ミステリー 長編 連載中

僕の取材旅行は彼女と幽霊と母親と!

作者からの一言コメント

第4部始動!

読了目安時間:12時間41分

総エピソード数:185話

僕の取材旅行は彼女と幽霊と母親と!の表紙

若手ライター綾部勝明は、『趣味の歴史研究』というWebメディアで記事を書いている。タイトル通り歴史をポップにライトに取り扱うメディアだから、勝明は日本全国を取材旅行に出かけないといけない。 勝明の彼女で金髪碧眼日本語ペラペラのイギリス人メアリー・ホイットレー、度々勝明に取り憑いているロリババア幽霊上村凪、そして知性と腕力で勝明をフォローする偉大なる母親、恐怖の悪役レスラーマックス流子。パワフルでダイナミックな女性の皆様に囲まれた勝明は、今日もカメラを持って日本のどこかへ出かけるのだった。 何か大変なことが起こるかと見せかけて、実はまったりゆったり高速道路を暴走しながら旅行しているだけだったりする現代コメディ作品。いろんなクルマやバイクが出てくる予定!

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 僕の取材旅行は彼女と幽霊と母親と!
作者名 ジャワカレー澤田
ジャンル ミステリー
タグ コメディ ほのぼの 現代日本 日常 スローライフ プロレス ゆるゆる のんびり 幽霊 ロリババア バイク ファンタジー HJ大賞2021後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年3月30日 23時38分
最終投稿日 2022年1月25日 1時52分
完結日 -
文字数 380,580文字
読了目安時間 12時間41分
総エピソード数 185話
ブックマーク登録 21件
コメント 5件
スタンプ 204件
ビビッと 1件
応援ポイント 138,200pt
ノベラポイント 680pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 下総の犬 ~玉響 ~

    重鎮に喧嘩を吹っ掛けたのは少年御家人

    442,284

    7,544


    2021年12月8日更新

    時は、建保7年正月。 鎌倉幕府 三代将軍 源実朝の御世 下総国千葉郡千葉荘を本拠とする、御家人 千葉胤綱は、あろうことか幕府の重鎮 三浦義村の上座に着座した。 『下総の犬は寝床を知らぬのか』 犬と罵られた胤綱は、年若いが下総権介 通称『千葉介』と呼ばれる立派な肩書きを持っていた。 売り言葉に買い言葉か、 『三浦の犬は、友を喰らうなり』 そう放つ千葉介には、そうする理由があった。 ※第1章は 話の触りのような物で 第2章から 『下総の犬』 ★表紙は スタチュン様に描いて頂きました。 本編『たまゆらの日輪』の中表紙より。 竹御所鞠子 北条時氏 三浦光村

    読了目安時間:5時間39分

    この作品を読む

  • 世界の平和より自分の平和

    神の子(超不器用)と愉快(?)な仲間たち

    156,900

    810


    2022年1月26日更新

    (物理的に)不器用な神様の子とその周囲の人々がわちゃわちゃする、90年代ライトノベル風味の現代ダークファンタジー。 スプラッタや、稀に同性愛表現が含まれます。 ****** 人間の両親と聖獣“朱雀”のミトコンドリア置換で生まれた『試験管ベイビー』の主人公、翔。そんな彼は不器用で、能力の扱いはイマイチ。痛覚が鈍く、しかし痛いのが大好きで、自傷癖持ち。一番の友だちは、百舌鳥の寒太。 ふわふわの薄栗色の髪の毛には太いアホ毛。とても目立つワインレッドの眼は、いつも眠そう。顔付きは可愛くもなければ、男前でもない。 特性だらけのモブ。 成り行きで婚約者となった未来の嫁は魔女らしく、超絶美人な日本×ドイツのハーフ。その嫁の使い魔は、自分が殺してしまった父親。 だが、翔は婚約者がどうも苦手だったりする。 そんな彼らに忍び寄る、他組織の影。 時に爆発を起こし、時に自分を刺したりしながら、家庭内や、自らが所属している組織内でマイペースに成長していく。……のかもしれない。そんな話。 ================ ☆小説家になろうからの転載 ☆週1~2回更新 ☆ブックマーク、感想、スタンプなど頂けると踊って喜びます!(ただし、作者はおぼろ豆腐のようなメンタルの持ち主です) ☆挿し絵も自作 『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』(完結済)の、ちょうど二年前の話(『ウサギ印』の親的なお話)になります。 (連載開始は『ウサギ印』より早かったのです……) キャラ多過ぎ! をコンセプトに書いてるお祭り小説なので、キャラが多いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間49分

    この作品を読む