連載中 長編

終焉の天秤は静かに傾く

作者からの一言コメント

本格ダークファンタジー群像劇作品です

【第3回マグネット小説コンテスト優秀賞受賞作品】  人間と亜人、魔族が暮らす極創星世界《ラピス・ワールド》。極星の女神が創世し、星の加護に護られた美しい世界。  しかし、世界とは残酷だった――――  生前、魔女と呼ばれた狂った母の手によって命を落とした私。命尽き果てた私へ、星空の下、黒猫が私に告げる。 「天秤座ノ加護ヲ与エタ。オ前ハ今日カラ〝メイ・ペリドッド〟だ」  漆黒の魔女とその守護者は星の導きの下、裁きを下す。今日も私は罪人へ問い質す。 「創星の加護の下、審判者は彼の者へ継ぐ。汝の罪は正義か悪か?」  これは、世界に虐げられ殺された私が死神と契約し、審判の魔女として残酷な世界を変えていく物語――――  終焉の天秤は今日も静かに傾く――――  死神と契約した審判の魔女、彼女を救うべく転生した青年。創星の加護を与えられし者達がそれぞれの信念の下、残酷な世界で紡ぐ本格群像劇風ダークファンタジー、ここに開幕! ☆タイトルあらすじから気になった方、冒頭プロローグ4話だけでも読んでいただけると雰囲気が分かるかと思います。 ☆冒頭表紙を変更しております。(表紙はあっきコタロウ様に描いていただきました) ☆マグネットマクロリンクにて先行公開中作品となります。 ☆挿絵有の話には★をつけております。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 終焉の天秤は静かに傾く
作者名 とんこつ毬藻
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 女主人公 ダーク シリアス R15 ダークファンタジー 群像劇 ゴスロリ美少女 死神道化師 エロ猫 異能力バトル 知略 謀略 星座の加護 終焉の天秤 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年11月10日 12時03分
最終投稿日 2020年5月30日 19時01分
文字数 291,612文字
ブックマーク登録 75件
コメント/スタンプ 413件
応援ポイント 97,560pt
ノベラポイント 4,095pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る