恋愛/ラブコメ 短編 完結済

異世界パン屋 赤眼の少女と公女の恋煩い

作者からの一言コメント

短めの続編です

パン屋の見習い、天音ミレッタの異世界手記第二段。 現地での腐れ縁、マリーとの出会いを書いたお話になります。 前回までのお話 https://novelup.plus/story/521131050

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異世界パン屋 赤眼の少女と公女の恋煩い
作者名 どるき
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ほのぼの パン 近未来 年の瀬
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月22日 20時17分
最終投稿日 2020年4月8日 12時09分
完結日 2020年4月8日 12時09分
文字数 34,702文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 14件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人と機械と神が共存していた時代の愛の物語

    ♡5,400

    〇150

    恋愛/ラブコメ・連載中・22話・78,969字 猫島 肇

    2021年1月16日更新

    時は大正。 戦時中の大日本帝国では、機械産業が盛んだった。 生産されていたのは、貴族や華族に向けられた機動召使(オートマタ)。 彼らは人々の生活を助け、陰では戦いに身を投じられていた。 これはまだ、「人」と「機械」と「神」が共存していた時代のお話。 ********************************** 華族の西園寺 眞子都(さいおんじ まこと)は、厳しくも優しい両親と使用人に囲まれて暮らしていた。 しかし突然、芸妓との浮気が発覚し、父が蒸発。しかも財産を持ち逃げされてしまう。 娘しかいない西園寺家は家督が継げず、このままでは家計は傾くばかり。 許嫁の高千穂 総一郎に助けを求めるが、 父が浮気した娘は要らないと婚約を破棄されてしまった。 総一郎には他に愛人がいたのもあり、その口封じに母を娶られてしまう。 代わりにと渡されたのが男性型機動召使のⅡB‐SA(ツービー エスエー)だった。 ひとりと一体は、静かな西園寺家でひっそりと暮らすことに。 『ツバサ』と名付けたそれは、肩甲骨から白い翼を背負っていた。 天使を象られ、神の声を聞けるのだと豪語する。 【大正ロマン×SF】 少し不思議で、ほのかに優しい。 愛を知らない者たちの、それぞれの表現の形。 人は機械を、機械は人を、本当に恋い慕うことができるのだろうか。 これは歴史の澱に埋もれた、真実の愛を求める物語。 ********************************** ※こちらの作品は「小説家になろう」様、「カクヨム」様、「魔法のiらんど」様でも 公開しています。

  • ココロレンタル、はじめました!

    ♡2,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・9話・17,524字 神性鬼天竺鼠