彼岸の傾城傾国

読了目安時間:5分

第十一話*

 今まで、北戎(ほくじゅ)の娘を殺したのは曉炎(ぎょうえん)が主犯という考えだった。  煌威(こうい)が現場で見た、あの意味ありげな笑みに、諸々の事情。曉炎(ぎょうえん)を主犯と捉えない材料のほうが少ない。  あの笑みは、企みが成功してつい漏らしてしまった歓喜の笑みだと思っていた。  だが、紅焔(こうえん)の言葉はこのすべてを覆すことだ。 「曉炎(ぎょうえん)帝国(くに)ではなく、個人(わたし)を欲していたからと言って、主犯ではないというのは早計過ぎないか?」  こちらが想定していた目的が別でも、主犯でない証拠にはならないだろう、と煌威(こうい)は言葉を返す。 「だからです。曉炎(ぎょうえん)は何よりも殿下に固執していました。賢かった曉炎(ぎょうえん)が、何よりも大事な場面、そして一番肝心なところで、つい笑ってしまうような愚行を犯すでしょうか」 「……有り得ないな」  紅焔(こうえん)の返答に、「確かに」と煌威(こうい)も頷いた。  あくまで感情論の話で証拠にはならないという点では同じだが、曉炎(ぎょうえん)の狡猾さだけは信用している。  あの曉炎(ぎょうえん)が、重要な場面でついうっかり愚行を犯すとは煌威(こうい)にも思えなかった。  ということは、あの愚行は確信犯だったわけになるが…… 「……しかし、分からん」  煌威(こうい)が回廊の欄干(らんかん)に腰掛け、頭を掻きむしる。 「あの笑みがわざとだったとして、なぜわたしに見せた? 理由がまったく分からん」 「殿下に見て欲しかったからでは?」 「うん?」  至極当然のように言われ、煌威(こうい)は首を傾げた。  正面に立つ紅焔(こうえん)を見上げる。 「どういう意味だ?」 「曉炎(ぎょうえん)もあのとき、北戎(ほくじゅ)の娘が降ってきたあの場で気づいた筈です。帝国を裏切ったものがいる、と。そして状況的に疑いは真っ直ぐ自分に向くだろうことも。……今、笑えば。殿下ならば、必ずそれに気づく。否が応でも殿下は自分を見る。そう、曉炎(ぎょうえん)は考えたのでは?」 「っ……そ、れは……!」  煌威(こうい)は思わず絶句した。  ――紅焔(こうえん)ばかり見る煌威(わたし)の視線を、己に向けさせたかった、と。  曉炎(ぎょうえん)は、煌威(こうい)の視線を己に向けさせる為に、大罪人の汚名も辞さなかったと。そういうことになる。 「……曉炎(ぎょうえん)は主犯と実行犯に見当があったのだろうか」  最終的な切り札もなく、罪を被るなど曉炎(ぎょうえん)らしくない。そう考えれば、曉炎(ぎょうえん)は犯人達を知っていて然るべきだった。  しかし、紅焔(こうえん)の返答は否定から入る。 「いえ、おそらく曉炎(ぎょうえん)も主犯に見当はなかったでしょう。分かっていたなら、曉炎(ぎょうえん)のことです。降って湧いた機会(チャンス)には乗らず、機会(チャンス)を利用する形で自分の目的を果たした筈だ」  曉炎(ぎょうえん)紅焔(こうえん)にとって兄であるからか。「己と似通ったその思考は分かりやすく簡単に予想できる」と、苦笑して紅焔(こうえん)は言った。 「犯人に心当たりはなく、主犯も実行犯も分からなかった。しかしもう、殿下に対する恋慕は精神的に限界だった。だから、犯人は分からずとも曉炎(ぎょうえん)はこの機会(チャンス)に乗った。貴方が誤解することも計算して。貴方の眼に映してもらえるなら、自分は犯人として処刑されてもいいと」 「…………わたしの、眼……?」  持ち上げられた紅焔(こうえん)の右手が、そっとこちらの頬に伸ばされるのを煌威(こうい)は視界の端に捉えた。それをただ黙って眺める。特に忌避したいものではないと、反応は鈍るものだ。 「一時でもいい。貴方のその、黄金の眼に映る為に」 「――!」  掌に固い豆のできた武骨な手が、優しく労るかのように煌威(こうい)の頬を滑った。  その親指が、唇で止まる。 「貴方のその、唇で名を呼んでもらう為に」 「……っ、……」  煌威(こうい)はついそんなことの為に、と言いかけ、曉炎(ぎょうえん)の血に濡れた必死の形相を思い出して唇を引き結んだ。  ――これでは、以前と同じだ。この傲慢(ごうまん)さが、曉炎(ぎょうえん)を追い詰めたというのに。 「……悪いことをした」 「いえ、殿下に責はありません。あれは曉炎(ぎょうえん)が悪い。自業自得です」 「……だが、わたしがもっと……いや、待て」  周囲を見るべきだった、考えるべきだった、と反芻(はんすう)して、重要なことを忘れていたことに気づき総毛立つ。  曉炎(ぎょうえん)が犯人ではないとしたら。  実行犯どころか主犯も、野放しということになる。  何も解決していない。北戎(ほくじゅ)との条約すら、いや、北戎(ほくじゅ)との条約自体が危うい。 「ッ紅え……!?」    すぐに対策を取らねば、と煌威(こうい)は腰を持ち上げようとして、紅焔(こうえん)の眼を見た瞬間息を呑んだ。  ――またあの眼だ。と、呼吸を止める。  甘い、蜂蜜色の双眸(そうぼう)が妖しい光を(たた)えていた。  自然と溢れてくる唾を飲む。 「っ、……ッ」  紅焔(こうえん)、と呼ぼうとして。声を出そうとしても出ないのは、何故なのか。  かさついた紅焔(こうえん)の人差し指が、煌威(こうい)の頬骨を(くすぐ)るように撫で、中指が顎のラインを辿(たど)る。  煌威(こうい)は自分の心臓が大きく軋む音を聴いた。どくどくとうるさい心音がそれに続く。肩の痣に口付けられたことを思い出した身体が、じわりと熱を持っていた。  動揺を悟られないように、煌威(こうい)は拳を握る。  しかし、紅焔(こうえん)の薬指と小指が急所の一つである首の動脈に触れた瞬間、思わず体が震えた。 「……殿下?」  紅焔(こうえん)が目を見開く。触れた動脈から早鐘(はやがね)を打つ煌威(こうい)の心臓を察したのだ。  煌威(こうい)が気づかれたと思う間もなく、紅焔(こうえん)は弾かれたように触れていた手を離した。  咄嗟(とっさ)煌威(こうい)も視線を外す。  微妙な空気が流れた。  お互い、どうにも謝るのは違う気がするし、かと言ってこのまま何事もなかったように会話を続けるのも違う気がする。  正解を模索して、煌威(こうい)が悩みあぐねていたときだ。微妙だった空気がふと揺れた。 「……殿下」  静かに、けれど尖った声で注意を促すような紅焔(こうえん)の声を聞く。  何だ、と煌威(こうい)が目で訴えれば視線で促され、紅焔(こうえん)が促す先に目をやって、反射的に腰掛けていた欄干から立ち上がった。  正面からしずしずと歩いてくる女の姿に眉を寄せる。  距離的に顔の造形は分からないが、襟ぐりや袖はゆったりした右衽(うじん)方領(ほうりょう)で、幅広の布の帯を締めている姿は優美だが活動的ではない。  妙齢の、女だ。  背後に三人の侍女をつけていることから、身分の高い女だということは分かるが、この城陽(じょうよう)で今いる身分の高い帝国側の女は煌凛(こうりん)以外に居ない筈だった。  ゆっくりと煌威(こうい)達に近づいてくる姿が鮮明になっていく。  女は艶やかな黒髪を頭上で高く結び、金属製の華を象った繊細な飾りで留めていた。それだけでも人目を引く装いであるのに、高く頭上で結んだ髪を二つに分けて、それぞれを輪にした髪の先端は飾り芯の部分に差し込む、独特の髪型をしている。  髪飾りをふんだんに使った装飾は、金属製の繊細な飾り留めだけではなく、準輝石(じゅんきせき)のピン、翡翠の(くし)、文字通り歩くと揺れる房のついた歩揺(ほよう)と、実務的な装いというより地位を表す華美なものだ。  煌威(こうい)の隣で紅焔(こうえん)が息を呑み、すぐに(ひざまず)く。  ――なぜ此処に。そう思うが、煌威(こうい)の口から出た言葉は、どうにもマヌケなものだった。 「……え?」  首都である朝暘(ちょうよう)の皇居で、待っている筈の皇后が、母親がそこに居たからだ。 「久しぶりですね、煌威(こうい)」  皇后は煌威(こうい)を見て、ゆったりと微笑んだ。

