には姓名の他に(あざな)がある。  生前の事績への評価に基づく名のことである諡号(しごう)と近いものだが、字とは簡単に言えば名前の代わりだ。諡号が死後におくられる名なのに対して、字は生前に与えられる。  赤龍(せきりゅう)だった焔帝(えんてい)の子孫である皇帝や、その妻である皇后の名を民が直接口にすることは不敬にあたる為に、皇帝の即位と皇后の立后の際に与えられる名前である。  例えるなら、初代皇帝である『焔帝』は諡号だ。人を傷つけかねない燃え立つ炎のような激情と力を、人を守る為に使った人物という意味らしく、焔帝の字は神皇(しんのう)だと伝えられている。  治水事業で功績を残し、皇帝に推挙された人物の諡号にしては、なぜ『焔帝(えんてい)』という諡号で水の文字が入っていないのか、煌威(こうい)には(はなは)だ疑問だった。焔というには伝え聞く事柄から想像すると、なにやら苛烈過ぎる気もするのだ。  まあ、当時の(まこと)を知っている人間が付けた諡号なのだから、あながち間違ってはいないのだろうとも思うが。  字ですら神皇(しんのう)と、神々の皇帝を表すものだ。焔帝(えんてい)の強大な力と当時の信仰にも似た求心力は計り知れないということは十分に分かる。  ただ、焔帝(えんてい)の本名は口伝でも書記でも、皇族にさえ伝えられていない為、知られていない。  字は、親が希望を託した名とは違い、その体を表すとも言われている。  煌威(こうい)の父である現皇帝は貢禹(こうう)、母である皇后は花姑(かこ)という字を与えられていた。  皇帝の貢禹(こうう)という字を付けたのは、煌威(こうい)から見て祖父の時代に宰相の位に付いていた偉人で、皇后の字は貢禹(こうう)帝がつけたものだ。皇后の字は野山に花をもたらす神の名からとった名前らしく、本名とは全く違う響きの名前だった。  煌威(こうい)の母が皇后になって、三十年にはなる。既にあらゆる書記にもその本名は載っていない。唯一、歴代皇后の本名が載る煌龍帝国(こうりゅうていこく)家系図は、皇宮の書庫で管理され、絶対に外に持ち出されることなど有り得ない状態だった。  なのになぜ、李冰(りひょう)がその名を知っているのか。 「……あ」  予期せぬ事態に感情が高ぶり、言葉もない――。  そんな表情と仕種で、皇后が立ち尽くしている。  うっすらと上気した頬は紅く色づき、少女のような(かんばせ)だ。はっきり言ってしまえば、皇后の顔ではなく、母親の顔ですらない。女の顔だ。  紅焔(こうえん)は言わずもがなだが、息子である自分ですら初めて見る皇后の表情に、煌威(こうい)は絶句する。  だが、対して李冰(りひょう)の表情は酷く冷たいものだった。 「…………そうか、そういうことか」  ポツリ、と李冰(りひょう)が呟いた言葉は何かに納得を示すもので、皇后はそこで初めて眉を寄せた。  何故?と。何かが違う、と。おかしい、と。  皇后の表情は、疑問で埋め尽くされている。  事情を知らない煌威(こうい)から見ても、李冰(りひょう)と皇后に感情の相違があるのは明らかで、皇后が差異を感じても無理からぬことだった。  不安げな皇后の表情に、李冰(りひょう)が嘲笑を向ける。 「突然姿を消した妻を、ずっと探し続けていた自分が馬鹿らしい」  自嘲しながらも、李冰(りひょう)のその瞳の奥に激しい憎悪が燃えるのを見て、皇后は息を呑んだ。顔面を蒼白にして、愕然(がくぜん)李冰(りひょう)を見る皇后の唇は震えている。 「いなくなった妻の忘れ形見だと、大切に育てていた娘を条約に差し出しに来て(うしな)い、その上まさかこんな真実を知ることになろうとはな」 「……っ」  皇后は震える唇を動かしながら、力なく首を振った。はくはくと動く唇は、何かを必死に否定している。  見ている煌威(こうい)紅焔(こうえん)のほうが哀れに思えるほど、皇后は悲愴感(ひそうかん)(あふ)れていた。思わず手を差し伸べたくなる風情だ。  にも関わらず、李冰(りひょう)は冷めた顔で淡々と続けた。 「邪魔になったのだろう?」 「っ、っ……」  それは意味の分からない言葉だった。  しかし、皇后が必死に首を振っているところを見ると、否定したいらしい言葉だということは分かる。 「いや、最初から腰掛(こしか)けのつもりだったなら、邪魔も何もないか。すっかり騙された」 「……っ」 「あれが全部演技だったとは、恐れ入ったよ」 「っ!……っ、……」 「愛してると言われ舞い上がっていたわたしは、さぞかし滑稽(こっけい)だっただろう」 「っちが……っ、」  李冰(りひょう)と皇后の応酬は、最初は痴話喧嘩(ちわげんか)に近いものだった。それだけでも一国の皇后にとっては醜聞(しゅうぶん)であり、失脚(しっきゃく)に値することであることに違いはないが、段々と怪しくなる雲行きは痴話喧嘩で収まらないものだと告げている。 「あの泣き顔には騙された」 「っち、ちがっ……」 「今回の条約は、過去を精算するには丁度よかったということか? 」 「ちがう……っちが……」 「皇后になったお前に、皇太子と第一皇女の他にも娘がいた等と判明しては困るものな」 「――!!」  聞き捨てならない言葉が李冰(りひょう)から出てきた瞬間、煌威(こうい)は嫌な予感どころではない明確な直感を覚えた。  皇后が産んだ子供は、煌威(こうい)煌凛(こうりん)以外いない筈だった。皇太子である煌威(こうい)と、第一皇女である煌凛(こうりん)が、皇帝と皇后との子供。つまり皇后の子供は、煌威(こうい)煌凛(こうりん)の二人のみ。それが、この国の世間一般的な認識だった。  だが、その認識が李冰(りひょう)の口から語られる言葉で崩れつつあった。    李冰(りひょう)は、憎しみに燃える眼で皇后から視線を煌威(こうい)に移す。 「いいことを教えてやろう、煌威(こうい)殿下」  李冰(りひょう)は歌うように軽やかな声音で、呪詛(じゅそ)のような言葉を吐いた。 「今回殺されたわたしの娘は……貴方の、姉だ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • くのいち

