連載中 短編

時代短編集 『脱兎』 ~元禄お江戸干支巡り~

作者からの一言コメント

脱兎からタイトル変更

「ウサギとは、哀れな生き物よ」 甲府の山中。 道に迷った一人の侍の眼前に小さな灯りが一つ。 ほうほうの体で辿り着いたそこには、亡き妻に瓜二つの女がいた。 差し出された一杯のうさぎ汁。 侍はそれを啜りながら、亡き妻に想いを馳せる。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
時代短編集 『脱兎』 ~元禄お江戸干支巡り~
作者名
綿涙粉緒
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年9月3日 22時47分
最終投稿日
2019年9月10日 22時26分
文字数
35,774文字
ブックマーク登録
30件
コメント/スタンプ
42件
応援ポイント
27,500pt
ノベラポイント
2,505pt