右衽《うじん》→自分からみて左の衽を右の上に重ねる着方。 方領《ほうりょう》→前身頃の左右の端につけた方形の襟。四角い襟。 準輝石《じゅんきせき》→輝石(暗緑色、または黒色の鉱物)ときわめて類似している鉱物。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    275,500

    560


    2021年6月17日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:23時間47分

    この作品を読む

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    28,500

    70


    2021年6月13日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間50分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • おてんば姫さま!結婚拒否ですわ!

    ふざけた作品です。悪しからず。

    0

    未参加


    2021年6月18日更新

    むかーし、むかし!! あるところに「おてんば姫」がおりました。 姫の名は”蛍姫”。 彼女はの好きな事は、木登りとご飯。 名前にそぐわぬ、その素行に父上母上は悩むどころか 笑って許してしまう始末。 しかし、このおてんばな行動にも理由があったのです。 まぁ、その理由が大変間抜けなものでして、皆様よければ 最後までお読みくださることをおススメします。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 三国志 文官噺 〜瞳の奥の天地〜 人の本質を見通す異能を持った文官の生涯

    三国志×文官×異能×女武闘家

    150,600

    2,150


    2021年6月18日更新

    [三国志×文官×異能×女武闘家] ※本編は完結済みですが、短編や他の文官を主人公にした話は今後も追加し続けます※ 三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください※ 本編完結しました!! ……が、まだまだ書き足りません。本当はもっともっと書きたいと思いながらも、あまりに全体が冗長になるため我慢して先を急ぎました。 なので今後も短編は追加していきますし、何より三国志の文官を中心に据えた小説の執筆は私の生涯のライフワークにしたいと思っています。 もしよろしければ、ブックマーク・フォローをしておいていただければと思います。 ちなみに執筆予定のネタを羅列すると、ざっと思いつくだけでこれだけあります(笑) ・韓儀のその後 ・花琳と小芳の日常 ・陶深の仕事 ・洛陽での日常 ・張飛の酒探し ・美雨の店と家族 ・反董卓連合 ・豫州での日常 ・揚州での日常 ・海への小旅行 ・松子の店 揚州店 ・胡蝶の会 ・許靖とともに交州へ避難した人々 ・交州の異民族反乱 ・松子の店 交州店 ・交州での日常 ・凜風の恋 ・益州での日常 ・松子の店 益州店 ・凜風・翠蘭の益州合流 ・陳祗の恋 ・劉璋の食事 ・許靖と劉備陣営 ・許靖と劉禅 ・他の文官を主人公に据えた短編、長編

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間0分

    この作品を読む