現代/青春ドラマ 長編 完結済

アイビーが伝う冷たい牢獄の中で

作者からの一言コメント

虐待から目を背けないで。

アイビーが伝う冷たい牢獄の中での表紙

3月下旬。某県の佑々木市役所市民課に新しく配属され仕事を覚えようと頑張るひとりの女性・道下綾夏(みちしたあやか)。その健気に頑張る裏には悲しき現実が…。彼女の人生に眩しい奇跡は起こるのかーー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 アイビーが伝う冷たい牢獄の中で
作者名 かぐらゆうい
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 女主人公 現代日本 虐待問題 シリアス ヒューマン ラブストーリー ハッピーエンド
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年4月7日 16時04分
最終投稿日 2021年4月7日 16時32分
完結日 2021年4月7日 16時33分
文字数 43,389文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    633,670

    3,638


    2021年4月11日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間48分

    この作品を読む

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    794,600

    136,469


    2021年4月12日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第ニ章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:13時間58分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リンカーネーション・メモリー

    失われた記憶の中で笑う、彼女の影

    5,500

    0


    2021年4月8日更新

    大学生の上村紘斗は、毎日のように同じ夢を見ていた。 それは、高校時代の記憶。 休み時間の教室。 毎回同じ女の子が自分に話しかけてくる。 顔には黒い影が落ちていて、誰なのか分からない。 彼女について、どうしても思い出せない。 君は一体、誰なんだ。 その一方で世の中では、記憶に関する新たなシステムが導入されようとしていた。 紘斗は様々な人間と関わり、少しずつ自分の過去の記憶に近づいていく。 夢の中の彼女は。 そして、自分は一体誰なのか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 奇跡なんかいらない

    私は師匠の書く小説がたまらなく好きだった

    0

    0


    2021年4月13日更新

    「私」はご近所に住むご老人の小説仲間「師匠」と創作談義をするのが、たまらなく好きだった。「私」が大学進学して、地元を離れ、長期休暇に帰省してみると、師匠はすでに亡くなっていた。「私」は、師匠の墓前でただ泣くのであった。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む