    涼寺みすゞ

    ♡1,000pt 2020年12月12日 16時02分

    好きすぎて アル○リで読んだというのに、またここにも来てしまった💦無理なく頑張ってください!でも続き待ってます✨

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    涼寺みすゞ

    2020年12月12日 16時02分

    くのいち
  • 燃え尽き先生(制服ver.)

    高清水

    2020年12月15日 20時44分

    ありがとうございます!明日で諸々の事情が一区切りつきそうなので、これからまた頑張ろうと思います!💦

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    高清水

    2020年12月15日 20時44分

    燃え尽き先生(制服ver.)

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 元就の野望~全国版~。わたしはガチャを駆使して補佐します

    織田信長のパパのころの戦国時代のお話

    584,468

    714


    2021年6月18日更新

    信号が青に変わって横断歩道を渡っていた俺はトラックにはねられて死んだ。 つぎの瞬間に真っ白な世界に飛ばされて現れたのはギリシア神話に出てくるゼウスによく似た老人。 なんでも日本の戦国時代と日本のWeb小説がとても大好きな異世界の神さまだということ。 で、神さま。毛色の変わった戦国モノのWeb小説みたいな大河ドラマが視たくなったらしい。 小説でもなく漫画でもなく大河ドラマ。しかも台本なし。 そして白羽の矢を立てたのが、Web小説ではイマイチ人気の低い毛利元就(神さま調べ)。 毛利元就に転生でないのは、勢力が拡大したとき元就では自由度がなくなるからだそうだ。 よく意味が解らない・・・

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間20分

    この作品を読む

  • おてんば姫さま!結婚拒否ですわ!

    ふざけた作品です。悪しからず。

    0

    未参加


    2021年6月18日更新

    むかーし、むかし!! あるところに「おてんば姫」がおりました。 姫の名は”蛍姫”。 彼女はの好きな事は、木登りとご飯。 名前にそぐわぬ、その素行に父上母上は悩むどころか 笑って許してしまう始末。 しかし、このおてんばな行動にも理由があったのです。 まぁ、その理由が大変間抜けなものでして、皆様よければ 最後までお読みくださることをおススメします。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む