ミステリー 長編 連載中

悩み相談お受けします

作者からの一言コメント

貴方のお悩みお聞かせ下さいまし

「そのお悩み私、言霊結が解決して見せましょう」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 悩み相談お受けします
作者名 水代あまね
ジャンル ミステリー
タグ シリアス 現代日本 日常 相談 悩み コーヒー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月4日 21時26分
最終投稿日 2020年6月13日 9時53分
完結日 -
文字数 2,545文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2021年3月5日更新

    「親父! 俺冒険に出たい!」 「は? いや、無理だろ常識的に考えて」 即答……きっと冒険者の母さんなら、背中を押してくれるはず――。 「それは無理よ常識的に考えて」 魔術師を夢見る少年タクトは冒険に出たかった。しかし―― 世界にはモンスターが溢れている。 男は冒険者になれない、それは魔法が使えないから。 魔法が使えるのは女だけ……それが常識だった。 夢を否定され、意気消沈するタクトの前に一人の老婆が現れる。 老婆はかつて、この世界を作り変えた『憎しみの魔女』と呼ばれる人だった……!! 「お前さんに魔法を使わせてやろう」 この奇跡の出会いによって、タクトの冒険者としての道が開かれたのだ。 これで俺も魔術師になれる……!! 「お前はもう息子ではない! 今すぐ村を出て行け!!」 「……え?」 魔女から与えられた力、それは普通の魔法ではなかった。敵視《ヘイト》を自身に集める魔法。使えば周りは敵だらけになる。 両親から憎まれ、村を追放されたタクトは決意する。 馬鹿にしてきた奴らを見返して、最強の魔術師になってやるッ!! これは、与えられた特異な魔法を武器に、世界でたった一人の“男の魔術師”を目指す俺の物語だ。

  • ケモミミ要素多めです。もふもふ禁止!

    ♡58,200

    〇4,660

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話・22,559字 遊馬 テト

    2021年3月1日更新

    世界でプレイヤー人口圧倒的No.1を誇るゲーム『FBF』 偶然このゲームの世界に足を踏み入れた少女が伝説のFBチップを巡る事件に巻き込まれる。 彼女は空想生物「Fantasy Beast」を操り、無事事件を解決に導けるのか! そして彼女を巻き込む事件とは何なのか! 作者からのお礼 いつも『にゃんだふるっ!』を応援していただいてありがとうございます。 たくさんの応援にとてつもなく感謝しています。 皆様の応援のおかげで2月19日に日間ランキング第二位をいただきました。 これからも楽しいひと時をご提供できるように精進してまいります。 応援よろしくお願いします! 遊馬 テト 校正情報 2/20第一夢~第六夢まで完了

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 梅雨の季節、君が死んだ。

    ♡8,500

    〇0

    ミステリー・連載中・40話・94,728字 白柴沙織子

    2021年3月8日更新

    ――その事件は、妄執の祈りか。無垢の呪いか。 敵は、クラスメイトと己の過去。味方は、嘘が分かる幼馴染。 梅雨入りが発表された日。三花宮高校で一人の女学生が死体となって発見された。 殺人犯扱いを受けた少年と、幼馴染であり異能を持つ少女は事件の真相を追うが……。 「誰かを生贄に大切な人を蘇らせることができるなら、どうする?」 ・・・ 小谷紫音(こやとしおん)…僕。しぃくん。高校二年生。殺人犯と噂されてしまう。疑いを晴らすために探偵ごっこを始める。 土屋詩杏(つちやしあん)…幼馴染。しぃちゃん。高校二年生。『嘘が分かる』能力があるが、人付き合いが下手くそ。 ※カクヨムにも黒柴歌織子名義で上げています。 ※一日11:00と23:00の二回更新です。

  • 私の母校にも推研があり、副部長でした。

    ♡27,600

    〇200

    ミステリー・完結済・7話・28,701字 塵 薫

    2021年3月8日更新

    ミステリー好きの集まる都立曙橋高校の推理小説研究部(通称:すいけん)。 今日は、いつものように、各自好きに読書をして過ごすのではなく、今年の文化祭での研究発表テーマを決めていた。毎年恒例の「すいけん部員オヌヌメのミステリー」の方は、まぁ良いとして。(といっても、普段から推理小説をぜんぜん読んでいないのに半ば強引に仮入部させられたボクにとっては、ぜんぜん良くないのだけれど!) 問題は、もう一つのテーマ、「日常の謎」。各部員があげた「普段気にも留めていなかった日常の中の謎」をみんなで解決して発表しようというもの。しかし、各自があげた「日常の謎」を順に解いていくうちに、あれ? なんだかおかしな方向へ…… 初校は「日常の謎コン」に参加するために執筆しました。 その後、アルファポリスの第4回キャラ文芸大賞にエントリーするために加筆修正しました。 (各エピソードにもりもり修正が入ってしまっています。既読の読者さま、申し訳ありません) コンテストが終了したので、再度公開いたします。 加筆修正により、エピソードが1つ追加になっています。