連載中 長編

守護少女の狂想曲 ~すべてを失って、それでも少女は抗い続ける~

作者からの一言コメント

戦うお人形は好きですか?

かわいい少女(ドール)たちによる、剣と魔法のバトルファンタジー人形劇です。 同じことの繰り返しの毎日に嫌気がさして、仕事を辞めてしまった新道創真(しんどうそうま)は、 貯金を食いつぶしながら自宅に引きこもる日々を送っていた。 そんなある日、暇を持て余す創真の下へ高級そうな革製のトランクケースが届く。 不信に思いながらも中身を確認すると、そこには少女の姿をした可愛らしいドールが入っていた。 訳もわからないまま、そのドールをアクティベートしてしまい、 創真は意図せず【エル・ゲーム】という名のドールたちによるデスゲームに巻き込まれてしまう。 不本意ながらもパートナーとなったドールのミシェルと共に、創真は【エル・ゲーム】へ挑むことになる。 ※守護少女の狂想曲はガーディアンドールのカプリチオと読みます。 

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 守護少女の狂想曲 ~すべてを失って、それでも少女は抗い続ける~
作者名 千咲 零音
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス ほのぼの 現代日本 異能 男主人公 少女 兵器 人形 魔法 アクション/バトル
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年2月13日 9時00分
最終投稿日 2020年3月14日 12時00分
文字数 65,937文字
ブックマーク登録 66件
コメント/スタンプ 155件
応援ポイント 73,100pt
ノベラポイント 327pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 謎を解き明かす百合です。

    ♡500

    〇0

    ミステリー・完結済・7話 冬の樹

    2020年7月10日更新

    図書委員、水原真結《みずはらまゆ》の前に突如現れた"有名人"、五木瀬栞《いつきせしおり》。 彼女は真結に、「図書室に関わる謎解きを手伝って欲しい」と持ちかけてくる。 栞の言う謎とは一体……?

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 妖が小料理屋をやっています。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話 櫛田こころ

    日時集計中

    名古屋は錦町。 歓楽街で賑わう片隅に、一つの小料理屋が佇んでいた。風俗などの同伴などもなく、ごく普通の客層で賑わう店の店主には、少し秘密がある。 店主が望んだ『心の欠片』を引き出す客には、店主の本当の姿ーー猫の顔が見えてしまうのだ。 元地獄の補佐官だった猫が経営する、名古屋の小料理屋さんのお話。地獄出身だからって、人間は食べませんよ?

  • 主人公は──虫。 アトラスオオカブト!!

    ♡23,350

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・58話 河本 師走(ふーみん)

    2020年7月12日更新

    ──この世界には地球と異なる進化を遂げた存在がいる。 それは『虫』と呼ばれる存在。 彼らは甲殻類としての装甲を武器として用い、戦う手段を得る。 やがて地上の支配権を手にして、人の姿をとるようになった。 それらの存在は殻人族(かくじんぞく)と呼ばれ、地上にある『森』という楽園で暮らしている。 しかし、全ての殻人族が森の秩序に従うわけではない。 地底に生きる者もいれば、同胞を殺める者もいる。 何者かの手によって、過去の災厄──『幻影魔蟲』コーカスが復活を遂げた今、森は獄炎の悪夢に包まれてしまうだろう。 コーカスの暴走を止めるために── 何度もコーカスに殺された殻人族の少女、ヒメカ。 お調子者で明るいトンボの少年、ギンヤ。 寡黙で冷静なカマキリの少女、キマリ。 彼らと協力して、コーカスを倒せ!! 地底に生きる若き少年、アトラスは地上の楽園へ──今飛び立つ!! ※この作品は擬人化ファンタジーですから、その他ファンタジーとして登録しています。 ※この作品は小説家になろう様、カクヨム様にも公開しています。